あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

見積書の基礎知識から見積書のフォーマットや作成時の注意点を解説
フリーランスの見積書の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

見積書は、クライアントとの認識に相違がないか確認するビジネスツールです。作業内容をより詳細に記載することで、業務の範囲や単価などを明確にできます。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

見積書の基礎知識
見積書のフォーマット
見積書作成時の注意点

見積書の基礎知識

見積書とは、クライアントとの商談の際に金額・内容・期限・行動を前もって概算し、それらを記載した書類を指します。

フリーランスエンジニアに案件を依頼する、もしくは製品を購入する場合、クライアントは予算を準備しなければなりません。また適正な相場での参画・購入が可能かを検討する必要があります。そのため見積書を検討資料として使用することが一般的です。

それでは見積書の役割とは具体的に何なのでしょうか。見積書の役割とは主に以下の2つが挙げられます。

①クライアントとの認識の相違がないかを確認する。
②発注するという意思決定を促す。

まず1つめは、書面に取引条件や金額などを明確に記載することで、クライアントとの認識に相違がないかを確認するという役割です。見積書を作成することで認識違いによるトラブルを防ぐことができます。契約が成立する前に、お互いが納得する契約内容を明確にしておくことが大切です。

そして2つめは、見積書を提示することでクライアントに発注の決意を促すという役割です。見積書に記載されている詳細な案件内容や正式な金額をクライアントが認識することで、意思決定を促すことができます。

見積書は商談におけるビジネスツールとして重要な役割があるほか、クライアントに対し信頼感や安心感を与えるツールとしても優秀です。またトラブル予防の役割も兼ね備えているのです。

関連記事:業務委託の見積書

自分に合う案件を提案してもらう

見積書のフォーマット

見積書の書式には、特に決まったルールはありません。大切なのは、案件内容や金額などが明確に記載されており、クライアントに分かりやすいフォーマットになっていることです。

また自身で見積書を作成するのが不安な場合は、見積書作成ソフトなどを用いて作成する方法もあります。それでは一般的な見積書の書き方を紹介していきましょう。

①タイトル

「御見積書」などのタイトルを見積書の上部に記載しましょう。

②見積先の宛名

クライアントの所在地、会社名、担当者名を記載しましょう。

③差出人の氏名

屋号がある方は、まず屋号を記載してください。そして自身の氏名、所在地、連絡先を記載しましょう。

④発行日・見積有効期限

いつ見積書を作成したか確認できるように、年月日で記載しておきましょう。そしてトラブル予防に見積書の有効期限を記載することも大切です。

⑤見積もりの合計金額

全ての項目の合計金額を記載しましょう。文字を大きくしたり太字にするなど、分かりやすくすることが重要です。

⑥見積内容

品名・数量・単価・金額などを記載します。

⑦各項目の合計金額

小計・消費税額・総額の順で記載すると分かりやすいです。

⑧備考

納期または参画期限など、クライアントとの認識の相違がないよう記載しておくと良いでしょう。

関連記事:業務委託契約がすぐわかる!フリーランスにとってのメリットから契約書の書き方まで

見積書作成時の注意点

フリーランスとして見積書を作成する際に気をつけたいポイントを確認しておきましょう。

①大まかに作成しない。

見積書は、契約書・請求書作成や取引金額の決定に大きく関わる書類です。見積書での商談時点でクライアントとの認識に差があった場合、いざ参画した時にさまざまな問題が生じてしまいます。

そのため見積書には作業内容や保守範囲など詳細に記載し、認識の相違がないか確認する必要があるのです。プログラマの見積書ならば、「サイト開発」「データベース作成」「システム開発」など、具体的に作業項目を挙げましょう。

複数回の作業を行う「打ち合わせ」や「システムエラーチェック」「サーバーメンテナンス」などは、単価×回数で計算するといいでしょう。

②簡単に値下げに応じない。

フリーランスとしてスタートしたばかりの時は特に、クライアントからの値下げ交渉に簡単に応じてしまうこともあるでしょう。

しかし一度単価を下げてしまうと、その後の案件で適性な単価に戻すのが難しくなってしまいます。将来を見据えると、簡単に安請け合いするのは控えたほうがいいようです。


また、いざ参画すると作業が追加されるというケースもあります。そのような場合に対応できるよう、前もって見積書に「作業内容が変更または追加となった場合は、別途御見積いたします。」など一言添えておくといいでしょう。

関連記事:見積書は信書に含まれる?フリーランスなら知っておくべき信書の定義

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.