オンラインカウンセリング実施中

登壇する側も聞く側も良い刺激を受けられる!勉強会のレポートまとめ。
学ぶ姿に注目!エンジニア勉強会のレポート記事をピックアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

時間の調整をつけやすいフリーランスは、勉強時間を確保できるチャンス!エンジニア向けの勉強会に積極的に参加してスキルアップを目指してみませんか?

こちらで紹介するのは、エンジニア向け勉強会のレポート記事です。

登壇された方や参加された方の生の声を聞くことで、ご自身のモチベーションがアップするかも!

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

セブ島でRuby on Railsの勉強会を開催しました!
ruby勉強会 を主催してみた
CollaboTips vol.2 に参加しました
10/4 BLITZ -UI以外がテーマのUXイベント
神戸Pythonの会 #2 meetupに行ってきました
CodeIQ夏の陣に行ってきたメモ
毎回超満員!噂のR勉強会に行ってみた
WebGL入門者の会に行ってきた
Gotanda.js #5 in TORETA に行ってきました
dots.girls blog

 

セブ島でRuby on Railsの勉強会を開催しました!

よとうさんどっとこむのブログ記事「セブ島でRuby on Railsの勉強会を開催しました!」の画像

セブ島に在住しながら、フリーランスとして活躍している“よとうさん”。彼のブログ『よとうさんどっとこむ』の中に、Ruby on Railsの勉強会を行ったときのことが書かれていたので、ご紹w介したいと思います。

記事のタイトルは、《セブ島でRuby on Railsの勉強会を開催しました!》
TECH::CAMPのエバンジェリストとして、また、海外での勉強会を熱望されていたということもあり、この勉強会はまさに1つの夢が叶った瞬間だったそうです。

勉強会当日、浴衣姿で登壇されたよとうさん。なんとも粋なはからいですね!

さて、そんなよとうさんですが、現在は日本に戻られているとのこと。
軽快なフットワークで、世界を飛び回る彼の今後の活躍と動向から、目が離せません!

【参照元】
http://yotousan.com/rorstudy

 

自分に合う案件を提案してもらう

ruby勉強会 を主催してみた

Awesomeのブログ記事「ruby勉強会 を主催してみた」の画像

教育・Web制作・コンサルティングの3つの柱を軸にしながら、ホームページ制作やデザイン、アプリ制作などを行っている株式会社『Awesome』

同社のブログには、勉強会を主催したときのレポート記事が掲載されていました。

それがこちら、《ruby勉強会 を主催してみた》です。登壇されたのは、専務取締役の船津さん。
当日は、皆さんと塾アプリの制作とPOをされたそうです。

その時感じたのは「良い業務アプリを作るには、まだまだ課題がある」ということ。
大手アプリ制作会社の方をはじめ、参加されていた皆さんからの指摘から、色んな気づきを得ることができたのだそうです。

勉強会は、参加者はもちろん主催者にとっても「成長の場」になり得るのですね!

【参照元】
https://awe-some.net/

 

自分に合う案件を提案してもらう

CollaboTips vol.2 に参加しました

EDIT MODEのブログ記事「CollaboTips vol.2 に参加しました」の画像

《CollaboTips vol.2 に参加しました》というタイトルの記事を書かれたのは、ブログ『EDIT MODE』の管理人であるandrohiさん。

彼は、デザイナーとエンジニアを対象にした勉強会を振り返り、登壇者一人ひとりのLT内容や感想を記事内で綴っています。

デザイナー、そしてエンジニア双方の登壇内容を聞き終えた後、彼が感じたことは「良いコンテンツを作るには、良いチーム作りが重要だ」ということ。
異なる職種が混ざった勉強会ならではの感想なのではないでしょうか。

フリーランスの方で、基本は1人で働いているという方も、たまには誰かと一緒に働くと、気付きがあるかもしれませんね。

【参照元】
http://androhi.hatenablog.com/

 

自分に合う案件を提案してもらう

 

10/4 BLITZ -UI以外がテーマのUXイベント

とりあえずやってみればいいじゃんのブログ記事「10/4 BLITZ -UI以外がテーマのUXイベント- #01に参加してきました」の画像

セットで取り上げられることの多いUIとUX。

しかし、『とりあえずやってみればいいじゃん』の管理人であるakatsuki174さんが参加した勉強会は、「UI以外のUX」にフォーカスしたという勉強会。記事《10/4 BLITZ -UI以外がテーマのUXイベント- #01に参加してきました》にその時のレポートが書いてありましたので、ご紹介いたします。

こちらのイベントでは、4名の方が登壇。肩書はデザイナーやフロントエンダー・グッロースハッカーなどさまざまです。

話の内容も、人気プロダクトの規則性についてや、タッチポイントを増やす方法、NSPを採用したUX測定法、ユーザーの状況を整えるためにするべき事など、バラエティに富んでいたようで、「多くの学びを得られるイベントだった」と述べられています。

興味のある方は、ぜひ次の機会に参加し、素敵な体験をされてみてはいかがでしょうか?

【参照元】
http://akatsuki174.hatenablog.com/

 

自分に合う案件を提案してもらう

神戸Pythonの会 #2 meetupに行ってきました

yamamanxのブログ記事「「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました」の画像

Pythoner向けの勉強会に関する情報が知りたい方には、《「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました》という記事がオススメです。

レポートには、Pythonに特化したQ&Aに関する所感や、プログラムのバグ探しについての内容が綴られているので、Pythonの知識を深めるのに役立ちそうですよ!

