オンラインカウンセリング実施中

フリーランスになる上で注意したい有給休暇と休日の考え方
フリーランスと有給休暇の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

企業に勤めたことがある人は、当然有給休暇を取得したことがあることでしょう。しかし、フリーランスは、会社の労働者ではないため、有給休暇は付与されません。正社員とフリーランスでは、「休暇」の考え方が大きく異なるので、これからフリーランスになろうとしている方は、そういった部分に十分注意する必要があります。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスと有給休暇
フリーランスの休み方

フリーランスと有給休暇

会社員の休日として特徴的なのが有給休暇。しっかり休暇を取ってリフレッシュすることでモチベーションが高まり、生産性の向上に繋がるとされています。
一方で、業務委託や請負契約、フリーランスといった労働形態の方には、基本的に有給休暇は存在しません。

労働基準法では、有給休暇は「労働者」に付与されるものと定められています。労働者の定義は、「使用者の指揮命令の下で働き、その報酬として賃金を受ける者」。
つまり、案件を請け負うスタイルであるフリーランスの性質上、命令されて業務を行っているわけではないので、その会社の労働者とはみなされず、有給休暇も付与されないのです。

関連記事:フリーランスに有給はあるか

フリーランスの休み方

フリーランスの場合は休み方も含めてタスクをマネジメントすることが重要です。
稼働時間が定められている場合は、1日の稼働時間をコントロールして休みを調整したり、業務委託契約であれば、作業を効率的に行ったりすれば休む時間を捻出できるでしょう。
そのほか、有給休暇はなくても休みに関しては契約によって定めがある場合もあるので、契約内容をよく確認すると良いでしょう。

関連記事:フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

自分に合う案件を提案してもらう

 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.