オンラインカウンセリング実施中

AWSエンジニアの平均年収|仕事内容や需要、将来性、必要なスキル・資格は?

2021年4月時点でレバテックフリーランスに掲載されているAWSの求人・案件の平均月額単価は76万円で、12ヶ月分に換算すると、AWSエンジニアの平均年収は912万円と計算できます。ただし、AWSエンジニア以外も含むと考えられるレバテックフリーランスの求人・案件データにもとづいた目安の金額であり、AWSエンジニア全体の平均年収を示したものではないことは留意してください。

AWS案件を提案してもらう

目次

AWSとは?
AWSエンジニアの平均年収
AWSエンジニアの仕事内容
AWSエンジニアの年収アップに役立つスキル
AWSエンジニアの年収アップに役立つ資格
未経験からAWSエンジニアになるには
AWSエンジニアの需要と将来性
AWSエンジニアへの転職で高収入を目指そう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

AWSとは?

「AWS」とは、「Amazon Web Service」の略で、Amazon社が提供するクラウドコンピューティングサービスを指します。2021年4月時点で、245の国と地域でサービスを提供しており、そのサービスメニューは200を超えています。

※参考 : AWS (アマゾン ウェブ サービス) とは?【AWS公式】

主なサービスメニューとしては、「Amazon S3(Simple Storage Service)」や「Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)」があります。S3はデータを保管するためのWebストレージサービスで、上限なしで提供しているSaaS型サービスです。EC2は特定のOSやソフトウェア、およびインフラであるサーバーを提供する、いわばIaaS型サービスです。

2006年にAmazonの社内インフラをサービスとして顧客に提供する形で始まったこともあり、特にEC2については企業向けのサービスメニューが多数準備されています。例を挙げると、ストレージサービスやOSをインストールした仮想サーバー、DNS、Proxyといったインフラ、さらに最近ではAIやIoTプラットフォームのようなメニューも提供しています。

AWSはこれらサービスをサブスクリプション型で提供することで、社内インフラ環境はオンプレミスで構成するものという常識を変えました。企業にとってオンプレミスなサーバー導入はコスト面、運用面などの負担が大きく、AWSのようなクラウドコンピューティングサービスはこれらの負担を軽減できるため、利用する企業は急速に増えています。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なAWSのスキルとは?求人案件や勉強方法を紹介

AWSエンジニアの平均年収

利用者の増加に伴い、AWSエンジニアの需要も高まっています。ここでは、AWSエンジニアの収入について見ていきましょう。

AWSエンジニアの年収の目安として、2021年4月時点でレバテックフリーランスに掲載されているAWSの求人・案件の単価相場を紹介します。

AWSエンジニアの平均月額単価は76万円で、最高単価は165万円、最低単価は15万円です。これらを年収換算したものが以下の表です。

AWSエンジニアの年収相場

参照元 : AWSの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 912万円
最高年収 1980万円
最低年収 180万円


なお、これはAWSエンジニア以外も含むと考えられるレバテックフリーランスの求人・案件データにもとづく数字であり、掲載媒体や案件の傾向などにより単価は変動しますので、参考程度にしてください。

AWSエンジニアの求人・案件としては、ネット広告運用向けインフラ基盤の設計・構築・運用、順番待ち予約システムのプラットフォーム構築・保守・運用といったものがありました。求めるスキル、歓迎スキルとしては、Kubernetesを利用したシステムの設計経験、Chef、Ansibleなどを利用した構成管理の経験、CloudWatch、Kibana、Zabbixなど監視用の環境構築と運用経験、JenkinsなどCI/CD環境構築といったものが挙げられています。

また、大型システムの構築となれば要件定義や基本設計、プロジェクト管理といった上流工程の経験があるとさらに選択肢は増え、単価も上がる傾向にあります。

関連記事 : クラウドエンジニアの年収|仕事内容や必要なスキル、資格、将来性は?

