あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

○○保険は全額が社会保険控除の対象になる
フリーランスが経費にできる保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスは、諸費用を経費として計上することができますが、保険料を直接経費にすることはできません。ただし、健康保険料を「社会保険控除」として所得から差し引くことは可能です。健康保険をはじめ、フリーランスと保険の関係についてご説明します。

フリーランスの経費について相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

健康保険は経費として控除が可能
フリーランスは保険に入るべきか

健康保険は経費として控除が可能

フリーランスは、業務に必要な雑費や事務所の家賃といった諸費用を経費として計上し、課税の対象外とすることができます。それでは、保険料に関してはどうでしょうか。
まず健康保険ですが、フリーランスの健康保険で代表的なものとして国民健康保険があります。また芸術や文学など、業種によって個別の健康保険組合が存在する場合もあります。フリーランスの健康保険料は経費とはなりませんが、「社会保険料控除」の名目で所得から全額控除が可能となっています。
次に生命保険料について、個人事業主の場合は生命保険料も経費には入りませんが、生命保険控除の対象とすることができます。ただし、会社を経営している代表者であれば生命保険料が経費として認られます。

関連記事:フリーランスが支払う保険料は経費になるか

フリーランスの経費について相談する

フリーランスは保険に入るべきか

フリーランスは自由なスタイルで仕事ができる反面、不測の事態をカバーしてくれる保障が薄いという側面があります。加入が義務付けられている国民健康保険、国民年金のほかに、任意保険である医療保険や傷害保険、また国民年金基金などに加入しておくことが望ましいといえます。保険料は少なからず費用がかかるので、節税対策を取り入れながら万が一の事態に備えておくようにしておきましょう。

関連記事 : フリーランスが支払う保険料は経費になるか

※本記事は平成29年11月時点の情報を基に執筆しております

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

 

フリーランスの経費について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.