理想の自分像を叶えるために!
なりたい自分を実現するためのマインドや方法の参考記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

今の自分に満足することなく、さらなる成長を目指している人は、「将来はこうなりたい」という理想を持っていると思います。しかし、中には、理想と現実とのギャップに悩み、迷走中の方もいることでしょう。ここでは、そんな状態から脱出するヒントになる記事を紹介します。
 

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. なりたい自分を目指すために!まず最初にやるべきこととは?
2. なりたい自分に手っ取り早くなる方法
3. 自己実現の意味なんてわからなくてもいい!自分らしく生きる!
4. 「できたことノート」で、できる自分を受け入れよう
5. 強みを見つけるには、諦めが肝心?
6. 話が上手い人の特徴。話し上手になる為に実践したいこと。

1. なりたい自分を目指すために!まず最初にやるべきこととは?

『大草原の小さなヤギー』を運営しているヤギーさんは、幼少期から人と話すのが苦手だった一人。
彼はそんな自分を変えるべく、20代前半で営業の世界に飛び込み、コミュニケーションの悩みを克服しています。
そのため、ブログ内には、同じような悩みを持つ方に向けての、コミュニケーション・メンタル・運動の3つのテーマに関する情報が盛りだくさん。
なりたい自分になる方法や理想的な生き方を実現するアドバイスも詰まっています。

たとえば、《なりたい自分を目指すために!まず最初にやるべきこととは?》という記事には、理想とする自分像を叶えるために最初にやるべきことが書かれていました。
ヤギーさんによると、なりたい自分に近づくためには、まず「なりたい自分になりきること」が大事なのだとか。
そして、その実践方法と理由を、"とんこつラーメン専門店一蘭"の代表取締役社長の吉富学さんがHPで語っていたアルバイト時代の体験談を交えながら解説してくれています。

ちなみに、ヤギーさん曰く、「なりたい自分になりきる」ためには、目標の人物を決めて、しぐさや言動などを少しずつマネすることが重要なのだそうです。
自分の進むべき道がハッキリしない人は、最初のステップとして理想の人の価値観や行動パターンを取り入れてみるといいかもしれませんね。
さらに記事の後半では、自分がやるべきことを視覚化するおすすめの方法も紹介されているので、こちらも参考にしてみるといいでしょう。

【参照元】https://yagee-meister.com/wanna-be-oneself

 

2. なりたい自分に手っ取り早くなる方法

「こうなりたい!」という理想像を掲げて努力している人は多いと思います。
しかし、何をやっても自分のイメージする「なりたい姿」に近づいている実感が得られない場合は、こちらの記事《なりたい自分に手っ取り早くなる方法》を読んでみてください。

『城下町ブログ』に、マインド系の記事やビジネス書の要約などを綴っているkawaharaさんによると、脳は過去の経験や心に強く残るく言葉を現実化しようとする性質があるのだとか。
そのため、自分が目指す人物像や目標達成に関連する言葉を繰り返し発するようにすれば、セルフイメージを鍛えて、理想の自分像の実現につなげられると語っています。

この方法は、短期間で効果が現れるものではありませんが、誰でもすぐにはじめられる点が大きな魅力です。
しかも、一流アスリートも実践している方法なので、日々の習慣に取り入れてみると良いかもしれませんよ。

なりたい自分のイメージを言葉にすることで気持ちがポジティブになれば、自然と行動にも変化が現れるそうなので、思わぬかたちで効果を感じられるときがくるでしょう。

【参照元】https://jyoukamachi-f.com/how-to-be-yourself/

 

3. 自己実現の意味なんてわからなくてもいい!自分らしく生きる!

『キラクニ life ハピネス』は、悩みと向き合う方法や癒し、ライフスタイルといった多彩な分野の記事を掲載しているブログで、読者に福を届けられるようにと、茶柱さんが心を込めて運営しています。
「最近幸せを感じられない」「生きづらさを感じてしまう…」という方は、茶柱さんの記事を読むことで、気持ちがふんわりと和らぐかもしれませんよ。

ここで取り上げるこちらの記事、《自己実現って?意味なんてわからなくてもいい!自分らしく生きる!》もその一つで、自己実現のためのヒントが綴られていました。

フリーランスの場合、自分のしたいことをして、社会貢献につなげる自己現実を目指す人は多いと思います。
しかし、具体的な目標やプランを立てようとすると、簡単にいかないこともあるでしょう。
そんなとき、茶柱さんは、本当の自分と向き合うことからはじめたり、自分が楽しかったり、幸せだと思えたりすることを実践することが大切だといいます。

一見、遠回りのようにも感じますが、これらのことは、自分の個性を客観的に見る視点を培うのに役立つのだとか。
そして、焦らず個々のペースで、自分らしさを打ち出していけば、自己実現への一歩になるそうです。
こちらの記事は、一つひとつが心に問いかけてくるような文章で綴られているので、自己実現に迷走中の場合は、心に響くことでしょう。

【参照元】https://kirakuni-life55.com/jikojitsugen-siawase/

 