AWSエンジニアの仕事内容

AWSエンジニアの仕事内容を分類すると、大きく以下の3つに分かれます。

  • 設計
  • 構築
  • 運用

上記を見ただけだと、仕事内容は一般的なアプリケーション開発やインフラ導入と同じように感じる人もいるでしょう。以下でステップごとにAWSエンジニアとして必要な要素について説明します。

設計

AWS開発における最初の仕事は、設計業務となります。一般的な設計業務と同様、要件に対し必要なプロダクト、アーキテクチャ、運用計画、管理方法などについて設計を行います。

この際、AWSエンジニアの特筆する点は、AWSをプロダクトとして利用する点です。そのため、設計にあたっては、AWSのサービスや、技術的な内容、どのように組み合わせて利用できるかなど、AWSの詳細について理解している必要があります。

また、顧客側が既存でオンプレミス環境を持っている場合、AWSとオンプレミス環境の連携も配慮した設計を行う必要があります。単純に双方のシステムだけではなく、その間を接続するネットワークインフラなども含めた設計が必要です。

構築

設計フェーズで作成した設計内容をもとに、AWS上にインフラを構築します。この際、運用要件や管理要件にもとづき稼働開始後の監視、モニタリング部分も含め導入する必要があります。また、オンプレミス環境との連携がある場合、物理的なインフラや接続インターフェース部分の導入も同時に行うケースもあるでしょう。

そのため、AWSエンジニアは単なるプログラマーやクラウド構築エンジニアのスキルだけでなく、インフラエンジニアの要素も必要といえます。

また、AWSは200以上のサービスメニューがあり、設計、設定内容もそれぞれ異なります。規模が大きいシステムになれば利用するサービスメニューも増えるため、その分構築業務の内容も増えていきます。したがって構築時には、AWSサービスそれぞれの開発方法についての理解が必要です。

運用

導入後にシステムが安定稼働するための運用業務もエンジニアの業務であり、この点はAWSエンジニアも同様です。

このフェーズでは、日常運用や監視業務、障害対応などに対応します。バックアップ取得などの日常運用、稼働状況や負荷状況の確認といった監視業務や障害時における切り分け、復旧作業などが中心となります。

ほかにも、運用業務の改廃や自動化検討、スクリプト等での自動化設定、AWS新サービスへの切り替えによる利用者向け改善など、PDCAを常に回し、業務改善し続けることも、運用では大事な要素となります。

関連記事 : AWSエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

AWSエンジニアの年収アップに役立つスキル

AWSエンジニアとして年収を上げるためには、AWSの知識だけでなく、オンプレミスな環境におけるスキルも重要となります。具体的に必要なスキルの例としては、下記の5点が挙げられます。

  • AWSの基礎スキル
  • インフラエンジニアとしてのスキル
  • クラウドサービスの基礎スキル
  • ミドルウェアのスキル
  • アプリ開発・運用のスキル

AWSはクラウドサービスですが、クラウド、オンプレミス両方の基礎スキルが必要です。また、クラウドサービスで使用するネットワークやサーバー、データベース、ミドルウェアのスキルも求められます。必要に応じてAWSで動作する新たなアプリを開発しなければならないこともあるため、アプリ開発・運用スキルも有用です。

AWSの基礎スキル

第一に必要となるスキルは、AWSに関するスキルです。AWSサービスの体系や、どの機能で何ができるか、そのセットアップ方法など、AWSで目的の機能を構築するために必要となる基礎的なスキルは、必要不可欠といえます。

AWSには200以上のサービスメニューがありますが、その中から、顧客が求める機能を実装するために最適なサービスを見極めなければなりません。さらにサービスをどのようにカスタマイズするかも検討しなければならないでしょう。このときにAWSの基礎スキルが必要となるのです。

インフラエンジニアとしてのスキル

2つ目はインフラエンジニアとしてのスキルです。AWSエンジニアとインフラエンジニアの業務には共通点があります。

インフラエンジニアは、ITにおける基盤(インフラストラクチャー)の設計・構築・運用をする仕事です。AWSエンジニアはこの業務上でAWSを利用します。企業によっては、AWSを使えるインフラエンジニアをAWSエンジニアと呼ぶこともあります。したがって、AWSエンジニアにとってインフラエンジニアとしてのスキルは重要なものといえます。

