あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

SE・PGに向いている人についても解説
SEとPG、両方の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)は、両方ともシステム開発に従事する職種です。SEはシステム設計、PGはプログラミングを主に行います。ただし、両者が担う作業範囲は、案件により異なる場合もあるようです。本記事では、SE・PGそれぞれの作業内容や適性、必要なスキルについて見ていきましょう。

SE・PG案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

SE・PGの違い
SE・PGに向いている人
SE・PGに必要なスキル

SE・PGの違い

まずは、SE・PGの作業内容をチェックしながら、両者の違いにも言及します。

SEの作業内容

SEは、主としてシステムの設計を担当する職種です。はじめに、クライアントが求めるシステムの詳細をヒアリング。聞き出した内容をもとに、基本設計と詳細設計を行います。開発中は、設計書に基づいてPGに指示を出したり、スケジュールを管理したりすることも。システムができあがったら、正常に動作するかどうかを確認します。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは

PGの作業内容

PGは、システム設計書の内容をもとに、プログラムを作成する職種。使用するプログラミング言語はJavaやPHPなど、分野によりさまざまです。プログラミング以外で任される可能性がある作業としては、テストが挙げられるでしょう。バグがなくなるまでテストを繰り返し、完璧な状態での納品を目指します。

関連記事 : プログラマーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

SE・PGの違い

一般的には、SEがシステム設計を、PGがプログラミングを担うのが相違点とされます。とはいえ、参画先の企業・プロジェクトにより、SE・PGの担当領域が異なってくることに要注意。実務経験年数が長くなると着手可能な範囲が広がり、PGがSEのように仕様決定に関わるというケースもあります。いずれにしても、SE・PGの両方ともが、システム開発に欠くことのできない役割を果たしているといえるでしょう。

関連記事 : プログラマーとエンジニアの違い

SE・PG案件を提案してもらう

SE・PGに向いている人

続いては、SE・PGの適性についてです。SE・PGで異なる点と、両方に共通するポイントに注目してください。

SEに向いている人

SEは多分野のシステム開発に関わる可能性があるので、ネットワークやサーバー、データベースなど、幅広いIT知識を身につける必要があります。また、技術発展が速く、流行の移り変わりが激しいのもIT業界の特色です。

こうしたことを考慮すると、常に最新の知識・技術を追いかけ、新しいスキルを習得する努力を続けることが苦にならない方がSEに向くと考えられるでしょう。加えて、SEは他のメンバーやクライアントとやりとりする機会が多くあります。コミュニケーションが得意な方も適性があるといえそうです。

PGに向いている人

プログラミングは緻密な作業であるため、集中力を持って取り組むことが大切です。したがって、一人で黙々と作業をこなすことが好きな方、細部まで気を配れる方がPGに向いています。

新しい知見を得ようとする姿勢は、SEと同様、PGにも求められる資質です。スキルアップの意欲を持ち続けることで、PGとして長く活躍できるでしょう。

関連記事 : 30歳女性フリーランス。「エンジニアに向いているか」を悩んだ過去を乗り越えフリーを目指した理由

SE・PGに必要なスキル

ここまで、SE・PG両方の作業内容や適性を見てきました。最後に、SE・PGの案件に必要なスキルを紹介します。

SEのスキル

SEに求められるスキルには、次のようなものがあります。

システム・プログラムの専門知識

SEとして働く上で、専門知識は欠かせません。SEはクライアントの要望を聞き出し、ニーズに沿うシステムを作ります。その際、正確かつ深い知識がなければ、相手の意図を把握できず、適切なシステムの設計は難しくなるでしょう。技術書やマニュアルを正しく読解するにも、基本的な知識が必要になります。

論理的思考力

システムは論理的構造から成り立っているため、設計者であるSEはロジカルシンキングの力を発揮することが肝要です。作業フローの効率性を考えたり、システム同士の関係性を見出したりする時にも、論理的思考力が役立ちます。

マネジメント力

SEはプロジェクト参画中、PGをはじめとした他職種の人たちに指示を出すことがあります。他のメンバーと良好な人間関係を保ちつつ、スムーズに作業を進めるためのマネジメント力も、SEにとって重要なスキルになり得るでしょう。

関連記事 : システムエンジニアのスキルについて

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧
SE (システムエンジニア)の正社員求人一覧

PGのスキル

PGのスキル例は、以下の通りです。

プログラミング言語の知識

PGにとって特に大切なのは、プログラミング言語を扱うスキルです。Web系や汎用系、ゲーム系など、各分野に応じた言語を習得しましょう。多数の言語を身につけていれば、その分参画できる案件の幅が広がります。

協調性

プログラミング作業は一人で行うものですが、プロジェクト自体はSEや他のプログラマーと協力しながら進めていきます。プログラマーにも、協調性重視の姿勢が求められるでしょう。

関連記事 : プログラマのスキルや能力について

プログラマー(PG)の求人・案件一覧
プログラマー(PG)の正社員求人一覧

※本記事は2020年1月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

SE・PG案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.