あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

「個人事業主」や「自営業主」との呼び方や意味の違い
フリーランスの類語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスの類語として、個人事業主や自営業主などが挙げられます。それぞれ似通った意味を持っていますが、厳密には異なる部分もあります。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスの類語
フリーランス
個人事業主
自営業主

フリーランスの類語

フリーランスの類語には、個人事業主や自営業主などがあります。それぞれに意味は似ていますが、厳密には異なっている部分もあります。本記事では、フリーランスおよび各用語の具体的な定義と、類語同士の相違点について見ていきましょう。

フリーランスになれるか相談する

フリーランス

フリーランスは特定の企業・団体に雇用されるのではなく、個人が独立した形で作業を請け負う働き方です。つまり、フリーランスという語は業務形態や働き方そのものを示す言葉であると言えるでしょう。

案件の度に契約を結ぶことが多く、自らの持つ高い技術や知識を依頼主へ提供します。職種としては、プログラマーをはじめとしたIT系や、ライター・イラストレーターといったクリエイティブ系のものが多いようです。

関連記事:フリーランスとは?イチから始めるための基礎知識

個人事業主

個人事業主とは、税務上の区分の1つです。法人を設立することなく、独立した個人として事業を運営している人を指します(ただし、従業員を雇用することや家族経営を行うことは可能)。

前項で説明したフリーランスには、個人事業主としてビジネス展開をする人もいれば、会社を設立する人もいます。フリーランスという大きな括りの中に個人事業主が含まれており、その中でも法人成りしている人以外が個人事業主とされているのです。

関連記事:個人事業主とは

自営業主

自営業主は、個人経営によって事業を展開している人のこと。つまり、個人事業主とほぼ同義であると言えます。

各種店舗経営者や開業医、弁護士など、自営業の業種はさまざまです。また、内職や副業が自営業に含まれるケースもあります。

関連記事:フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.