あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

海外で働くメリットと注意点
フリーランスエンジニアが海外で働くには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスエンジニアは、海外に拠点を移して活動する道を選ぶことができます。海外に出るメリットとしては、国際感覚を体得できる・日本のIT業界やエンジニアの事情を客観的に見られる・人やサービスとの出会いの幅が広がるといったことが挙げられるでしょう。

一方で外国で働くにあたっては、ビザの取得や異文化受容など、クリアしなければならないハードルがあるのも事実です。この記事では、海外に向いている人の特徴を示した上で、外国で働くことの魅力と注意点について解説します。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

海外で働くことに向いている人
海外で働くメリット
海外で働く際の注意点

海外で働くことに向いている人

ITスキルは世界共通であるため、一度技術を身につければ活動できるフィールドを国外に広げることができます。海外で活動するのが向いていそうな人の特徴は、以下の通りです。

海外で働く目的が明確

「なぜ日本ではなく〇〇(国の名前)なのか」という質問に明確に答えられる方は、外国で困難に直面したとしてもモチベーションを保ちやすいでしょう。日本にはないもの・国内にいてはできないことを求めて海外に来ているので、その国で頑張らなければ自分の望みを果たせないからです。

気候や食事、価値観が日本とは異なる海外での生活は、とてもストレスフルなもの。居住国への愛着や海外で働くことに対するはっきりとした目的意識がなければ、挫折しやすくなります。もしあなたが海外生活に漠然とした憧れを抱いているなら、なぜそう思ったのか、住み心地の良い日本を離れる意味とは何かをじっくりと考えてみてください。

異文化への柔軟性がある

海外に住むなら、各国の歴史や文化、日本人とは異なる価値観を受け入れる柔軟性も必要です。

ビジネスシーンでは、とりわけ作業の進め方にとまどいを覚えるのではないでしょうか。日本の場合は、すべてを言葉で説明せずに「あうんの呼吸」で作業を進める傾向があります。また、管理者の指示に納得ができなくても一旦受け入れ、言われた通りに行うこともしばしばです。

ところが外国人には、日本的なやり方が通用するとは限りません。不明瞭な指示には納得せず、相手が上司であっても率直な意見を言ってくることもあります。外国人と一緒に働く現場では、自らの考えや発言の意図、相手に求めることを筋道立てて説明することが一層求められるでしょう。

このような相違への対応は、忍耐力を培ったり、凝り固まった物の考え方を見直したりするきっかけとなるケースもあります。カルチャーショックを受けたり自分を変えたりすることをネガティブなものと捉えず、むしろ楽しむくらいでいる感覚をお持ちの方は、海外で成功できる可能性が高いと考えられます。

強みと実績がある

これは海外に限らない話ですが、フリーランスエンジニアは何らかのスキルに秀でている必要があります。案件参画時、クライアントに自分の強みを的確にアピールする必要があるからです。つい何でもできると言いたくなってしまうかもしれませんが、「広く浅く」は中途半端な印象を与えてしまいます。

日本にいても外国にいても、できることがない状態ではフリーランスエンジニアとして活動していくのは難しいでしょう。アピールポイントとなる技術と実績を確立してから海外に出るのが望ましいといえます。今一度、自分がどのようなスキルを持っていて、どんな作業ができるのかを見直してみてはいかがでしょうか。

強みとなるスキルがわかったら、その技術に関連する案件に参画して実績を積んでいきます。受注した案件で成果を出せば、同一クライアントから継続して作業を依頼されることもあります。案件参画を繰り返すうちに実績が増えるとともに、スキルの向上を図ることもできるでしょう。

関連記事 : 海外で活躍したいあなたに向けた参考記事まとめ

フリーランスになれるか相談する

海外で働くメリット

海外では、日本に住んでいては得難い経験をたくさんすることになります。本項では、外国で働くことによる具体的なメリットをチェックしましょう。

国際感覚を養える

国際感覚を養えるのが、海外で働くメリットの1つです。

国際感覚とは何かを定義するのは難しいのですが、ここでは「異文化に対して寛容で、あらゆる国籍の人たちと信頼関係を築くことができるマインド」とします。日本に住んでいると日本人同士・日本語限定で働くことができてしまうので、この意味での国際感覚を身につける機会はなかなか訪れません。

