あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

未経験から目指す方法とは
フリーランスエンジニアの勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスエンジニアを目指してプログラミングを独学する際は、書籍や学習サイトを活用する方法があります。独学に不安があるときは、エンジニア向けのスクールを利用したり勉強会に参加したりするのも良いでしょう。

当記事では、フリーランスエンジニアの勉強法のほか、必要なスキルや未経験から目指す方法をご紹介します。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスエンジニアのプログラミング勉強法
フリーランスエンジニアに必要なスキル
未経験者がフリーランスエンジニアになるには

フリーランスエンジニアのプログラミング勉強法

フリーランスエンジニアを目指す際のプログラミング勉強法として、以下の3つが挙げられます。

書籍

学習するプログラミング言語が決まったら、入門編の書籍を買って基礎を身につけましょう。一度読んだだけですべての知識を習得するのは難しいので、定期的に復習して理解度や定着度を測ってください。

継続的に書籍で学んで基礎知識が身についたら、実際に手を動かして実践的なスキルを磨きましょう。

関連記事:Rubyの女神×Microsoft MVPクリエイターが効率的な勉強法を伝授!

学習サイト

プログラミングを独学する際は、書籍のほか学習サイトを活用する方法があります。学習サイトのコンテンツは動画やスライド、クイズなどサービスによって異なり、サイトによっては実際にコードを記述して理解度を測れます。

学習サイトは無料で利用できるものもありますが、習得難易度が上がると有料に変わるサイトもあるため、事前に料金を確認しましょう。

関連記事:プログラミングを独学で学習できる無料サービス12選

スクール

独学に不安がある人は、スクールを活用するのも1つの方法です。スクールの場合、学校に通って講義を受ける形式のほか、オンライン講座を用意していることがあります。

学校に通うタイプなら直接講師に質問したり人脈を広げたりできますが、通学時間や交通費がかかるのがデメリット。オンライン講座の場合は場所・時間にとらわれず学べますが、学校での講義に比べるとモチベーションを維持しづらくなります。

スクールでプログラミング言語を習得する場合、独学に比べると費用がかかるため、目的や状況に応じて勉強方法を決めましょう。

勉強会

プログラミングを学習する際は、エンジニア向けの勉強会に参加するという選択肢もあります。勉強会に参加すれば、講師に質問して疑問を解決したりエンジニア同士で情報交換したりできるでしょう。

勉強会の開催情報はインターネットでチェックでき、学習内容や対象者、定員、参加費などが掲載されています。目的に沿ってプログラミングの知識を身につけられるよう、開催情報をこまめにチェックして参加してみてください。

関連記事:エンジニアの勉強会について

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアとして活動する際は、プログラミングスキルや営業スキルのほか、自己管理能力が必要です。

プログラミングスキル

業務内容によって求められる知識は異なりますが、エンジニアとして働く際は基本的にJavaやRuby、PHPといったプログラミング言語のスキルが必要になるでしょう。

なお、フリーランスとして案件に参画するにあたって、クライアントからスキルシートの提出を求められる可能性があります。スキルシートは、これまでに携わったプロジェクトや業務内容、自分の役割、保有スキルをA4用紙2枚程度にまとめたものです。

関連記事:プログラミング言語別 案件ランキング | レバテックフリーランス版
関連記事:スキルシートの書き方

営業スキル

人脈やエージェントを活用しない場合、基本的には自身で営業して案件を獲得する必要があります。営業をスムーズに進めるには、事前に経歴を振り返り、自身の強みやスキルを明確にしておくことが大切です。

クライアントに営業する際は、ニーズに沿ったスキルをアピールするだけではなく、具体的な業務内容や納期、単価などを確認・交渉する場面もあります。クライアントと良好な関係を築くには、相手の意見に傾聴する、要点を明らかにして簡潔に話すといったコミュニケーションスキルが大事になるでしょう。

関連記事:苦手を克服!フリーランス向け営業テクニックまとめ

自己管理能力

在宅で作業を行うフリーランスの場合、業務とプライベートを区別しづらいため、モチベーション維持や時間管理に一層注意する必要があります。業務をスムーズに進めるには、作業場所と休憩場所を分ける、1日の作業時間をあらかじめ決めるといった工夫が必要になるでしょう。

企業に常駐するフリーランスエンジニアの場合、チームで協力して作業するためモチベーションを維持しやすい、プライベートと業務のメリハリをつけやすいといったメリットがあります。

関連記事:常駐型フリーランスの働き方やメリットなどが分かる記事特集

未経験者がフリーランスエンジニアになるには

フリーランスは基本的に即戦力となることが求められるため、まずは正社員のエンジニアとして経験を積んでから目指すのが無難です。

正社員のエンジニア求人の場合、企業によっては未経験者も応募できるところがあります。自分に合う企業で働けるよう、具体的な仕事内容や給与、社風、研修制度などを詳しく確認したうえで応募しましょう。企業選びに不安があるときは、エンジニア向けの就職・転職エージェントに登録して求人を紹介してもらうのも1つの方法です。

フリーランスとして案件を受注する方法は?

会社員として経験を積んだ後にフリーランスになる際、案件の受注方法として以下の例が挙げられます。

  • 会社員時代の同僚や勉強会で知り合った人などに依頼してもらう
  • クラウドソーシングを活用する
  • フリーランス向けエージェントに案件を提案してもらう

クラウドソーシングは、案件の検索や受注、納品をインターネット上で行えるサービスです。フリーランス向けエージェントは、希望に合う案件の提案や条件面の交渉、契約更新業務の代行などを無料で行うサービスを指します。

関連記事:実際のところどうなの?フリーランスの1日がイメージできる記事特集

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.