フリーランスとしてソフト開発する場合、在宅型と常駐型どちらが良い?
フリーランスのソフト開発について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとしてソフト開発に参画する場合、働き方は在宅型と常駐型の2通りがあります。在宅型は作業時間や作業場所を自由にできる働き方で、常駐型はクライアント先で作業を行う働き方です。それぞれにメリットがあるので、自分が何を重視したいかを考えて選ぶと良いでしょう。以下では、両者のメリットについて解説します。

自分に合う案件を提案してもらう

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

在宅型と常駐型、どちらにもメリットがある

フリーランスは、好きな時間に好きな場所で作業ができるというイメージを持つ方も多いでしょう。ソフト開発に参画する場合においても、在宅型であれば作業時間・場所が指定されずに自由に働くことができます。
しかし、案件の中には、クライアント先に出向して常駐する常駐型の案件もあります。その場合には作業時間をクライアントとの契約によって決めるケースも少なくないようです。
それでは、フリーランスとしてソフト開発に参画する上で無視できない、在宅型と常駐型について見てみましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

在宅型

在宅型はフリーランスのメリットにもあるように、作業時間・場所に縛られない働き方ができます。自宅はもちろん、カフェやシェアオフィスといった場所でも、パソコンとネット環境があれば作業が行えます。ですが、常駐型に比べて単純作業が多い傾向があり、自分なりにモチベーションを保つ必要があるでしょう。

常駐型

常駐型は、クライアント先に出向して作業を行う働き方です。時間や場所が自由という働き方ではありませんが、企業のニーズが高いため在宅型より案件に参画しやすいほか、大手企業の案件に参画しやすいなどの特徴があります。また、さまざまな案件に参画することによって、幅広い現場経験を磨けるといったメリットも享受できるでしょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?