あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

業務委託の概要から会社・個人のメリットについても解説
業務委託のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

会社側が業務委託契約を結ぶメリットは、経費を抑えて優秀な人材を確保できることです。ITエンジニア(個人側)としては、高収入・スケジューリングの自由度が高いなどのメリットがあります。

業務委託について相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

業務委託とは
業務委託契約で働くメリット
業務委託契約を結ぶ企業側のメリット

業務委託とは

業務委託契約は、社外の人材に業務を委託する契約です。

クライアント(発注者)と受注者は対等な関係に置かれ、受注者自身の裁量で働きます。そのため、クライアントから直接作業時間や業務の進め方についての指示を受けることは基本的にありません。

業務委託契約は、自由な働き方ができるのが魅力です。企業側としても、必要な時だけ優秀な技術者を確保できるので、双方にメリットがあります。

請負契約と準委任契約

業務委託の形態には、おもに「請負契約」と「準委任契約」の2種類があります。

請負契約

成果物に対して報酬が支払われる契約形態です。業務の完遂を前提としているため、成果物のクオリティが契約時の条件を下回っていた場合、賠償などのペナルティを受けることがあります。開発やデザインなど、目に見える成果物を納品する場合に結ばれることが多い契約です。

委任契約

業務の遂行を目的とした契約形態です。善良な管理者の注意の義務はありますが、例えば取り組んでいた業務が完成しなくても決められた期間作業を遂行すれば報酬が支払われます。業務改善や社員教育など、具体的な成果が目に見えない業務を行う際に交わされることが多い契約です。

個人事業主も業務委託契約を結ぶ

業務委託ときいて、「個人事業主(フリーランス)が結ぶ契約では?」と思った方もいるかもしれません。

まさにその通り。個人事業主も業務委託契約を結ぶことができます。
個人事業主が業務委託契約を結ぶ場合、自身で確定申告を行う義務が発生します。

また、個人事業主として働く場合、「開業届」の提出も必要です。
業務開始から1ヶ月以内に税務署で手続きを行いましょう。

関連記事 : 業務委託とは?派遣、客先常駐の準委任、請負との違い

業務委託について相談する

業務委託契約で働くメリット

まずは、個人事業主側のメリットをご紹介します。

スキルがあれば高収入を得られる

正社員として会社に入っていると、保険や年金などを会社が負担してくれる場合が多いです。しかし、業務委託契約の場合は会社に雇用されるわけではないので、会社が負担してくれることはなく、すべて自分で支払わなければなりません。
 
ですが、業務委託で作業をこなしていきエンジニアスキルを上げることで収入は自ずと増えていくと考えられるので、会社の負担がなくなっても、高収入を得られるのではないでしょうか。ただ、高収入のエンジニア案件は競争率が高いので、日頃から情報収集をすることが必要ですね。

自分のペースで業務を進められる

セキュリティやプロジェクト進行上の制約はありますが、業務委託契約では、雇用契約のような指揮命令がないため、自分のペースで作業を進められ、自由度がかなり高いと言えるでしょう。
 
例えば休みについても、進捗に問題なければ、平日休日関係なく取得できるなど、リソース配分は自分で気をつけなければなりませんが、そのあたりも、エンジニアとして業務委託での経験を積んでいく内に次第に慣れてくるのではないかと思います。

人間関係におけるストレスが少ない

正社員として会社に勤めている時には、人間関係に悩まされることが何かと多いと思います。業務委託の場合は、基本的に個人で作業を進めていけばよいので、余計な悩みを抱えることなく、作業に集中することができます。
 
反対に、勤務が終わった後に同僚と食事に行くなどの楽しみが減りますが、仕事は仕事、プライベートはプライベートとキッチリ分けたい人にはおすすめです。

単価・時間・待遇の面で、業務委託にはメリットもデメリットもあります。しかし、正社員として会社に勤めている時よりも収入や自由な時間が増えるという点で、業務委託は魅力的な契約形態と言えそうです!

関連記事 : 業務委託契約書ってどんなもの?

業務委託契約を結ぶ企業側のメリット

次に、会社側のメリットを見ていきましょう。

専門性の高い技術者を、教育コストをかけることなく素早く確保することができる

作業内容に常に高い専門性が求められるIT業界。基本的に技術者不足なので、自社が必要としている専門性を持った技術者がいない場合もよくあるのではないでしょうか。

正社員として雇用し、一から指導するのも方法の一つですが、教育コストがかかり日常業務に支障が出ることが考えられます。そんな時、すでにその技術を身につけているWebエンジニアやWebデザイナーと業務委託契約を締結すれば、すぐに作業に着手してもらうことが可能です。

作業がスムーズに進行するのはもちろんのこと、会社側も採用や研修のための技術者・時間を確保する必要がなくなり、費用と時間の両方を削減できます。低コストで優秀な技術者を確保できる点はかなり魅力的ですよね。

経費を抑えられる

業務委託を活用することで、各種経費も抑えることができます。退職金や福利厚生などの各種費用が不要となりますし、設備や備品を揃える必要もなくなります。

正社員を雇用するよりも経費はぐっと抑えられるでしょう。これは、特にスタートアップの企業にとってはかなりのメリットです。アイディアを形にするスピード感がスタートアップの企業には求められるので、専門分野に特化したWebエンジニアやWebデザイナーに、各種経費を抑えて作業を任せられるのは嬉しいポイントです。

作業を適材適所に振り分けることで効率化できる!

一部の作業をアウトソーシング化することで、専門分野に特化したスタッフの力を余すことなく発揮させることができます。
 
エクセルへのデータ入力や市場調査に関する書類の整理など作業要素の強い業務と、専門的能力を要する業務とがありますよね。それぞれをその分野に長けたスタッフが行うことで、全体的な作業効率も上がるのではないでしょうか。
 
企業側としては、必要な技術者を、低コストで必要な時に必要な人数だけ集めることができるのが大きなメリットと言えそうですね。正社員を迎えるよりも手軽なので、専門的な知見や技術が必要となった時には業務委託という選択肢を考えてみるのもよさそうです。

関連記事 : 個人事業主が業務委託契約を結ぶ際の注意点

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

業務委託について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.