あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスの概要や魅力、向いている人をご紹介
フリーランスが今の流行り?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

近年、日本ではフリーランスという働き方が流行りだしています。フリーランスとして働く魅力は一体何でしょうか。また、フリーランスは、どういった人が向いているのでしょうか。
当記事では、フリーランスの概要やメリット、適性、常駐フリーランスなどについてご紹介します。フリーランスとして活動したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスという働き方が流行っている
フリーランスの魅力とは?
フリーランスに向いている人
エンジニアなら常駐型という働き方もある

フリーランスという働き方が流行っている

近年、日本ではフリーランスとして活動する人が増加しています。以下では、フリーランスの概要と、日本におけるフリーランスの現在の状況についてご説明します。

フリーランスとは

フリーランスとは、企業や団体に所属せず、案件ごとに企業等と契約を結び報酬を得る働き方を指します。フリーランスとして活動する人は、ライターやカメラマン、デザイナー、イラストレーター、エンジニアなど、専門的な知識やスキルを必要とする職種に就いていることが多い傾向です。

日本におけるフリーランスの数は増加傾向にある

アメリカではフリーランスという働き方はすでにメジャーで、労働人口約1.6億人に対して、約5700万人はフリーランスとして活動しています。

そんな中、日本においてもフリーランスになる人が増加傾向にあると言われています。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の「フリーランス白書2018」によると、1000万人以上がフリーランス(副業・兼業含む)として働いているとされています。つまり、国内全体の労働人口の6分の1がすでにフリーランスとして働いているということです。

フリーランス増加の理由としては、上述したクラウドソーシングサービスや、フリーランス専門の案件提案サービスといった、フリーランスと企業をつなぐサービスが充実してきたことが考えられるでしょう。また、「会社に安定は期待できない」と考える人が増えたことや、リモートワーク、パラレルワークなど、働き方が多様化してきている背景も関係しているようです。

参考 : 「プロフェッショナルな働き方・フリーランス白書2018」
関連記事 : リモートワークとは何ですか?にお答え|テレワーク、在宅勤務との違いも

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの魅力とは?

フリーランスにはどのような魅力があるのでしょうか。フリーランスとして活動する上で得られるメリットを見ていきましょう。

活動する時間や場所が自由になる

会社員として働く場合、企業が決めたスケジュール通りに動くことが求められます。しかし、在宅型のフリーランスであれば、決められた期限内に成果物を納品できれば、いつどこでどのように業務を行っても問題ありません。電車での通勤が苦手な人や、会社の人間関係が煩わしいと感じている人にとって、ストレスフリーな働き方といえるでしょう。

成果に応じて収入が上がる

会社員の場合、個人でどれだけ成果を上げても、得られる給料は毎月一定であるのが一般的です。インセンティブが付く場合でも、納得の行く額が貰えるとは限りません。一方フリーランスは、自分のスキルや頑張りが収入に直結します。高いスキルを有しているのに給与が上がらないという人は、フリーランスが向いている可能性があります。

自分の裁量で仕事ができる

フリーランスになれば、自分の裁量で業務を行うことができます。自らの強みや専門性を活かして働くことも可能ですし、やってみたかったことに挑戦できる機会もあるでしょう。また、自分で決めた業務が行えるので、意欲的に活動することができ、生産性や満足度が上がる可能性が高いです。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)のメリット

フリーランスに向いている人

いい事ずくめのように見えるフリーランスですが、全てが自由ということは、裏を返せば「全て自己責任」ということになります。フリーランスとして活動していきたいと考えている方は、フリーランスになってから後悔することのないよう、自分に適性があるかどうかを確認しておきましょう。フリーランスに向いている人は、以下のような人です。

自己管理ができる人

フリーランスのメリットとして、「好きな時に業務を行える」という点を挙げましたが、これはスケジュール管理や自己管理がしっかりできていることが前提です。納品の期限が守れないようでは信用を失い、クライアントが離れていってってしまいます。また、体調を崩したり、大きな怪我をしてしまったりして仕事ができなくなると、収入がゼロになってしまうので、健康には気を使わなければなりません。

自ら考えて行動できる人

フリーランスとして活動する場合、会社員のように上司がいるわけではないので、人から指示されることはありません。しかし、行動を起こさなければ収入は得られませんから、自分でどうすれば良いかを考え、主体的に動く必要があります。追われる数字やノルマがなくても、自分で目標を決めて意欲的に活動することができるという人は、フリーランスに向いているでしょう。

営業力やコミュニケーション能力がある人

フリーランスとして仕事を獲得していくためには、人脈を広げたり、クライアントとなる企業に自分を売り込んだりといった活動を積極的に行わなければなりません。十分な実績を積めば、営業をしなくても依頼してもらえることがありますが、最初のうちは、自分の強みや価値、依頼するメリットなどをクライアントに上手く説明する能力が必要になります。

関連記事 : フリーランスに向いている人の特徴を知るための記事特集

エンジニアなら常駐型という働き方もある

「スキルには自信があるけど、自分で営業するとなると難しい」と思う人も少なくないのではないでしょうか。フリーランスのエンジニアであれば、専門のエージェントを介して常駐型の案件を提案してもらうという働き方があります。

常駐型フリーランスとは

常駐型フリーランスとは、契約先の企業に常駐して案件を進める働き方のことです。一定期間ごとに契約・更新を行うケースが多く、報酬は、契約時に定めた金額が、契約時に定めた期間ごとに支払われます。
常駐型は、一般的なフリーランスとして活動する際に得られる「働く場所や時間が自由」というメリットは得られませんが、その反面、以下のようなメリットが得られます。

在宅型の案件より参画しやすい

在宅型に比べて、常駐型の方が案件数が多い傾向にあります。それは企業側が、業務の進め方やセキュリティ面などから、現場で作業してもらいたいという要望を持っていることが多いためです。条件面を合わせられれば、在宅型案件よりも、常駐型案件の方が参画しやすいといえるでしょう。

多様な経験を積める

エージェントでは豊富な常駐型案件を取り扱っているため、自分のやりたい業務を選びやすいメリットがあります。また、個人の契約では難しい、大手企業の案件を受けられる可能性もあるでしょう。「幅広い現場でスキルを磨きたい」と思っている人は、常駐型フリーランスとして活動してみるのも手です。

モチベーションを維持しやすい

常駐型案件は、一人での作業ではなく、チームでの作業となることが多い傾向があります。参画先のエンジニアと関わりながら業務を行うことで、業界トレンドのキャッチアップやスキルの向上がしやすくなるでしょう。現場によっては、社内勉強会が行われていることもあるようです。会社員と変わらないように思えますが、常駐型フリーランスの場合、案件ごとに現場が変わるため、ずっと同じ人と働くわけではなくさまざまな人と仕事ができます。

関連記事 : 常駐型フリーランスの働き方やメリットなどが分かる記事特集

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

あなたのスキルはダイレクトに収入につながる
ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.