この記事は、ソフトウェアのエンジニアとして活躍されているyamamanxさんのブログ『yamamanx』に掲載されていました。

ブログ内には、Python以外にも、Java、PHPをはじめ、技術系の記事が数多くラインナップされています。

【参照元】
http://www.yamamanx.com/

 

自分に合う案件を提案してもらう

CodeIQ夏の陣に行ってきたメモ

プログラミングごっこ@お粗末ブログの記事「CodeIQ夏の陣に行ってきました」の画像

『プログラミングごっこ@お粗末ブログ』は、管理人であるsusunshunさんがアプリ開発のことや勉強したことについて綴っているブログです。

その中の一つ、《CodeIQ夏の陣に行ってきました》では、「エンジニアサバイバル」というテーマのイベントに参加したことを書かれています。

このとき登壇されたうちの1人は、Rubyの開発者であるまつもとゆきひろさん。

ほかにも、仕事をする上で大切にしたい姿勢や、勉強会に参加する意味、会社で働く際に技術を追うべきか否か、など様々なディスカッションが行われたそうです。さらに、“身体が資本”ということについても触れられています。

「勉強会に参加することを是とするか」というテーマなどは、この記事を読んでいる方にとっても興味深い切り口なのではないでしょうか。

【参照元】
http://susunshun.hatenablog.com/

 

自分に合う案件を提案してもらう

毎回超満員!噂のR勉強会に行ってみた

DATUM STUDIOの記事「毎回超満員!噂のR勉強会に行ってみた(第49回TokyoR参加レポート)」の画像

コンサルティング事業、受託分析、システム開発などを手がけているDATUM STUDIO株式会社。

その公式サイト『DATUM STUDIO』の中には、データ解析に特化した「R」の勉強会レポートが公開されています。

「Rには興味があるけど難しそう」「Rのスキルに磨きをかけたい」etc…、そんな方はぜひ《毎回超満員!噂のR勉強会に行ってみた(第49回TokyoR参加レポート)》という記事を読んでみてください。

記事内には、初心者向けのセッションと実務寄りの応用セッションの紹介、更に「R」に関するライトニングトークの内容が掲載されているので、レベルに合わせて読めるのではないでしょうか。

本格的に取り組む意欲が湧いた方は、初心者向けの勉強会に参加してみるのも良いかもしれませんね。
有益な情報が得られるかもしれませんよ。

【参照元】
https://datumstudio.jp/

 

自分に合う案件を提案してもらう

WebGL入門者の会に行ってきた

nabeliwonoteの記事「【three.jsのお勉強 #3】WebGL入門者の会に行ってきた」の画像

『nabeliwonote』の管理人さんは、HTML5のAPIの一つであるWebGLを勉強中です。

彼は、《【three.jsのお勉強 #3】WebGL入門者の会に行ってきた》の記事の中で、そのときの勉強会の様子や感想について述べられています。

特に関心を持った登壇の一つが、@edo_m18さんによるもの。3Dコンテンツを作る際に不可欠な数学について単に説明するのではなく、ケースに合わせて逆引きで説明してもらえたのがが良かったそう。

資料も掲載されているので、興味のある方はぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

他の登壇者の方の発表についての記載もありますので、そちらも併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】
http://nabeliwo.hatenablog.com/

 

自分に合う案件を提案してもらう

Gotanda.js #5 in TORETA に行ってきました

チラシ裏日記上等!!新館の記事「Gotanda.js #5 in TORETA に行ってきました」の画像

『チラシ裏日記上等!!新館』は、日常で感じたことや、本、アニメ・ゲームなど、様々なジャンルの記事が掲載されているブログです。

その中に、エンジニア向け勉強会のレポートもありました!

こちらの《Gotanda.js #5 in TORETA に行ってきました》というタイトルの記事です。
その中で、特にVue.jsのコンセプトに関する「ビジネスの進化に合わせてフレームワークも柔軟に対応すべき」という発表に興味をひかれたようです。

また、全く知らなかったライブラリの発表もあり、多くの収穫を得た様子。
勉強会に参加するスタンスの参考にもなりますね。

【参照元】
http://www.chirashiura.com/

自分に合う案件を提案してもらう

dots.girls blog

dots.girls blogの記事「[レポート]勉強会 vol.9 「機械学習」をはじめよう!~ 研究機関での活用方法いろいろ聞いちゃいます! ~」の画像

女性が中心になって開催された勉強会の記事もありました。
その記事タイトルは、《[レポート]勉強会 vol.9 「機械学習」をはじめよう!~ 研究機関での活用方法いろいろ聞いちゃいます! ~》

今年の6月に渋谷で開催された機械学習をテーマにした勉強会の内容や親睦会の様子が綴られています。
この勉強会は企画から進行までを女性が主体となって開催されたもので、予想を超える盛況ぶりだったとのこと。

登壇された横浜国立大学の濱上教授の話に、参加者は釘付けだったそうです。
男性が多い職場で働く女性にとっては、きっと良い刺激になったことでしょう。

この記事は、エンジニア女子の活動が綴られている、『dots.girls blog』に掲載されていました。
興味をお持ちの方は、ぜひ一度アクセスしてみてくださいね!
女性エンジニアのアグレッシブな活動を垣間見ることができるできますよ。

【参照元】
http://dotsgirls.hatenablog.com/entry/2016/06/21/114344

 

レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランスエンジニア(IT個人事業主)専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスエンジニアへの転向に興味をお持ちの方は、フリーランスor会社員の働き方のメリット・デメリットを比較した下記の記事も併せてご覧ください。

関連記事 : フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

自分に合う案件を提案してもらう

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

 

 

■求人・案件をお探しの方へ
業務委託の求人・案件
80万円/月~の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.