クラウドサービスの基礎スキル

3つ目はクラウドサービスの基礎スキルです。クラウドサービスの提供には、インフラそのものを提供するIaaSやHaaS、ソフトウェアをインターネット経由で提供するSaaS、ハードウェアやOSなどをインターネット上のサービスとして提供するPaaSなど、さまざまな形態があります。

AWSエンジニアは、顧客のニーズに合ったサービスを選ぶ必要があるため、これらの形態についても理解しておかなければなりません。

ミドルウェアのスキル

ミドルウェアとは、コンピューターの制御をするOSと、処理をするアプリケーションの中間にあるソフトウェアのことです。ミドルウェアは、主にWebサーバー、アプリケーションサーバー、データベース管理サーバーの3つに分かれ、「Web3層構造」と呼ばれます。

AWSではミドルウェアを利用できるサービスが数多く提供されているため、ミドルウェアについてのスキルも身につけておく必要があるのです。また、RDBMSやLinuxなどのOSに関する知識が必要となる場面も出てくるでしょう。

アプリ開発・運用のスキル

AWSエンジニアには、アプリ開発スキルも必要です。AWS環境で必要となるすべての機能が用意されているわけではありません。目的の機能を準備するにはアプリケーション開発が必要となることがあります。

最近では「DevOps」という、開発部門と運用部門が協力しながら運用も考慮したアプリ開発が進められるケースが多く見られます。AWSエンジニアには運用面の設計も役割のひとつですので、AWSの導入に必要となるアプリ開発や運用に関するスキルも求められるでしょう。

関連記事 : AWSの勉強会の探し方について

AWSエンジニアの年収アップに役立つ資格

Amazonでは、AWSエンジニアのレベル向上と利用品質の向上などを目指し、「AWS認定資格」という認定資格制度を設けています。これらの資格を取得することで、年収アップにつながることがあります。

先述した通り、AWSは200ものサービスから成り立っており、AWSエンジニアはそれぞれのサービスについて内容を理解し、設計、導入スキルを求められます。また、AWS構築はいわゆるプログラマースキルだけでなく、インフラ部分やセキュリティなど複数カテゴリーのスキルも必要となります。

AWSエンジニアに必要となるスキルをより多く持つことで、エンジニアの価値は高まり、その分より高年収が期待できるようになるでしょう。

AWS認定資格

AmazonはAWSエンジニア向けに、「AWS認定資格」という認定資格制度を設けています。大きく4つに分類され、2021年4月時点で計11種類の資格があります。Amazonは4つの取得レベルについて下記のように定義しています。

※参考 : AWS 認定 – AWS クラウドコンピューティング認定プログラム | AWS

基礎コース

基礎コースでは「6ヶ月間の基礎的なAWSクラウドと業界知識」が求められるとされています。

  • AWS認定クラウドプラクティショナー
アソシエイト

アソシエイトレベルでは「1年間のAWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験」が求められるとされています。

  • AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト
  • AWS認定デベロッパー – アソシエイト
  • AWS認定SysOps アドミニストレーター – アソシエイト
プロフェッショナル

プロフェッショナルレベルでは「2年間のAWSクラウドを使用したソリューションの設計、運用、およびトラブルシューティングに関する包括的な経験」が求められるとされています。

  • AWS認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
  • AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナル
専門知識

専門知識の試験では「試験ガイドで指定された6つの専門知識分野に関する技術的なAWSクラウドでの経験」が求められるとされています。

  • AWS認定高度なネットワーキング – 専門知識
  • AWS認定データアナリティクス – 専門知識
  • AWS認定セキュリティ – 専門知識
  • AWS認定機械学習 – 専門知識
  • AWS認定データベース – 専門知識

資格のレベルは、基礎、アソシエイト、プロフェッショナルの順で上がっていきます。また専門知識についてはネットワーク、セキュリティ、機械学習といった、より専門性の高い分野である5項目について個別に認定資格を設けています。

アソシエイト、プロフェッショナルについては、アーキテクト、運用、デベロッパーの3種類の業務内容別に資格が準備されているので、自身がどのフェーズを担当するかに合わせて受験する資格を選びましょう。

