あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

まずはコレを見て使い心地を知ろう!
まさにハイテクガジェット!音楽を楽しむための骨伝導イヤホンまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

今回は、今注目が集まっている画期的なガジェット「骨伝導イヤホン」を特集します!ただ、一口に骨伝導イヤホンと言ってもその種類はいくつもあり、デザインやスペックもさまざま。ここでは、アイテムそれぞれの使い心地がわかる実機レビュー記事を集めましたので、ぜひ購入前の参考にしてみてくださいね。

※尚、こちらの記事はPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事になります。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

「音声を聞きながらアウトドアするひと」にオススメ!
骨伝導イヤホン(AfterShokz/TREKZ AIR)
【AfterShokz Xtrainerz レビュー】
骨伝導Bluetooth防水イヤホンKSCAT NICE5
Vocalskull Alien5【デザインや音漏れは?】
Coros-骨伝導スピーカー付きヘルメット

「音声を聞きながらアウトドアするひと」にオススメ!

藤沢篤(ふじさわあつし)さんは、プロブロガーとして活動する傍ら、セミナー講師や書籍執筆、海外バックパッカーなど、さまざまな方面で活躍されています。藤沢さんが運営する『ふじさわブログ』には、ブログ運営のヒント、商品レビュー、体験談といった読み応えある記事がエントリーしているので、ぜひスキマ時間に覗いてみてはいかがでしょうか。

そんな藤沢さんのブログの中にも、骨伝導イヤホンについて書かれた記事があったので紹介したいと思います。
該当の記事がこちらの《骨伝導イヤホン買ったのでレビュー!「音声を聞きながらアウトドアするひと」にオススメ!》

藤沢さんは、中耳炎になったことがきっかけで、骨伝導イヤホンに興味を持ち、"Sumeber 骨伝導ヘッドホン"を購入。
実際に付けてみた感想として、「とても新鮮で不思議な感覚」と語っています。
さらにご友人に試してもらうと、「すごい」「不思議」「おもしろい」などのリアクションが返ってきたそう。
骨伝導はまだ世間に馴染みがないユニークな技術であり、人との会話の良いネタにもなりそうですね。
その一方で、記事中では骨伝導ヘッドホンのデメリットを指摘しています。
静かに音楽を聴ける環境下では、あまり使えるとは言えないようです。

そんな中、藤沢さんが散歩しながら、また自転車に乗りながら骨伝導ヘッドホンでオーディオブックを聞いてみたところ、最高に役に立つことを実感したそう。その経験から、音声を聞きながらアウトドアで活動する人におすすめだとコメントしています。
使い方次第で、役立つアイテムにも不要なアイテムにも成り得ることが窺えます。

骨伝導イヤホンを買うかどうか迷っている方は、こちらの藤沢さんの記事を参考に検討してみるといいでしょう。

【参照元】https://iphonedocomoss.com/2017062311164

 

自分に合う案件を提案してもらう

骨伝導イヤホン(AfterShokz/TREKZ AIR)

Xenon(ゼノン)さんが運営する『近未来スライム記』は、ハードウェア・ソフトウェア・ゲーム・ガジェットに関する有益な情報を発信しているサイト。
PCの周辺機器のレビュー、WordPressのカスタマイズ方法、動画編集など、さまざまなテーマに触れているので、気になる記事を探してみてはいかがでしょう。

数ある記事の中から、ここでは骨伝導イヤホンにフォーカスした《骨伝導イヤホンをレビュー(AfterShokz/TREKZ AIR)》という記事を取り上げたいと思います。
Xenonさんが購入したのは、骨伝導の有名メーカーであるAfterShokz(アフターショック)の骨伝導イヤホン"TREKZ AIR"。
記事中では、デザインや音質、フィット感、音漏れなどを含む項目を7つ設け、それぞれ5段階評価で記載されています。
Xenonさんの5段階評価は全体的に良好で、結果的に「総合的に満足のいく買い物だった」と高く評価していました。
その背景として、以下のような詳しい感想を述べています。

