あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

知っておきたいポイントは4つ
円満退社とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

円満退社とは、一般的にスムーズに引き継ぎを済ませ、上司や同僚とのトラブルもなく会社を辞めることをいいます。当記事では円満退社のためのポイントを4つご紹介するので、参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

円満退社のポイント
退職願とは

円満退社のポイント

円満退社とは、上司や同僚の理解を得て、円滑に引き継ぎを済ませ会社を辞めることです。
気持ちよく新しい一歩を踏み出すためにも、誠心誠意対応し相手の理解を得ることが大切です。

円満退社のためのポイント4つ

エンジニアに限らず、円満に退社するためには交渉する際に押さえておくべき4つのポイントがあります。

まずは直属の上司に退社の意思を伝える

円満に退社したい場合は、まずは直属の上司に退社の旨を伝えるのが一般的だと言われています。

同僚など、直属の上司以外に先に伝えてしまうと、実情と異なる形で上司の耳に入る場合があり、無用なトラブルを招く可能性もあります。

リスクを避けるためにも、まずは直属の上司に退社の意志を伝えるようにしましょう。

職場での不満をそのまま退職理由として伝えない

職場での不満がある場合でも、それをそのまま退社理由にすることはあまりおすすめしません。それによってトラブルが発生してしまうことがあるからです。

退社理由は、挑戦したいことができた、知人が立ち上げた会社の手伝い、自身や家族の体調不良など、個人的な事情もしくはやむを得ない事情を提示できると良いでしょう。

会社と相談して退社日を決め、就業規則に従って退職届を提出する

民法では、退社の意思を伝えてから2週間で退社できるようになっています。しかし、円満に退社するためには早い段階から引き継ぎを始めることが大切です。理想としては2ヶ月前に退社の意思を伝えた方が良いでしょう。

また、会社によっては退社の申し出について独自の規則を設けている場合があります。就業規則を確認し、それに則って進めるのがベターです。

関連記事:会社の退職手続きについて

フリーランスになれるか相談する

退職願とは

退職願とは、会社側に退社の意思を伝えるために提出する書類のことをいいます。提出したら撤回できない退職届とは違い、退職願は願い出ているだけのため正式に受理されるまで撤回することができます。

退職願を提出するタイミングとしては、直属の上司に退社の意志を伝えた後、目安として1ヶ月前が良いでしょう。

退職願の書き方

便箋は白地で縦書きのものを用意し、黒インクの万年筆もしくはサインペンで書きます。1行目の中央に「退職願」、2行目は空け、3行目の一番下に「私事」または「私議」と記入します。

4行目から内容を書き始めるのですが、退社理由は「一身上の都合」とするようにしましょう。その後1行空け、退職届を提出する日付を記入し、次の行に所属部署の名前、自身の名前、捺印です。

最後に宛名として会社の名前と最高責任者の名前を記入します。

上記の退職願の書き方は一般的に言われているものです。会社によっては規則として決められている場合があるため、会社の規定を確認し、それに従うようにしてください。

関連記事:退職願の提出

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.