自由だからこそ悩みがちな服装選びのポイントとは?
洋服選びの参考に!フリーランスのファッション事情まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

時間や場所に捕らわれない働き方ができるフリーランスは服装も自由です。しかし、だからこそ何を着たらいいのか悩むこともしばしば…。実は、フリーランスの中にもファッションに対する意見はさまざまなので、ここでは何人かの服装についての考えを覗いてみましょう!
 

自分に合う案件を提案してもらう

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 服装は収入に影響!ユニクロで清潔感を出すコーデのポイント
2. デザイナーらしい服装とは
3. フリーランスの面接ってどんな服やメイクで行ったらいいの!?
4. 「私服の制服化」のメリットは?フリーランスにオススメ
5. 在宅勤務の仕事服を考える
6. 服を断捨離できてクローゼットも心もスッキリ!

1. 服装は収入に影響!ユニクロで清潔感を出すコーデのポイント

「フリーランスは服装で仕事を失うこともある」
自身の経験談からそう語るのは「ファッションが苦手だ」という、ゆっきーさん。
彼女はフリーランスとして働き出した頃、服装を重要視しておらず、適当な服で仕事をしていたため、ビジネスで何度も痛い目に遭ったそうです。

そのため、ゆっきーさんは、フリーランスは服装を整えることも仕事のうちだと考えるようになり、《フリーランスの服装は収入に影響します!ユニクロの服で清潔感を出すコーデのポイント》という記事で、服装をきちんとしていなかったときに起こる支障と、おすすめのコーディネートについて言及。

女性フリーランスの服装が適当だと、相場より低い額で発注しようとしてくる人がいたり、仕事の話で呼び出されたのに、「仕事の話しは一切なかった」といったことがあったりするそうで、このような事態を避けるためには、服装を整えることは欠かせないと述べています。

ただし、服装を整えるといっても、ガチガチのブランドで固める必要はなく、きちんと感と清潔感を兼ね備えたコーディネートであれば、ファストファッションブランドでも問題ないとのこと。
記事の中には、コーディネートの参考例や意識したいポイントなども書かれているので、女性フリーランスは一読してみてくださいね!

今回紹介した記事は、『ゆっきーのブログ』に掲載されていました。
彼女は、上記の記事以外にも、「明るい未来がイメージできる」をモットーに、「会社に属さない働き方」や「誰かではなく自分に合う幸せ」などに関する記事を発信中です。
ピンチをチャンスに変えるヒントや、ポジティブになれる記事と出会えるので、興味のある方は他の記事にもアクセスしてみてはいかがでしょう。

【参照元】https://serendipitica.com/fashionfreelance/

 

自分に合う案件を提案してもらう

2. デザイナーらしい服装とは

クライアントとプレゼンや打ち合わせをするときには、デザイナーもきちんとした服装で挑む方がいいと語るのは、『HIGH ISO LIFE』の運営者であるあんずさん。
あんずさんは、年下のデザイナーが、プレゼンや打ち合わせにラフな服装で来たことを注意した際、「ラフな服装の方がデザイナーっぽい」という言葉を返されたことに違和感を覚え、《デザイナーらしい服装とは》という記事の中で異議を唱えています。

きちんとした格好をすることはクライアントに敬意を表すための要素となるため、あんずさんは、クライアントありきの職業であるデザイナーにとって打ち合わせ時の服装は大切なポイントだと感じているそうです。
ただし、だからといって型にはまった服装をする必要はなく、自分に合った服を着るのがベストなのだとか。

ちなみに、あんずさんの場合は、プレゼン時にはスーツやタイドアップで臨み、軽い打ち合わせであっても、ジャケットとシャツは着用するといいます。
記事内には、シルエットが美しいシャツについても触れられているので、キレイめで良質なシャツを探すときの参考にしてみてはいかがでしょう。

また、あんずさんのブログには、その他にも、書評やガジェット、生活用品のレビューも満載です。
さらに、フリーランスのデザイナーとして活躍するあんずさんならではの視点で書かれた記事も多数掲載されているので、ぜひアクセスしてみてくださいね!
あなたの仕事に役立つ情報が得られるかもしれませんよ。

【参照元】https://highisolife.info/workinglife/designer-styling/

 

自分に合う案件を提案してもらう

3. フリーランスの面接ってどんな服やメイクで行ったらいいの!?

フリーランスとして働き、仕事を受注する際は、案件獲得のために面接をするケースがあります。
そのため、身なりや態度、話し方などが注目される面接では、好印象を与えたいですよね。

そこで、『Free work room』を運営している愛花さんは、自身が面接に行く際の服装やメイクについて《フリーランスの面接ってどんな服やメイクで行ったらいいの!?》という記事で教えてくれています。

この記事によると、フリーランスの面接は私服が多いため、愛花さんの場合は、シンプルすぎず、派手すぎずを意識し、清楚感のあるチェックのシャツと黒のスキニーパンツでコーディネートすることが多いとのこと。
フリーランスは、「仕事ができそうな人」というイメージが重要であり、自分に合う服装やメイクを選んでいくことがとても大切なのだそうです。