多様なバックグラウンドを持った人たちの中で自身の許容範囲を広げ、臨機応変な対応力を磨くことができるのは、海外ならではの貴重な経験です。国際感覚を養う過程で身につけたヒューマンスキルは、日本人・外国人問わず良好な人間関係を構築し、プロジェクトを成功に導くのにも役立つ能力となるでしょう。

自国を客観視できる

日本のエンジニアが置かれている状況を客観視できるのも、海外を活動拠点とするメリットです。働き方をはじめ、社会的地位や契約方法、収入など、エンジニアを取り巻く事情には各国で違いが見受けられます。

たとえばエンジニアの地位が高いとされるアメリカでは、収入額も日本より大きくなるといわれています。また、ヨーロッパのようにエンジニアが専門職とみなされている地域では、職位による収入額の変動が少なく、管理職を目指す人はそれほど多くないという傾向も見られるようです。

これは決して、海外が良くて日本が悪いという話ではないことに留意してください。国外のエンジニア事情と比べることで日本の長所・短所が浮き彫りになり、冷静な目で自国を見ることができるようになるのがポイントです。

出会いの幅が広がる

国内に留まっていた時と比べ、人やサービスとの出会いの幅が広がるということもメリットに含まれます。

世界中から優秀なエンジニアが集まるアメリカのような国はもちろん、アジア諸国にも才能溢れる技術者がたくさんいます。そのような環境に身を置くことで刺激を受け、人間的にも技術的にも大きく成長できるのが海外の魅力です。

あなたの実力次第では、世界的影響力を持つサービスに関わることができるチャンスもあります。幸運にもそうした案件を経験する機会が与えられ、実績を作ることができれば、さらなるキャリアアップを志すにあたってもプラスに働くことが予想されます。

関連記事 : 国境にとらわれない!海外で活躍するフリーランスのブログまとめ 

海外で働く際の注意点

ここまで海外向きの人の特徴や、外国で活動するメリットについて述べてきました。最後に、海外で働く際に注意しておきたい事柄を解説します。

国ごとのビザ取得条件を把握する

第一に考慮したいのがビザ取得です。観光ビザ、あるいはビザを取得していない状態で案件に関わると「不法就労」になってしまいます。ひとたび不法就労とみなされれば罰金や強制送還といったペナルティの対象になりかねないので、充分に注意してください。

ビザの取得条件は国ごとに異なります。ビジネスプランや語学力、預金額などを示すことが求められるため、誰もが容易に許可をもらえるわけではないと肝に銘じましょう。なお、ビジネス可能なビザとなると手続きが煩瑣になりますが、ビザの手配を行っているエージェントを利用して取得することもできます。

希望する国の法律や慣習を調べておく

居住希望国の法律や慣習は、しっかりと下調べしておくことが大切です。何か問題を起こすと、苦労して築き上げてきた信用を失い、経歴にも傷がついてしまう恐れがあります。事前に法律や慣習について勉強しておくことは、あなたの立場を守ることにもつながると心得ましょう。

慣習のことでいえば、日本ではあまり重視されていない事柄の1つに宗教があります。しかし国によっては、宗教の教えは人々の生活に深く根ざし、社会規範となるほど重んじられるもの。宗教への理解を怠れば現地の方々の反感を買い、あらぬトラブルに巻き込まれてしまうケースもあります。

現地の言葉を勉強する

日本のクライアントから案件を受注するのであれば日本語で事足りそうですが、ビジネス以外の場面では居住国の言葉を用いることとなります。日常会話レベルの現地公用語の必要性を見越し、日本にいる時から勉強しておくのが得策です。

現地の案件に参画する場合には、なおのこと現地語の力が物を言います。たとえあなたが優れた技術を持っていて、日本で高い実績を残していたとしても、言葉が通じなければ相手にその素晴らしさを伝えることができないからです。現地語が充分でないなら、せめて世界共通語である英語はビジネスレベルで使えるようにしておくのが望ましいでしょう。

関連記事 : 海外進出したいフリーランスのための参考記事まとめ

※本記事は2019年7月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと外国籍の方も活躍中の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.