あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

AWSエンジニアの仕事内容や将来性、年収アップに役立つスキルも要チェック
AWSエンジニアの年収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

AWSエンジニアは、「AWS」を扱った作業を担うエンジニアです。携わる作業には、規模の大きいサーバー群を利用した開発や、Webサイトの構築などがあります。

AWSエンジニアとして年収を上げるためには、扱えるソリューション数を増やすこと、ミドルウェアやCIツールなどに関する知識を持つことが大切になります。AWSの利用企業は増えつつあるため、今後AWSエンジニアの需要は高まっていくでしょう。

AWS案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

AWSエンジニアの仕事内容
AWSエンジニアの年収増に役立つスキル
AWSエンジニアの将来性
フリーランスAWSエンジニアの年収
AWSエンジニアの求人・案件例

AWSエンジニアの仕事内容

まずは、AWSの概要や、AWSエンジニアの役割について見ていきましょう。

AWSとは

AWSとは「Amazon Web Services」の略称で、Amazon.com社によって開発者向けに提供されているクラウドサービスのことを指します。AWSを利用するメリットとしては、低コストであること、作業負荷や需要に応じて迅速に拡張および縮小ができること、特定のオペレーティングシステムや言語に依存することのないプラットフォームであることなどが挙げられます。現在あらゆる国々で、業界を問わず上記のメリットが享受されていることがうかがえます。 

AWSエンジニアについて

AWSエンジニアはその名称からもわかるように、Amazon.com社提供のサービス「AWS」を扱う作業を担うエンジニア職です。携わる作業には、規模の大きいサーバー群を利用した開発や、Webサイトの構築などがあります。AWSを利用する求人・案件では、ミドルウェアのスキルが問われる傾向にあるようです。AWSエンジニアとして年収アップを志す場合は、この点に注目しておくと良いでしょう。

関連記事:AWSエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

AWS案件を提案してもらう

AWSエンジニアの年収増に役立つスキル

では、AWSエンジニアとして活躍している人が年収アップを目指す場合、どんなスキルを身につけると良いのでしょうか。

扱えるソリューション数を増やす

AWS関連の案件は、これからも増えていくことが予想されます。そのため、AWSの中で使えるソリューション数が多ければ多いほど、その分参画できる案件の選択肢をたくさん持てる可能性があります。 

サーバー、ミドルウェアなどに関する知識を身につける

AWSエンジニアの担当する作業は、サーバー基盤の領域にとどまらないこともあります。負荷分散作業の経験や、Webサーバー・データベース管理システムといったミドルウェア自動化などの知識を有していれば、案件参画時にそれらを役立てることができるでしょう。

CIツールの知識を身につける

近年ネット系の企業を中心に広がりを見せているソフトウェア開発方法として、「DevOps」があります。これは、機能追加や改修などを行う際に、開発部門・運用部門の双方が協力体制をとりながら開発を進めるというやり方です。DevOpsにはAWSを用いる利点があるので、AWSエンジニアもこれに関わる機会があるかもしれません。 
DevOpsソフトウェア開発においては、継続的インテグレーション(CI)という手法を採用する場合があります。そのためCIツールに関する知見もまた、AWSエンジニアが年収アップを目標とする上で必要なものになると考えられます。

関連記事:AWSの勉強会の探し方について

AWSエンジニアの将来性

AWSは小規模から中規模のシステム、とりわけBtoCの案件においてよく用いられるようです。AWSを利用する企業は今後も増加が見込まれるため、それに比例してAWSの案件数も徐々に増えていくものと考えられます。加えて、案件数に対するAWSエンジニアの数は少なく、AWSを扱えるエンジニアは重宝される傾向にあります。 

以上のことから、AWSエンジニアは需要と将来性のある職種ということができるでしょう。これからもAWSエンジニアとして長く活躍していくためには、設計や構築の経験をたくさん積むと共に、できるだけ多くのAWS機能を扱えるよう努力を重ねることが大切であるといえます。年収アップを目指すにあたっても、その点に留意しましょう。

フリーランスAWSエンジニアの年収

ここではAWSエンジニアの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスAWSエンジニアの平均月単価 : 76万円(12ヶ月分を年収とすると912万円)
最高単価 : 135万円
最低単価 : 33万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
AWSエンジニアの求人・案件一覧
※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

AWSエンジニアの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、AWSエンジニアの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。AWSエンジニアの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【機械学習】WEBサイト向けデータサイエンティストの求人・案件

■単価
〜800,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
データサイエンティスト

■職務内容
・WEBサイト向けのデータ分析にあたりまして下記を行っていただきます。
-機械学習や統計モデルを用いた業務の効率化やサービスの改善プロジェクトの推進
-機械学習を用いた新たなコンテンツ作成

■求めるスキル
・統計学の専門知識
・SQLを使ったデータの抽出及び加工経験
・機械学習の基本的なアルゴリズムへの理解
・自然言語処理の基本的な技術についての理解

【歓迎スキル】
・BIツールの利用経験
・何らかのサービスもしくは製品において、機械学習を用いた機能をリリースした経験
・Webサービスの開発経験
・AWS / python / GitHub 等を利用した開発経験

■最寄り駅
渋谷(東京都)

【AWS】小売メーカー向け基幹システム設計/構築の求人・案件

■単価
〜650,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
インフラエンジニア

■職務内容
・小売りメーカー様向けの基幹システム開発に携わっていただきます。
・主にAWSでインフラ設計/構築を行っていただきます。

■求めるスキル
・AWS設計/構築経験
・AWSでのインフラの設計/構築/運用保守の知見
(ELB/EC2(WEB)/RDS(DB)Cloudwatch/Lambda)
・サーバーOS、ミドルウェアの設計/構築/運用保守経験
(Linux、WEB:Apache、DB:Pos知見tgreSQL、など)

【歓迎スキル】
・AWSにおけるネットワーク設計/構築/運用保守の知見
(VPC、DirectConnect、Route53、など)
・AWSにおけるサーバセキュリティ設計/構築/運用保守の知見
(セキュリティグループ設定、WAF、など)
・LAMP環境でのWEBアプリ経験

■最寄り駅
池袋(東京都)


上記の内容はAWSエンジニアのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

AWSエンジニアの案件をもっとみる

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

AWS案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとAWSの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.