あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

テストエンジニアの仕事内容から必要なスキル・資格について解説
テストエンジニアのスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

テストエンジニアは、忍耐力や分析力が必要です。そして、より良い製品開発のためのプレゼンテーションも大切な作業。スキルを明確にしたい場合はJSTQB認定テスト技術者資格などを取得するといいでしょう。

テストエンジニア案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

テストエンジニアの仕事内容
テストエンジニアに必要なスキル
テストエンジニアに役立つ資格

テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアとは、主にシステムやハードウェアの保守点検や製品開発の際の動作確認・改善などを行う案件です。

IT関連のエンジニアの中で、女性の参画が多いのが特徴のひとつ。近年、大規模で複雑なシステム開発が増加しており、テストエンジニアの需要はとても高いです。

プログラマやエンジニアが作り上げた作品の最終チェックを行い、問題点を探り、改善提案を提示するテストエンジニアの存在は、まさに縁の下の力持ちですね。具体的な作業内容例は大まかに述べると以下の通りとなります。 

・テストスケジュール作成 
・テスト設計 
・テスティング 
・問題点分析・原因特定 
・提案・改善 

これらの動作を何度も繰り返すことで、不具合(バグ)を検出していく作業です。テストの種類は取り扱う製品によってさまざまです。

例を挙げると、ソフトウェアテストには、プログラムの内部構造に注視した「ホワイトボックステスト」と、プログラムの入力・出力に注視した「ブラックボックステスト」などがあります。

そしてテストエンジニアは、テスティングのほかにもサポート対応や在庫管理などの作業も行います。コツコツとした作業をひたすら繰り返すテストエンジニアは一見地味なようにも見えますが、1つの製品に対し膨大な回数のテスト作業をこなすプロフェッショナルなのです。

関連記事 : テストエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

テストエンジニア案件を提案してもらう

テストエンジニアに必要なスキル

テストエンジニアに求められるスキルは、「分析力」「忍耐力」「プレゼンテーション能力」などです。

テストエンジニアはテストを繰り返し行うことで、不具合(バグ)を発見します。たくさんのテスト項目をひたすら確認していくので、コツコツした作業が好きな人や几帳面な人が向いているといえます。

分析力・理解力

テストで発見した不具合の原因究明を行う案件なので、なぜ不具合が発生したのか、どの工程で不具合が生じているのかなどを分析する能力が必要です。

もちろん分析をするということは、製品知識が頭に入っていることが前提です。製品マニュアルをしっかり理解することで、より綿密な分析が可能になります。

集中力・忍耐力

たくさんのテスト項目をテスティングしていきます。

同じ製品に向かってコツコツと作業を行うため、高い集中力と忍耐力が必要です。質の高い作業を行うために、いかに自身のモチベーションを維持できるかがポイントとなります。

プレゼンテーション能力

テストエンジニアの案件は、テスティングだけが作業ではありません。不具合をフィードバックするのも作業のひとつです。そのためテスト中に細かく記録を残し、どのタイミングで不具合が生じたのか、不具合の原因は何かをしっかりとまとめ、プレゼンテーションしなければなりません。

資料作成や人前でのプレゼンテーションなど、プレゼンテーション能力を必要とする案件なのです。

テストエンジニアに役立つ資格

テストエンジニアのスキルアップに役立つ資格は、「JSTQB認定テスト技術者資格」や「IT検証技術者認定試験」などがあります。資格取得は自身のスキルを可視化できるので、クライアントへのアピールツールとしても大変有効です。

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQBという、日本におけるソフトウェアテスト技術者認定資格運営組織が運営している認定資格です。国際的な認定組織から成り立っているISTQBが実施しており、エンジニアが高度なテスト技術を保有していることを認定します。

認定テストには2段階のレベルがあり、基礎編のFoundation LeveとAdvanced Levelを受験可能です。Advanced Levelは、アナリストやマネージャーといった上級者向けの認定テストになっています。

IT検証技術者認定試験(IVEC)

大きく分けて3段階、細かく分けて7段階のレベル分けがされている試験です。

3段階レベルの内訳は、テスト実行能力を判断するエントリーレベル、テスト設計能力を判断するミドルレベル、テストのプロジェクトマネジメント能力を判断するハイレベルとなっています。

自身のテスト技術が分かりやすく可視化できます。知識試験と実務経験で構成されており、両方に合格してはじめて認定されます。

そのほか、ソフトウェア技術者の品質技術に特化した「ソフトウェア品質技術者資格」などもおすすめですよ。

スキルアップに役に立つ資格はたくさんありますが、1番重要なのは向上心を持ち続けること。IT業界は日々新しい技術が生み出されています。そのためエンジニアは、新しい知識をどんどん吸収していくことが必要です。

関連記事 : テストエンジニアの資格について

テストエンジニアの求人・案件一覧
テストエンジニアの正社員求人一覧

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

テストエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとテストエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.