あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

ワークライフバランス実現のためにやるべきこと
フリーランスのワークライフバランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスという働き方は、個人の裁量が大きく自由度が比較的高い働き方です。そのため、企業に勤める場合に比べ、ワークライフバランスは保ちやすいといえます。しかし、フリーランスでも適切なワークライフバランスを実現することに苦労する場合はあります。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスとワークライフバランスの実現
ワークライフバランスを実現するポイント

フリーランスとワークライフバランスの実現

そもそもワークライフバランスとは、一人ひとりがやりがいを持って仕事に携わりながら、家族や友人との充実した時間も確保できる状態のことをいいます。

フリーランスは個人の裁量で案件を請け負うことができるので、業務を詰め込みすぎてしまうこともあり得ます。それによりワークライフバランスが崩れてしまうことがあるのです。

関連記事:フリーランスにおける働き方改革の影響

自分に合う案件を提案してもらう

ワークライフバランスを実現するポイント

ワークライフバランスを実現させるには、働く時間を決めることが大切です。働く時間を決めることにより、生活にメリハリが出て業務に集中することができます。また1日の働く時間だけでなく、休日も決めるなどの工夫もできます。

フリーランスは働いた分だけ収入になるため、ついつい仕事を詰め込みがちになってしまう傾向もあります。それを防ぐためにも事前に休日を決め、その日は仕事を入れないようにする必要があるのです。休日の日数などは、自身の作業スピードや確保できる作業時間を把握し、目標としている金額の収入が得られるよう調節すると良いでしょう。

また一定期間おきにスケジュールを見直して調整することも大切です。フリーランスは急に業務が増えたり長引いたりすることがあります。それにより、働く日や時間を決めていてもその通りに行動できないことがあるのです。そこで、仕事が続いたら休日を挟むなど、数日おきに調整することでワークライフバランスを実現できるでしょう。

関連記事:フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.