あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

第一印象を良くする服装のコツは?
フリーランスの打ち合わせ時の服装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスの方がクライアントと打ち合わせをする場合、初回はスーツを着用するのが無難です。スーツを着るときのために、ビジネスバッグや革靴も用意しておきましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスと服装の自由
初回の打ち合わせはスーツが無難

フリーランスと服装の自由

フリーランスは働く場所や時間と同様に、服装の自由がきくのが大きなメリット。「だからこそフリーランスの道を選んだ」という方も多い事でしょう。

しかし、特に初めての打ち合わせとなると服装に悩む方も多いでしょう。打ち合わせはクライアントにとって、相手がどういう人なのか判断する場所であり、第一印象が大きく左右されがちです。

一般的に、人は初対面の相手に対して見た目から感じる第一印象が5割を占めているとも言われます。スキルがある人でも、清潔感に欠けていたり場にそぐわない服装をしていると見た目で損をしてしまうかもしれません。

関連記事:洋服選びの参考に!フリーランスのファッション事情まとめ

初回の打ち合わせはスーツが無難

初めての打ち合わせへ向かう場合、特に服装の指定がなければスーツを着ていくのが無難です。

またスーツに合わせたバッグ、シューズをそれぞれ用意しておきましょう。

まずバッグは、いわゆるビジネスバッグが基本となります。リュックは避けた方が良いですが、最近はビジネスシーンに使えるフォーマルなタイプのリュックも登場しています。どうしてもリュックがいい、という方はチェックしてみましょう。

またシューズは、スーツに合うような革靴を一足もっておくのがベターです。

初回の打ち合わせで相手がカジュアルな服装をしていた場合、次回以降も打ち合わせの機会があればカジュアルを着用して良いという指標になります。

相手がフォーマルな服装の場合でも、「次回からは普段の格好でいいですよ」と言われれば、次回からはある程度清潔感のあるカジュアルで参加すると良いでしょう。

関連記事:フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

自分に合う案件を提案してもらう

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.