フリーランスならではの悩みを解決できる?
インフラエンジニアがエージェントを利用するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

エージェントを活用することで、業務の選択肢を増やしたり相談しながら案件を受注できたりします。フリーランスのインフラエンジニアとして活躍の場を広げたい方は、エージェントの利用を検討してみると良いでしょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 案件の選択肢を増やせるのがメリット
2. キャリアプランや希望の条件を事前に考えましょう

1. 案件の選択肢を増やせるのがメリット

フリーランスがエージェントを利用するメリットの例として、以下の3つが挙げられます。

相談しながら案件を受注できる

エージェントの利用によって、スキルに合う案件を提案してもらったり、参画中に業務の相談をしたりすることが可能です。本来は自身で営業活動を行うフリーランスにとって、サポートを受けながら業務に携われることはメリットといえるでしょう。

業務の選択肢を増やせる

継続的に案件を得るためには、クライアントとの信頼関係が必要です。エージェントを通してスキル・経験をアピールすることにより、一人の営業活動では難しかった案件に携われる可能性があります。

継続的に案件を得られる

契約更新の代行や案件の提案を行うエージェントを利用すると、安定して業務に携われる可能性が高まります。空白期間ができる不安を減らせることは、メリットの1つといえるでしょう。

エージェントを利用するメリットは、上記のようになります。フリーランスのインフラエンジニアとして活躍の場を広げたい方は、エージェントの利用を選択肢の1つに入れると良いでしょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. キャリアプランや希望の条件を事前に考えましょう

フリーランスでエージェントの利用を考えている方は、以下の注意点を事前に把握しておきましょう。

キャリアプランを事前に考える

目標を明確にし、達成のためにどのようなスキル、経験が必要となるか考えましょう。キャリアプランを事前に考えておくと、受注する案件の基準が明らかになり、参画中も目的意識を持って業務を進められるでしょう。

希望の条件を明確にする

フリーランスは会社員と比較して自由度が高く、案件によって報酬、業務内容も変わります。ご自身で受注の条件を事前に考えておくと、契約後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

上記がエージェントを利用する際の注意点になります。ご自身のスキルや経験を活かして希望の案件に携われるよう、エージェントのメリットや活用する際のポイントを事前に確認しておきましょう。

なお、「エージェントのメリットについて詳しく聞きたい」「自分のスキルでどのような案件があるか知りたい」という方は、レバテックフリーランスにご相談ください。レバテックフリーランスは、エンジニアやデザイナーの方を対象に、案件のご案内や参画中のサポートを行うサービスです。

当サービスは、案件情報の提供のほか、企業への条件面の交渉や契約更新業務も代行。参画中は定期的に状況のヒアリングを行い、担当のフォロワーが業務に関する不安を解消いたします。
レバテックフリーランスは無料の個別相談会も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

個別相談会について詳しく見る

また直接ご来社いただく以外にも、フリーランスになった場合の単価相場や案件数がメールでわかるサービス(案件提案メール)も実施しております。こちらも併せてご検討ください。

案件提案メールについて詳しく見る

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?