4. 「できたことノート」で、できる自分を受け入れよう

好きな場所で好きな仕事ができる暮らしを目指して、移住者目線でシェアハウスやコワーキングスペース、民泊の運営などを行っている熊澤まいこさんのブログ『Find myself.』の中には、自分の本音や成長を可視化し、目標に近づくためのヒントが書かれた《「できたことノート」で、できる自分を受け入れよう》という記事が掲載されていました。

この記事で語られている"できたことノート"とは、毎日、その日のうちにできたことを書きとめるツールのことで、ありのままの自分を受け入れ、自己肯定感を高めるのにおすすめだと熊澤さんはいいます。
また、週に一度内容を振り返り、「なぜそれができたのか?」と自問することで、自分ならではの成功のマニュアルやマインドを手にすることができるとのこと。
実際、熊澤さんは、この"できたことノート"への記録を一年間実践したことで、以下のようなメリットを感じたそうです。

・上手くいったときの理由がわかるようになった
・成功のコツが蓄積されていった
・パフォーマンスが安定するようになった
・失敗したときに落ち込みにくくなった
・良い結果を導く仮説を立て、それを実行できると、自分を誇らしく思えるようになった

「目標があるのに、それに近づけているのか不安になる」「自分に自身が持てない」etc…。
そんな方は、ぜひ"できたことノート"をつけて、まずは「できる自分」を受け入れることからはじめてみてはいかがでしょう?

書き方のポイントやノートの内容を振り返る内省方法についても上記の記事で詳しく触れられているので、ぜひ参考にしてくださいね!

【参照元】https://findmyself.site/dekitakotonote

 

5. 強みを見つけるには、諦めが肝心?

望み通りの人生を生きるためには、自分の強みをハッキリさせることが大切です。
強みを上手く活かすことができれば、人材として重宝され、自然と活躍の幅も広がっていきます。

とはいえ、中には「自分の強みがわからない」と感じている方もいるでしょう。
そんな方は、こちらの《【自分の強みが分からないあなたへ】強みを見つけるには、諦めが肝心?》という記事を読んでみてください。
筆者のコバヤシヨシトモさんが、自分の強みを見つけるノウハウを教えてくれますよ。

この記事によると、自分の強みを見つけるときには、以下の3つがポイントになるそうです。

・挑戦→行動→失敗を繰り返す
・上手くいったら続ける。失敗し続けるなら素直に諦める
・自分の「好き」「嫌い」「得意」「苦手」を具体的に理解する

これらを心がけたうえで、嫌いなものや苦手なものを手放していくと、おのずと強みが見えてくるのだとか。
そして、「挑戦したいことはやってみる」というスタンスがいかに大切なのかもわかります。

また、記事の中には、強みを見つけるために必要な5つの行動もまとめられていました。
挑戦したいことを考え、やりたいことを周囲に発言して、行動や作業に移して…という一連の流れと共に、それを実践するときのコツや意識しておきたいことも記されているので、とても読み応えがありますよ。

さらに、コバヤシさんが運営するブログ『life of.』には、より良く生きるヒントや働き方に言及した記事もエントリーしています。
今の自分に合ったテーマの記事も併せてチェックしておくと、多くの気付きを得られるのではないでしょうか。

【参照元】https://life-of.net/2018/07/02/jibun_tuyomi_wakaranai/

 

6. 話が上手い人の特徴。話し上手になる為に実践したいこと。

『会話ーcommunication』は、サヤ猫さんが運営するブログです。
サヤ猫さんは以前、人間関係で悩んだ経験があり、ブログにはそれを克服したときのことを基に、良好な関係を築く方法や苦手を克服する方法、相手に好印象を与える話し方などのハウツーを紹介しています。
今回はその中から、《話が上手い人の特徴。話し上手になる為に実践したいこと。》という記事に注目してみました。

実生活であなたの周辺には、話が上手い人が1人はいると思います。
そんな人は、話の運び方が上手で、思わず耳を傾けてしまうようなトークをするので、周囲からも好感を持たれていることでしょう。
サヤ猫さん曰く、そんな話が上手い人には以下の4つのような特徴があり、それをマネすることで誰でも話上手になれるとのこと。

・伝えたいことが明確かつ簡潔である
・相手に話の内容をわかりやすくイメージさせることができる
・相手ごとに話し方を変える
・表情やジェスチャーが豊かで、話し方に抑揚がある

たとえば、相手に明確かつ簡潔に物事を伝えたい場合は、5W1Hを意識して会話に取り入れ、それを習慣化することで相手に伝わりやすいコミュニケーションが図れるといいます。
他の3つの特徴についても記事の中で詳しく解説されているので、会話のスキルを磨きたい方は一読してみてはいかがでしょう。

また、記事の後半には、話題の引き出しや表現力を上げるために実践したいことについても触れられているので、こちらもお見逃しなく!

【参照元】https://interaction-2.com/2019/05/29/a-good-talker/


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランス専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスへの転向をお考えの方は、下記の記事も併せてご覧ください。フリーランスとは?といった基本から、フリーランスになるために必要な手続きや会社員のうちにやっておきたいことなど、フリーランスの仕事に興味のお持ちの方に役立つ情報をお伝えしています。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?