あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

正確に確定申告したいときに手元にあると安心な書類
支払調書の発行は義務か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

法定調書の1つである、支払調書。クライアントに発行義務があると思われがちですが、実際は発行義務はありません。クライアントから支払調書が送られてきた際は、確定申告の参考資料として活用することもあります。

フリーランスの税務について相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

支払調書の基礎知識
確定申告における支払調書

支払調書の基礎知識

源泉徴収票とどう違うのか分からない、と言う人が多く見られるのが支払調書です。どちらも法定調書の一つです。

支払調書には「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」や「不動産の使用料等の支払調書」、「不動産等の譲受けの対価の支払調書」と言ったさまざまなものがあります。ここでは、フリーランスや個人事業主が関わるケースがある「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」について見てみましょう。

支払調書とはそもそも、クライアントが源泉徴収税をいくら収めたのか、自分が報酬をいくらもらったのかが記されている書類です。原則として法定調書は1月末までに作成することになっているため、支払調書が送られてくる場合、1月ごろに届くケースが多い傾向にあります。

支払調書は必ずしも提出する必要があるわけではなく、ある一定の条件を超えてしまった場合に提出する必要が出てきます。

ここで知っておきたいのが、支払調書を提出するのはフリーランスや個人事業主ではなく、クライアント側ということ。そのため、フリーランスや個人事業主は、支払調書を使用して何かしなければいけないという事態になることはないといえます。

関連記事:支払調書とは?確定申告に必要?疑問にお答えします

フリーランスの税務について相談する

確定申告における支払調書

確定申告の際には、源泉徴収票と同じで支払調書を一緒に提出する義務があると思われがちですが、手元に支払調書がなくても確定申告はできます。

支払調書は、確定申告を安心して、かつ正確に行いたい場合に手元に置いておきたい書類だといえます。

関連記事:源泉徴収票(支払調書)は発行義務がない?フリーランスが知っておきたい源泉徴収の仕組みについて

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの税務について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.