あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスとSOHOの違いと、SOHOの主な業務内容
フリーランスとSOHOの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

SOHOとは、企業などのオフィスに赴かず、 自宅や小規模な事務所で働く人のことです。一方フリーランスは、会社や組織に所属せず、案件単位で業務を請け負う働き方のことを言います。フリーランスとして自宅や小規模な事務所で業務を行うのであればSOHOですが、企業に常駐する場合などはSOHOには該当しません。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

SOHOの基礎知識
SOHOとフリーランスの境界線
SOHOの仕事内容

SOHOの基礎知識

SOHOとは、企業などオフィスに赴かず、 小規模な事務所や自宅で働く人のことです。SOHOは、「Small Office」と「Home Office」の頭文字をとったものになります。

SOHOは、移動時間を減らせるほか、自分で働く時間を決めることができるというメリットがあります。クライアントから依頼された業務を事務所や自宅で進め、納期に合わせて納品する流れになります。

SOHOに求められる能力は業務内容によって異なりますが、最低限の環境としてインターネットとセキュリティの環境は整えておく必要があるでしょう。また、クライアントは発注の際、主に実績によってその人の能力を判断します。そのため、小さな案件からでも着実に成果を出すことが大切です。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)が賃貸事務所を借りる上で注意すべき5つのポイント

フリーランスになれるか相談する

SOHOとフリーランスの境界線

企業に属さず独立して業務を行う人で、自宅や小さなオフィスで業務を行うのであれば、フリーランスかつSOHOといえます。一方、フリーランスの人の中には企業に常駐して業務に携わる人もいて、そのような場合はSOHOには該当しません。SOHOに該当するかは、どこで業務をするかによって変わるといえます。

関連記事 : リモートワークとは何ですか?にお答え|テレワーク、在宅勤務との違いも

SOHOの仕事内容

SOHOの主な業務の例として以下のようなものが挙げられます。

ライティング

指定のキーワードを使った文章の作成や、本文をリライトする業務です。
美容やファッション、ゲームなどライティング内容はさまざまあり、専門的な知識が必要な案件になると単価は高くなる傾向にあります。

Webサイトの作成や運営

企業のWebサイトの作成や管理、運営を行う業務です。案件によって業務の範囲は異なり、サイトの製作をすべて任されることもあれば、指定されたページのみを作成することもあります。
サイト関連の案件は実務経験が求められる傾向にあり、サイトの管理・運営を行う長期契約のものもあります。

データ入力

クライアントからデータ入力用のファイルを受け取り、必要なデータを入力する業務です。
単価は業務内容や必要となる時間に応じて変化しますが、1ファイルあたりで設定されることが多いため、納品数は50件や100件など多くなる傾向にあります。

どのような業務でも、クライアントと信頼関係を構築できるよう、期限を守り、責任を持って納品するようにしましょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.