利用前に知っておきたい注意点2つ
フリーランスの記帳代行について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

作業負担を軽減できる記帳代行サービスですが、事前に知っておくべき注意点があります。記帳代行サービスを利用する際は、税理士が在籍しているか、価格設定が明確かをしっかりチェックしましょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

記帳代行を依頼する際のメリットや注意点とは

作業や営業などで忙しくしているフリーランスでも、行わなければならないのが帳簿付けです。平成26年1月より、青色申告だけではなく白色申告も記帳することが義務付けられました。
忙しい合間を縫って自分で記帳を行うのは、負担に感じてしまうこともあるでしょう。そこで便利なサービスが、記帳代行です。記帳代行は、領収書の計算などの業務を代行するサービスで、税理士事務所や会計事務所、記帳代行会社などに依頼することができます。

それでは、記帳代行によるメリットや注意点などを確認しておきましょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

メリット

作業負担の軽減

記帳代行を依頼することによって、本業に集中できます。どうしても時間が取れない、という時でも強い味方となるでしょう。

税務申告や確定申告を代行

記帳代行と同時に、税務申告や確定申告などを行ってくれるサービスもあります。年末年始などの忙しくなる時期に、慌てる必要がなくなるかもしれません。

節税の相談が可能な場合も

記帳代行企業の中には、節税のコンサルティングサービスがある場合も。第三者の目線で、節税できるポイントがないかどうか見てもらうのも良いでしょう。

注意点

税理士がいるかどうか

記帳代行会社の中には、税理士が在籍していないケースも見られます。税務申告や確定申告などは納税者本人か税理士にしかできないとされていますので、税理士が在籍しているかや提携しているかどうかなどをしっかりと確認しておきましょう。

価格設定が明確であるか

曖昧な価格設定をしている場合は追加オプションが加わり、予想を越えて高額になることもあるようです。そのため、契約の際にはしっかりと価格の確認を行うことが大切だといえます。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?