資格取得者はデジタルバッジを与えられ、関係者と共有できます。クライアントと共有することで自身のレベルを証明できるため、より単価の高い案件を獲得しやすくなるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアの資格|クラウド系などおすすめの資格一覧と難易度を紹介

未経験からAWSエンジニアになるには

未経験からAWSエンジニアになるのは不可能ではありません。しかし、そのためには多くの勉強や知識習得が必要となります。

先述したとおりAWSエンジニアは、インフラ(ネットワーク、サーバー)と、プログラミング両方の知識が必要となります。またインフラ、プログラミングと共にITの基礎知識も必要です。

さらに、AWSエンジニアに転職する際、開発経験を問われることも少なくありません。そのため、未経験であれば、まずはIT系の企業に就職・転職し、プログラマーやシステムエンジニアとして経験を積みましょう。IT職種の求人には「未経験可」としているものも多いため、そこから実務経験を積み、AWSエンジニアに必要な知識やスキルを身につけられます。未経験の求人に応募する際には、新人研修などをしっかりと行っている企業を選ぶのがポイントです。

IT系の企業に就職して経験を積んだら、インフラエンジニアを目指しましょう。前述したようにAWSエンジニアは、ITインフラ部分の品質、コスト、業務要件、可用性、性能、運用など、インフラエンジニアの技術知識を多く必要とします。これらの知識は独学だけでは習得しづらい部分もあり、業務経験を積むのが近道といえます。

インフラエンジニアとして経験を積んだら、AWS認定資格取得を目指しましょう。AWSとして必要な知識を持っていることをアピールするために役立ちます。AWS認定資格はオンラインで受講可能ですし、AWS認定試験のトレーニングメニューも準備されています。エンジニアとして働きながら学習を進めましょう。

関連記事 : 未経験からAWSエンジニアになるには|年収や転職方法、求人応募に必要なスキルは?

AWSエンジニアの需要と将来性

AWSエンジニアは、一定の需要と将来性が見込める職種といえます。総務省が発行した「令和2年版情報通信白書」によると、2019年時点でクラウドサービスを利用している企業の割合は64.7%で、前年の58.7%から6.0ポイント上昇しています。

※参考 : 総務省|令和2年版 情報通信白書|企業におけるクラウドサービスの利用動向

また、10%超の企業が今後利用する予定があると回答しており、クラウドサービスを利用する企業は今後も増加することが期待できます。

利用効果についても、利用企業の8割以上が「何らかの効果があった」と回答しています。これら企業の利用方法はファイル保管やデータ共有が多く、営業支援や生産管理といったより高度な利用には至っていない企業が多数を占める状況です。

一方、政府においてもAWSの活用が進められています。2020年10月に、第二期政府共通プラットフォームがAWS上で運用開始したことが発表されました。

※参考 : 第二期政府共通プラットフォームが AWS 上で運用を開始、 行政サービスのデジタルトランスフォーメーションを加速 | AWS

もともと各省庁が個別に構築・運用を行っていたシステムをAWSが引き受けひとつにまとめることで、管理の一元化やセキュリティ強化を図ることが目的です。「政府情報システムにおけるクラウド利用基本方針」が発表されたことを受け、共通プラットフォームとしてAWSが採用されています。

※参考 : 政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針|政府CIOポータル

クラウドサービス利用の懸念点として、セキュリティ問題が挙げられますが、政府機関が利用することで安全性が証明され、各企業が抱く懸念についても払拭されていくでしょう。これらのことから、AWSエンジニア需要はますます高まることが予想されます。

関連記事 : インフラエンジニアの将来性|クラウド化で今後の需要や転職に必要なスキルは変わる?

AWSエンジニアへの転職で高収入を目指そう

今後もAWSの需要増加は加速すると見込まれており、AWSエンジニアの需要や将来性への期待は高まっています。また、需要が高まるにつれ、AWSエンジニアの年収水準も上がっていくことが期待できます。未経験者はもちろん、現在インフラエンジニアやプログラマーとして働いている人も、収入アップを目指してAWSエンジニアへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : インフラエンジニアの平均年収|転職して狙える収入は?年収1000万円は可能?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとAWSの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.