あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

組み込みエンジニアに必要なスキルと将来性も解説
組み込みエンジニアとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

組み込みエンジニアは、電子機器などに組み込まれているシステムを作る技術者を指します。ソフトウェア・ハードウェアの知識をはじめ、安全性や質への高い意識が必要な職種です。

組み込み系案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

組み込みエンジニアとは
組み込みエンジニアに必要なスキル
組み込みエンジニアの将来性

 

組み込みエンジニアとは

組み込みエンジニアとは、装置や機械等に組み込まれている制御システムを作るエンジニアを指します。組み込みエンジニアが作るシステムは、自動車や家電、スマートフォンなど、生活のあらゆるところで使用されています。

特に自動車業界のコンピュータ制御は、目覚ましい進化を遂げており、自動運転機能やカーナビなどは、制御ソフトウェアの需要が高まっています。そんな組み込み系エンジニアの作業は、基本設計からはじまり詳細設計、プログラム開発、テスト、デバッグなど多岐に渡ります。

自動車業界以外にも、小型電子機器や通信機器、制御機器など組み込みエンジニア向けの需要は増加傾向にあります。それらのことから、今後も組み込みエンジニアの需要はどんどん高まっていくと予想されます。

関連記事:組み込み系エンジニアの仕事内容

組み込み系案件を提案してもらう

組み込みエンジニアに必要なスキル

さまざまな業界で活躍している組み込みエンジニアですが、案件に参画するにあたり求められるスキルとはどのようなものがあるのでしょうか。

プログラミングの技術

組み込みエンジニアが作業を行う上で、使用頻度が高いプログラミング言語は、CやC++、Java、Visual Basicなどがあります。

近年の組み込みソフトウェア開発の案件では、C言語やアセンブラのような低レベルな処理コーディングできる言語だけでなく、PythonやVisual Basicのような高級言語・スクリプトも使用しているようです。

製品の安全性や質への意識

組み込みエンジニアが開発するシステムは、設備や機械そのものを作動させるシステムです。自動車や電源設備などを扱っているため、リリース後に不具合が発生した場合、遠隔操作で修正版アップデートという訳にはいきません。

そのため組み込みエンジニアは、開発する製品の安全性や質に対して、高い意識をもって参画しなければならない職種なのです。

ソフト・ハードウェア全般に関する知識

上記で上げたプログラミング言語のほかに、組み込みエンジニアの案件特有の、設計・開発・テストに関するスキルなどのソフトウェアの知識が必要になります。それと同時にハードウェアの知識もあることが望ましいでしょう。

エレクトロニクスやメカトロニクスのエンジニアと会話ができるくらいの専門知識があると参画の際にスムーズに作業を行えるでしょう。

関連記事:組み込みエンジニアのスキル

組み込みエンジニアの将来性

以前まで組み込みエンジニアの人口不足が叫ばれていましたが、近年のプロジェクトでは組み込みエンジニアの頭数を揃えるのではなく、高いスキルを持つ組み込みエンジニアが参画し、少数精鋭部隊を編成する傾向もあるようです。

そのため、上記で挙げたスキルを磨くとともに、上流の開発スキルや管理技術、そしてコミュニケーション能力をはじめとした人間力を身につけることで、より需要の高い組み込みエンジニアへスキルアップすることができるでしょう。

最近の傾向として、「組み込みソフトウェア開発の課題解決において、エンジニアのスキルアップがより有効」と考えられているということを踏まえてスキルアップを図っていきたいですね。

関連記事:組み込み系エンジニアに興味を持ったら何を勉強するべき?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

組み込み系案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと組込・制御エンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.