PHPカンファレンス特別企画!PHPエンジニアが選ぶ、好きなPHPフレームワーク
PHPer295人が回答!好きなPHPフレームワーク対決結果&来場者コメントまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

 

2016年11月3日(木・祝)に開催された「PHPカンファレンス2016(#phpcon2016)」内で、レバテックは来場者に好きなPHPフレームワークを選んでもらう「PHPフレームワーク対決」を実施しました!

結果はすでにTwitter(@levtech_inc)で発表しましたが、大きな反響いただいたのでこの記事では結果と併せて投票者の声をまとめました。各フレームワークの好きなところ・嫌いなところなどPHPerのリアルな声が寄せられていますので、今後のフレームワーク選びの参考にしてみてください!

◆調査概要
調査方法:アンケート調査
調査対象:2016年11月3日(木・祝)に開催された「PHPカンファレンス2016」の来場者295人

 

PHP案件を提案してもらう

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

 

目次

 第1位 CakePHP 72票
 第2位 Laravel 65票
 第3位 FuelPHP 41票
 第4位 Symfony 33票
 第5位 CodeIgniter 26票
 第6位 phalcon 16票
 第7位 Zend Framework 13票
 その他 29票

 

第1位 CakePHP 72票

CakePHPの好きなところ

・一番簡単に導入できるところ。コーディングが割と簡潔。
・日本語のレファレンスが豊富。
・CakePHPは多くの企業で導入済みであることが多い。
・Laravelは1人の天才が作り上げたフレームワークで、CakePHPはたくさんの有志の皆で創り上げたフレームワークという印象。Laravelの場合、その天才しか仕様を理解していない為、その人がいなくなると衰退しそう。
・PHPフレームワークの中では最も手早くWebアプリケーションを作ることができる。良くも悪くもRailsをPHPで再現した感じ。

CakePHPの嫌いなところ

・制約が多く、回りくどい書き方になってしまう。
・処理速度が遅い。
・2系の場合、CakePHPの規約がPSRに則っていないため、コードが綺麗じゃない。
・2系を使っての印象だが、Modelが仕事をしていない場合が多い。


好きなPHPフレームワークの第1位はCakePHPでした!
他のFWと比べて習得が容易であること、実際に多くの開発現場で用いられていることなどを理由に挙げる方が多かったです。
CakePHPは2系と3系で大きく仕様に変更があったことから「2系と3系を分けて集計したら結果が変わっていたのでは」といった声もありました。2系を使っていて苦労された方からは「昔、2系を使っていて痛い目に合ったから、どうしても好きなフレームワークに選ぶことができない」といったトラウマを抱えている方も中にはいらっしゃいました。

PHP案件を提案してもらう

第2位 Laravel 65票

Laravelの好きなところ

・Symfonyのライブラリで動かすことができるので楽。
・必要なものを組み込むので初期設定は難しいし、人によって書き方が異なる場合あるけど、処理速度が早い!
・サポート機能が充実している。
・Symfonyから機能を削ぎ落とした感じ。フレームワークの重さと堅牢さの良いとこ取りが出来ていて、バランスが良い。
・カスタマイズ性が高い

Laravelの嫌いなところ

・ファサード機能を使いまくるとコードの綺麗さがなくなるため、現場によってはファサード使用禁止になっている場合がある。


1位と接戦の末、惜しくも2位となったのはLaravelでした。「Laravelってこんなに人気があったんだ!」と驚きの声を上げる方が多かったのが印象的でした!

PHP案件を提案してもらう

第3位 FuelPHP 41票

FuelPHPの好きなところ

・CodeIgniterを参考にされてつくられたフレームワーク。規約よりも設計という思想でつくられているため、開発しやすい。
・Codeigniterで物足りなかった部分を補ってくれている。
・日本語のマニュアル対応が完了している。
・元々現場にあって、Fuel以外使ったことがない。

FuelPHPの嫌いなところ

・前のバージョンの方が良かった。
・PHP7に対応していない。


第3位はFuelPHP。若手エンジニアの中には、「FuelPHP以外のフレームワークを知らない」という理由から選ばれる方がちらほらいました。
 

PHP案件を提案してもらう

 

第4位 Symfony 33票

Symfonyの好きなところ

・古きよきフレームワークで、導入率世界No,1。構造がしっかりしている。
・コンポーネントが優秀。Symfony より後に出来たフレームワークが多いので、Symfonyは一部を切り取って使用できることも知っておくと便利。
・コードが綺麗。責任の分割が綺麗。
・今の現場でもSymfonyを使っているし、大規模開発ならSymfonyを使うイメージ。
・ゆるふわと言われるPHPだけど、Symfonyで組むとかっちりと作れる印象。

Symfonyの嫌いなところ

・機能が多すぎて覚えられない。ここまでしっかり作り込むなら、もはやPHPである必要がない気がしてくる。


Symfonyを選んだ方の中には、Laravelと悩んでいる人が多かったです。他のフレームワークも触っている方が多く、「色々使っては見たけれど、一周回ってSymfonyが1番好きだと気づいた」という方が複数名いました。

PHP案件を提案してもらう

第5位 CodeIgniter 26票

CodeIgniterの好きなところ

・勉強しやすく、自由度が高い。
・処理族度が早いからソシャゲ開発で多用される
・処理速度が速い


CodeIgniter に対するマイナスコメントは上がりませんでした。ソーシャルバブル時に多く使われたイメージを持っている方が多く、CodeIgniterは実務ではなくプライベートで触ってみている、といった方も複数いらっしゃいました。

PHP案件を提案してもらう

第6位 phalcon 16票

phalconの好きなところ

・C言語の拡張であるため、処理が軽い。

phalconの嫌いなところ

・書くコードが多く、導入しづらい。
・バグが多い。PHP7への対応が遅れているので、今後の動きに期待している。

PHP案件を提案してもらう

第7位 Zend Framework 13票

Zend Frameworkの好きなところ

・PHPエンジンのZend社が作っているフレームワークなので、信頼性が高い。

Zend Frameworkの嫌いなところ

・自由度が高すぎて、オレオレフレームワークになりやすい。1系を使った印象だと、同じZendでも現場によって全くソースが違っている場合がある。
・処理が遅い。


CakePHPと同様、多くの企業で導入されているZend Framework しかし、コードが属人的になりやすいことを懸念して、別のフレームワークに投票する方が多い印象を受けました。

PHP案件を提案してもらう

その他 29票

・SlimやYiiを選択肢に入れてほしかった
・いろんなフレームワークを触ってみた結果、結局ベタ書きや独自フレームワークに落ち着いてしまった。
・BEAR.Sundayが最高!


今回の調査では、以上のような結果となりました。
各フレームワークのメリット・デメリットについてはさまざまな意見があり、自分の好きなフレームワークについて熱く語ってくださる来場者の姿が印象的でした。

新しいフレームワークに触ってみようと考えている方は、今回の結果を参考にしてみてください。
 


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランスエンジニア(IT個人事業主)専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスエンジニアへの転向に興味をお持ちの方は、フリーランスor会社員の働き方のメリット・デメリットを比較した下記の記事も併せてご覧ください。

関連記事 : フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

PHP案件を提案してもらう

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。
 

PHP案件を提案してもらう

 

 

■求人・案件をお探しの方へ
PHPの求人・案件
業務委託の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?