自分の価値観や優先事項を考慮した上で在宅ワークを選ぼう
在宅で働ける職業とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

自分の好きな時間に働くことができ、通勤の手間も省ける在宅ワーク。パソコンとインターネット環境を利用して取り組む案件が多いのが特色です。自由度が高くプライベートを大事にできる働き方であるため、憧れを抱く人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、在宅ワークと相性の良い職業や、案件の探し方について解説します。自宅でも作業可能な職業を知りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

目次

1. 在宅で働くことについて
2. 在宅で働くことができる職業例
3. 在宅ワークの探し方

1. 在宅で働くことについて

まずは、在宅ワークの種類と注意点を確認しておきましょう。

在宅ワークの種類

在宅ワークには、大きく分けて2つの形態があります。

1つは、企業や団体に所属せず、情報通信技術を用いて自宅で働くというもの。フリーランスをはじめ、ノマドワーカー、在宅ワーカーと呼ばれる人たちがこの範疇に含まれると考えられるでしょう。そしてもう1つは、企業や団体に雇用されている人が、オフィスに通わずに在宅勤務するスタイルです。

在宅ワークを選択する前に

上記のいずれを選択するにしても、在宅ワークが本当に自分の望む働き方なのかを吟味する必要があります。そこで行うのが、自己分析と情報収集です。

そもそも、なぜオフィスではなく家の中で働くことに興味を持ったのか。自分の好きなこと、これまで経験してきたこと、働く上で優先したい条件などを思い起こし、在宅ワークが自分に向いているかどうかを改めて考えてみましょう。

「通勤するより自宅にいる方が楽だから」と言う方もいるかもしれませんが、在宅ワークには自己管理力がないとかえって作業に支障が出る、技術を教えてもらう機会が少なくなるといったデメリット面があります。インターネットで調べたり、関連セミナーで話を聞いたりすることを通じて、在宅ワークの実態を正確に把握するよう努めることが大切です。
 

関連記事 : 自由に働く!在宅・リモートワーク体験談まとめ

2. 在宅で働くことができる職業例

家にいながらにして働けるかどうかは、職業や携わる作業の性格によりけりです。ここでは、在宅案件が比較的豊富とされる職業の例を見ていきましょう。

プログラマー

プログラマーは、ITシステムやソフトウェアのプログラミングを行う職業です。在宅ワーク可能な職業の中でも、案件単価が高いとされています。プログラミング言語の知識を要するため、スクールに通ったり、IT企業に勤務したりすることでスキルを身につけておく必要があるでしょう。

プログラマーの在宅案件でよく見られるのは、スタートアップ系企業が発注するもの。スタートアップは従来のワークスタイルにこだわらない傾向があり、自宅で働くことに対して寛容な方針をとるところも多いからです。

ジャンルに着目すれば、スマートフォンアプリ開発は少人数でも開発を行える、作業の切り分けがしやすい、などの点で在宅ワークと親和性の高い案件のひとつといえます。例えば、自社で開発ができない小規模な飲食店や小売店などが、toC向けのスマートフォンアプリを提供するために開発を依頼する、といったように、スマートフォンアプリの普及に伴いこうした案件は増加していくと予想されます。

Webデザイナー

クライアントの要望に基づいてWebサイトをデザインするのが、Webデザイナーです。ユーザーの使い勝手に配慮しつつ、構成・レイアウトを決めていくのが主な役割。コーディングもWebデザイナーが担当することがあります。

Webデザイナーの在宅案件には、Webサイト全体やバナー、ライティングページ、ロゴなどを作成するものが多いようです。Webデザイナーの作業は切り分けが容易なため、各工程で在宅案件が発注されています。

案件参画にあたっては、実務経験が数年あることが望ましいでしょう。スキル面ではPhotoshop/Illustratorの使用が前提となり、コーディングを行う場合はさらにHTML/CSS/JavaScriptの技能も求められます。

Webライター

Webライターも、自宅で取り組みやすい職業の一つです。自分が強みとする分野があり、すでにSNSやブログで文章を書き慣れている方であれば、スムーズに着手できるのではないでしょうか。

中には保険や不動産のように専門知識が要求される案件もありますが、恋愛や体験談といった日常的なテーマのライティングもたくさんあります。ライター未経験であっても、専門性を問われない記事から始めて、少しずつ実績を作っていくことができそうです。

とはいえ、初心者の域を出ない段階で高単価の在宅案件を獲得するのは難しいでしょう。報酬がたくさん得られる案件は応募者の目を引き、しかもスキルの高い人たちが集まりやすいからです。最初の頃は単価が低い案件も積極的に受注し、経験を積む姿勢が大切になります。
 

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

3. 在宅ワークの探し方

以上、在宅に向く職業を紹介しました。最後は、実際に案件を探す方法をいくつか取り上げます。

各媒体の掲載情報を確認する

Webサイトや新聞の案件情報をチェックしてみましょう。その際のポイントは、オフィスから離れた場所での作業についての記載があるかどうかを見ることです(例:リモートワーク可)。なお、応募するのは、情報の内容および発信元に信頼性があると判断できてからにします。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、案件の受発注をインターネット上でやりとりするサービスです。作業内容は、Webサイト・アプリケーションの開発、デザイン、ライティングなど。主な発注方法には、複数人が作業を行い採用案に対して報酬が支払われる「コンペ方式」、諸条件があらかじめ提示された上で発注者が選んだ人が契約する「プロジェクト方式」があります。

エージェントに登録する

エージェントとは、クライアントから依頼された案件を在宅ワーカーらに仲介している企業を指します。案件獲得のための営業や報酬の交渉、入金までの手続きを代行してくれるので、在宅ワーカーは指定された作業をこなすことに集中できるのがメリットです。

セミナーに参加する

各地域では、在宅ワーカー向けのセミナーが開催されることがあります。スキルアップを目指すものや、異業種交流を目的とするものなど、趣旨はさまざまです。ピンとくるセミナーを見つけたら、足を運んでみましょう。参加先で、他の人から案件情報を提供してもらえる可能性があります。

知人とのつながりを活用する

知り合いから案件を提案してもらうのも一つの手です。以前勤めていた企業で縁があった人はもちろん、家族や近隣住人、ボランティア先の人たちも発注者になることがあります。日頃から知人との会話で「最近こういう活動をしている」と話しておくことが、アピールにつながるでしょう。

※本記事は2019年10月の情報を基に執筆しております。
 

関連記事 : 在宅プログラマーの仕事内容・探し方

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?