あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

在宅フリーランスのメリットやデメリット、案件の探し方も解説
フリーランスの仕事は在宅でもできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

在宅フリーランスとして仕事(作業)がしやすい職種には、ITエンジニアや事務職、Webライターなどもあります。本記事では、そうした職種の概要とともに、在宅フリーランスのメリット・デメリット、在宅案件の探し方について解説します。「フリーランスになったら自宅で働きたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

在宅フリーランスとして働くことは可能か
在宅フリーランスのメリットとデメリット
在宅案件の探し方

在宅フリーランスとして働くことは可能か

在宅ワークが可能なフリーランス向け案件は、多数存在します。働き方の多様化に伴い、オフィスに出向かず作業するワークスタイルが浸透しつつあるのがその理由です。職種や作業内容にもよりますが、在宅ワークはフリーランスの働き方における選択肢の一つになっています。

自宅でも働きやすいのは、次のような職種です。

IT系

パソコンがあれば作業できるという点で、IT系の職種は在宅ワークに向いています。プログラマーをはじめとした各種エンジニアやWebデザイナーが、IT系職種の例として挙げられるでしょう。IT業界は人手不足が深刻化しているため、一定の知識とスキルを有する人材は重宝されます。

事務系

データ入力や書類作成、メール対応業務などを行う事務系職種も、在宅案件が比較的見つけやすいといえます。事務員の人件費を削減したいクライアントが依頼を出すケースがよくあるためです。業務効率化の進展に伴い、バックオフィス作業の外注機会が増えているという側面もあります。

事務系職種の場合、時にミーティングへの出席が求められることも。自分のペースを大切にしつつ、定期的に人と接しながら働きたい方にマッチするでしょう。

Webライター

ブログやメールマガジン、SNSの文章を執筆するWebライティングは、他職種の作業と比べ、在宅ワーク初心者でも始めやすいとされます。ただし、誰もが手軽に取り組める分、単価が低くなりやすいというデメリットも。健康や美容、税金関係など、特定の分野の専門知識を有していれば、高単価案件を狙える可能性があります。

関連記事 : フリーランスの在宅勤務

フリーランスになれるか相談する

在宅フリーランスのメリットとデメリット

自由度の高い働き方ができそうな在宅フリーランス。しかしながら、注意しておかなくてはならない点もあります。ここでは、在宅フリーランスのメリットとデメリットの両方を見ていきましょう。

在宅フリーランスのメリット

在宅フリーランスのメリットの一つは、作業時間が自由であることです。在宅フリーランスには、会社員のような勤務時間の制限は基本的に定められません。タイムマネジメントに成功すれば、家事や育児の時間を捻出することが可能でしょう。また、その時々の体調に応じて、働く時間を柔軟に変えることもできます。

作業場所は基本的に自宅となりますが、案件や契約の内容によっては、セキュリティ対策を十分に講じることを前提に、コワーキングスペースやカフェでの作業も可能です。職場以外での業務は人間関係に煩わされないという利点もあります。在宅フリーランスは、居心地が良い環境で作業に集中したい人の希望に適うワークスタイルといえるでしょう。

複数の案件を同時に受注できることもまた、在宅フリーランスのメリット。自己管理力が求められるものの、上手くいけば収入アップにつながりそうです。組織の給与規定にしばられず、自己責任で収入をコントロールしたい方にも適しています。

在宅フリーランスのデメリット

在宅フリーランスのデメリットとしては、案件数の少なさが挙げられるでしょう。顔が見えない相手に作業を任せることへの不安や、セキュリティ担保の面から、在宅フリーランス活用に二の足を踏むクライアントがいるからです。

案件数が少ないということは、フリーランスにとって継続的な受注が難しくなることを意味します。たとえ受注機会があっても、毎回似たような内容の案件ばかりになり、スキルアップの機会が望めないことも。在宅フリーランスは、市場価値の高い人材になりたい人には向かないかもしれないと覚えておきましょう。

単価が低めに設定されるケースがしばしばある点も、デメリットに数えられます。ワークライフバランスを求めて在宅フリーランスを選んだものの、生活していくのに必要な稼ぎが得られなくなってしまう方もいるようです。

関連記事 : 在宅フリーランスのメリット

在宅案件の探し方

メリット・デメリットを理解した上で在宅フリーランスを目指す場合、どのように案件を探せばいいのでしょうか。最後に、在宅案件の探し方をチェックします。

在宅案件が多い分野を選ぶ

IT系の在宅案件を例にとると、データを扱う作業が多い傾向にあります。収集したデータをビジネスに活用する動きが、各業界・各企業で活発化しているというのが理由です。データの知識とスキルに長けた人材の需要は高く、在宅案件も比較的見つけやすいと考えられるでしょう。


それ以外では、スマートフォンアプリ関連の在宅案件も多数発注されます。デザイン系に目を向けると、Webサイトやバナー、ライティングページなどの作成案件がよく見られるようです。

クラウドソーシングを使う

未経験者が着手しやすいのが、クラウドソーシングで発注される案件です。クラウドソーシングは、インターネット上で不特定多数に案件を発注するサービスを指します。

登録することで誰もが気軽に利用でき、在宅フリーランスになりたての人でも実績を作りやすいのがクラウドソーシングのメリットです。高い技術がなくても参画できる場合があるので、スキルが充分でない方、副業として在宅案件に取り組んでみたい方に見合うサービスといえます。

クラウドソーシングは低単価案件が多いと言われますが、スキルの価値が高い傾向にあるITエンジニア向けの案件は高単価なものもあります。

ただし、大勢に向けて案件が公開される分、高単価案件には応募が殺到しがち。まだ実績ができていない段階では、低単価で受注しなければならないこともあるでしょう。

常駐案件で在宅ワークができるよう交渉する

はじめに常駐案件に参画し、実績や信頼関係を築いてから在宅ワークに移行するのも手です。数カ月間、参画先で働くことで、クライアント企業の方針や関係者との関わり方を学ぶことができます。常駐期間を少しでも経た方が、周囲の人たちとコミュニケーションがとれ、在宅ワークに理解を示してもらいやすくなるでしょう。

常駐からスタートする際は、フリーランス向けエージェントを通すと案件獲得がスムーズです。エージェントとは、現役フリーランス、またはフリーランスに転向しようとする人のスキルや希望条件に即した案件を提案するサービスのこと。契約に必要な手続きや営業活動を代行してもらえるのが、エージェント利用のメリットといえます。

在宅ワークの交渉ができるかどうかを訊いてもらえたり、交渉自体をエージェントが担当してくれたりするケースもあります。在宅フリーランスを志す方は、常駐案件への参画から希望を叶える道筋も検討してみてください。

関連記事 : 在宅で稼ぐには?収入、実態についても解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.