・音漏れは多少あっても気になるほどではない
・十分満足できる音質
・高級感があるデザイン
・イヤホンの存在を感じないほど軽い

こうした所感に加え、骨伝導イヤホンのおすすめの使い方について言及している点も、注目してほしいポイントです。
TREKZ AIRの性能を知りたい方、骨伝導イヤホンの利便性を知りたい方は、上記の内容を一読してみるといいでしょう。

【参照元】https://xenonhyx.com/aftershokz-trekzair/

 

自分に合う案件を提案してもらう

【AfterShokz Xtrainerz レビュー】

「防水性に優れたイヤホンを探している」
という方にぜひ目を通してもらいたい記事がこちら、《【AfterShokz Xtrainerz レビュー】想像以上にクリアな中高音!水中でも使える骨伝導MP3プレイヤーイヤホン!【PR】》です。
記事を執筆したのは、これまでに何百ものイヤホンを使ってきたという猫居こうたさん。
実は、骨伝導イヤホンを使ったのはこのときがはじめてだったそうで、記事ではその装着感や音質などを詳しく紹介してくれています。

まずは、装着感について。
走ってもずれることのない安定感と、心地よいフィット感を得られたとのこと。
「締めつけ感のあるイヤホンは苦手」という方にも、検討していただきやすいアイテムと言えそうです。
音質に関しては、通常モードと水泳モードで大きな差があった様子。
通常モードでは低音の響きが少し物足りなく感じたそうですが、水泳モードだと低音の存在感をしっかりと感じられたと言います。
実際に、その違いを聴き比べてみるのも面白いかも知れませんね。

30分水に浸し続けてもびくともしなかったこちらのイヤホンは、アクアスポーツと音楽を同時に楽しみたい方にとって、心強い相棒となってくれるのではないでしょうか?

ブログ『僕は猫だった』には、この他にもたくさんのイヤホンやヘッドホンが登場します。音楽好きの方はぜひ覗いてみてくださいね。

【参照元】https://www.goodgoodlife.xyz/entry/AfterShokz_Xtrainerz

 

自分に合う案件を提案してもらう

骨伝導Bluetooth防水イヤホンKSCAT NICE5

骨伝導イヤホンの具体的な感想が書かれた内容として注目したのが、こちらの《骨伝導Bluetooth防水イヤホンKSCAT NICE5(DN-914573)を上海問屋で購入したので使用感をレポート》という記事。

筆者のダンカンたけしさん曰く、一般的に1万円以上するイヤホンが多い中、"KSCAT NICE5(DN-914573)"は7000円程度とリーズナブルであり、さらにワイヤレスのBluetoothで使いやすく、防水仕様で汗をかいても心配無用だったのが、購入の大きな決め手となったそうです。
レビューで、イヤホンの使用感については「なかなか快適な使い心地」と書かれていますが、細かい部分で見ると色々と気になる点があったそう。

たとえば、音質の記述では「低音がスカスカになる」と語っており、流していた曲のイントロのベースがほとんど聞こえなかったと言います。
ただその一方で、別の曲のドラムのアタック音はよく聴こえたとのことで、すべての低音が聴き取りにくいという訳ではないようです。
実際に聴いていた曲を例に挙げ、その中で聴き取りやすかった音とそうでない音についても言及されているので、参考にしてみるといいでしょう。
そのほか、操作ボタンの使いやすさや音漏れの具合いなどにも言及されているので、イヤホン本体のイメージをしっかり掴むことができますよ。

こうした骨伝導イヤホンの特徴を踏まえた上で、ダンカンたけしさんは「用途を間違わなければ有益なツール」だと述べています。
骨伝導イヤホンが自分に必要かを見極めたいのなら、一度記事に目を通されることをおすすめします。