ただし、男性の場合、IT企業ではチェック柄の着用率が非常に高いため、それに合わせてしまうと「自分の意思が弱い人なのかも…」と思われてしまう可能性があるのだとか。
そのため、記事には男性フリーランスにおすすめの服装についても書かれています。

私服での面接に臨む機会が多い方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【参照元】https://freeworkroom.com/free-lance-huku-make/

自分に合う案件を提案してもらう

4. 「私服の制服化」のメリットは?フリーランスにオススメ

場所に捕らわれない生き方や働き方に興味がある人におすすめしたいブログ『居候男子』は、移動生活を実践中の木津歩さんが運営しています。
彼は、「お試し移住で、知らない暮らしに会いにいく」をコンセプトに、月一回の引越しを行っており、移動生活で感じたことやシェアする暮らし、ミニマリズムなど、多彩なジャンルの記事をブログに執筆中。
こちらの記事、《毎日同じ服を着る「私服の制服化」のメリットは?フリーランスにオススメ》もその中の一つです。

働く場所を選ばないフリーランスは、仕事中の服装も自由。
しかし、だからこそ着るものに悩むという声を耳にしますが、木津さんの場合は、ほぼ毎日同じ服装だといいます。
このようなスタイルは"私服の制服化"と呼ばれ、Apple社のスティーブ・ジョブズ氏が採用していたことから注目が集まりました。
スティーブ・ジョブズ氏は、私服を制服化することのメリットとして、洋服を選ぶ時間が省ける点を挙げていますが、木津さんは、その他にも下記のような魅力があると感じているそうです。

・自分を印象づけやすくなる
・毎日を勝負服で過ごせる
・出費が減る

上記の記事には、木津さんがなぜそう感じたのかについても書かれているので、これらのメリットに興味がある方は、ぜひ本文を読んで、私服の制服化を検討してみてはいかがでしょう。

【参照元】https://ayumukizu.com/one-attire

 

自分に合う案件を提案してもらう

5. 在宅勤務の仕事服を考える

『Stay Simple and Rich』は、フリーランスのWebライターとして活躍するモチヅキアヤノさんのブログ。
その中の《在宅勤務の仕事服を考える》という記事には、在宅で仕事をしているモチヅキさんのファッション事情が綴られています。

快適さを重視する在宅ワーカーの中には、パジャマを仕事着にしたいと思う方もいるかもしれませんね。
しかし、実際にモチヅキさんがパジャマで仕事をしてみたところ、意外と不便に感じたのだとか。
なぜなら、以下のようなデメリットを感じたからです。

・気が引き締まらない
・体型の変化に気づきにくくなる
・来客時に着替えなければならない

また、モチヅキさんはこれらのことを踏まえて、家では仕事のしやすさと同時に、家事や運動、軽い外出もできるような服を選ぶことが大切だとも述べており、動きやすく、外出も可能で、室内の寒暖の差にも対応しやすいといった、服選びのポイントもまとめられています。

在宅で仕事をしつつも、ちょっとした外出機会がありそうなときは、ぜひモチヅキさんの提案するワンマイルウェアをファッションの選択肢に加えてみてはいかがでしょう。
用途に応じて着替える必要性がグッと減るかもしれませんよ。

【参照元】https://simple-rich.com/2017/06/09/what-to-wear-when-working-at-home/

 

自分に合う案件を提案してもらう

6. 服を断捨離できてクローゼットも心もスッキリ!

在宅でWeb上の補助業務や軽作業を行う傍ら、ブログでアフィリエイト報酬を得ているもえさんは、洋服好きが災いして、会社員時代は洋服を仕事用とプライベート用で分けていたそうです。
ところが、プチプラブランドを選んでみても出費は二重にかかるうえに、収納のスペースもパンパンになるため、大きなストレスを抱えていたのだとか。
そこで、もえさんは会社を辞め、自宅で仕事をはじめたのを機に、好きな服だけを着ることにしました。

彼女のブログ『ふわにこライフ』の中には、そのことについて書かれた記事《在宅ワークのメリット。服を断捨離できてクローゼットも心もスッキリ!》が掲載されています。

ちなみに、もえさんは、仕事服の断捨離も同時に行ったことで、洋服に関する悩みから開放されたとのこと。
また、お気に入りの服なら、オン・オフ問わずに着回しできるので、「せっかく買ったのに着る機会がなかった…」という無駄もなくなったそうですよ。

素直に着たいと思う服を着ることは、モチベーションアップにもつながるため、仕事着選びに迷ったときは、彼女のように自分の「好き」を優先してみてもいいかもしれませんね。
仕事中も自分らしいオシャレを意識したい方は、ぜひ実践してみてはいいかがでしょう。

【参照元】https://moemeg.com/benefits-of-home-work/

自分に合う案件を提案してもらう


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランス専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスへの転向をお考えの方は、下記の記事も併せてご覧ください。フリーランスとは?といった基本から、フリーランスになるために必要な手続きや会社員のうちにやっておきたいことなど、フリーランスの仕事に興味のお持ちの方に役立つ情報をお伝えしています。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?