期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

収入から差し引くものには何がある?
フリーランスSEの手取りの仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして働くSEは、自分の収入から経費、保険料、税金を差し引くことによって手取りが決まります。業務に関係のある領収書はしっかり保管し、経費として申告しましょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 手取りを下げないためにも正しい経費の申告
2. 支払わなければならない保険料と税金とは
3. フリーランスが加入する制度、保険の例

1. 手取りを下げないためにも正しい経費の申告

フリーランスのSEが手取りを計算するためには、収入から経費、保険料、税金を差し引く必要があります。経費とは業務を行う際に必要なお金のことです。例えば交通費や通信費、消耗品費などが挙げられます。

正しく経費を申告できないと、本来なら納めなくても良かった税金まで納めなければならなくなる可能性があるのです。損をしないためにも、業務に関係するものの領収書やレシートはしっかりと管理し、経費として申告するようにしましょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 支払わなければならない保険料と税金とは

フリーランスとして働くSEが手取りを計算するためには、収入から保険料と税金を差し引く必要があります。フリーランスとして働くようになると、会社勤めの際は会社が行っていた保険料や税金の処理を自分で行う必要があります。

まずは本項でどのような保険料、税金があるのか説明します。

社会保険

国民年金保険料、国民健康保険料、介護保険料の3つがあります。

国民年金保険料

20歳以上60歳未満のすべての国民が支払わなければならない保険料です。毎年4月の上旬頃に日本年金機構から1年分の納付書が届きます。

国民健康保険料

自治体によっては国民健康保険税としているところもあります。6月頃に自治体から納付書が届き、保険料は自治体によって異なります。

介護保険料

40歳以上のすべての国民が支払わなければならない保険料です。

40歳以上65歳未満は国民健康保険料に含まれる形となっており、65歳以上は国民健康保険料とは別で支払う必要があります。

税金

フリーランスが納めなければならない税金は、所得税、住民税、個人事業税、消費税の4つです。

所得税

個人が1年間で稼いだ収入から経費や所得控除などを差し引き、その所得に対して課せられる税金です。確定申告を行う必要があります。

住民税

住民税とは、都道府県民税と市町村民税(東京23区の場合は特別区民税)のことです。
6月の上旬から中旬ごろに自治体からの納付通知書が届きます。

納期は年に4期あり、納める月は自治体によって異なります。

個人事業税

法律で定められた70の業種に従事している個人事業主が都道府県に対して納めなければならない税金です。都道府県から8月頃に納税通知書が届き、8月と11月にそれぞれ納税額の半分ずつ納めます。

控除額が290万円あるため、所得が290万円以下の場合は非課税です。

消費税

2年前の年間売上高が1000万円を超えた場合に納めなければならない税金です。所得税と同様に自分で計算し確定申告を行う必要があります。

3. フリーランスが加入する制度、保険の例

フリーランスは正社員と違い、退職金や厚生年金、労災保険などがないため、もしもの際に備えて自分で何らかの制度や保険に加入することをおすすめします。

中には所得控除が受けられるものもあるため、上手に活用すれば大幅に手取りを下げてしまう心配はないでしょう。

制度

所得控除がある制度として小規模企業共済と確定拠出年金個人型401k(DC)があります。

小規模企業共済

個人事業主であるフリーランスをはじめとした経営者向けに、退職後の生活資金として積立ができる制度です。掛金は月額1000円から7万円までとなっており、全額が控除されます。

確定拠出年金制度(個人型)

フリーランスや専業主婦などが加入できる年金制度です。フリーランスの場合、掛金の限度額は月額68,000円となっており、全額が控除されます。

※本記事は平成29年11月時点の情報を基に執筆しております

【フリーランスSEの年収に興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーのプログラマー・SE(システムエンジニア)で年収800万円以上稼ぐための16のヒント

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?