ダンカンたけしさんが運営する『Jailbreak』には、音楽レビューを中心に、買った商品の感想なども掲載されています。
音楽の魅力を知りたい方、良質なアイテムの情報を知りたい方は、心惹かれる内容をリサーチしてみてくださいね。

【参照元】https://dankantakeshi.hatenablog.com/entry/2017/05/02/193746

 

自分に合う案件を提案してもらう

Vocalskull Alien5【デザインや音漏れは?】

次世代の音楽アイテムとして、注目を集めているのが骨伝導イヤホン。音楽を流しながら周囲の音をキャッチできるおかげで、スポーツや作業中でも音楽を楽しむことができます。いつでも音楽を聴いていたい人にとって、まさに画期的なアイテムだといえるでしょう。

そんな便利な骨伝導アイテムの一つに、「骨伝導サングラス」があるのをご存知でしょうか?

こちらの《【骨伝導サングラス】Vocalskull Alien5のレビュー【デザインは?音漏れは?】》という記事では、筆者のりゅーさんが骨伝導サングラスの使い心地をレポートしてくれています。

りゅーさんが購入したのは、"Vocalskull Alien5"というブラックのサングラス。
Vocalskull Alien5は、音楽が聞ける以外にも通話機能があり、運動している最中や車の運転中などでも必要なやりとりをすることができます。
どんな時でも手を塞ぐことなく、電話対応ができるのは大きな魅力といえますね。
ちなみに、メガネ屋さんに持っていけば、度入りやブルーライトカット等のレンズに交換してもらえるそうなので、用途に合わせた使い方が可能です。

このように、Vocalskull Alien5はメガネ・音楽・通話の3役をこなす便利なアイテムですが、一方でりゅーさんが気になったのが音漏れの問題。
記事では、実際の音漏れの体験談が語られているので、確認してみるといいでしょう。
そのほか、メガネの重さや音質などについても言及しているので、骨伝導アイテムの購入を検討している方はしっかり一読してみてください。

上記が掲載されている『たれおもブログ』には、決まった場所に定住せず宿泊施設を転々とする"アドレスホッパー"に関する記事、Webライティングのコツなどを綴った記事がエントリーしています。
興味がある方は、こちらも併せて目を通してみてはいかがでしょう。

【参照元】https://watashinoblog.com/life/vocalskull-alien5/

 

自分に合う案件を提案してもらう

Coros-骨伝導スピーカー付きヘルメット

『otono sakana』は、音楽活動を経て音楽関係のジャーナリストとして活動中の鈴木りゅうたさんが運営する音楽情報サイト。ミュージシャンのインタビュー記事、ライブレポート、気になる音楽の動きなど、奥深い音楽の世界が綴られているので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょう。

さて、そのブログを執筆している鈴木さんは、自転車が趣味とのこと。自転車に乗る時には、「骨伝導スピーカー付きヘルメット」を装着して走っているそうです。
そのヘルメットは海外の"COROS Wearables"という会社が開発しており、クラウドファウンディングで資金調達をして商品化されたもの。
首に装着するベルト部分に骨伝導スピーカーが付いており、頬骨にあたるよう設計されています。

ヘルメットは、専用のスマホアプリと連携して、英語で走った距離や走行時間を教えてくれるだけでなく、地図機能と連動してナビとしても活用できるのだそう。
もちろん、音楽を聴くことも可能であり、頻繁に自転車で遠方に出かける人にとっては非常に役立つアイテムだと言えそうです。
ただ、ヘルメットが縦長の形状になっており、ヨーロッパ仕様に感じる部分があるそうですが、鈴木さんは一切問題を感じていないと語っています。

機能や使い心地の詳細については、《Coros-骨伝導スピーカー付きヘルメット》の記事でまとめられているので、気になった方はぜひアクセスしてみてください。

【参照元】https://otonosakana.com/coros-helmet/

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.