あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

会社員とフリーランスのメリット・デメリットを解説
会社員のメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

会社員のメリットは、収入が安定すること、社会保障が充実していることなどです。一方、組織に属さないフリーランスには、高収入を狙える可能性や案件を選べるといった利点があります。本記事では、会社員とフリーランス、それぞのメリット・デメリットについて解説。自分に合った働き方を模索中の方は、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

会社員のメリットとデメリット
フリーランスのメリットとデメリット
会社員とフリーランスではどちらが良いのか?

会社員のメリットとデメリット

まずは、会社員のメリットとデメリットを見ていきましょう。

会社員のメリット

会社員のメリットには次のようなものがあります。

収入の安定

会社員は、毎月決まった額の給与を受け取ることができます。賞与や職能給などの規定があれば、さらに上乗せされるという利点も。フリーランスのように、「契約が取れずに収入が途絶える」という状況にはなりにくいと考えられます。

社会保障の充実

フリーランスと比べ、社会保障によって手厚く守られるのもメリットです。たとえば、被用者保険の保険料は企業との折半になるので、個人の負担が軽減されます。会社員や公務員などが加入する厚生年金でも同様です。そのほか、会社員は労災保険や雇用保険にも加入できます。

給与が自動的に支払われる

会社員の給与は、自分から働きかけなくても振り込まれます。フリーランスは基本的に請求書等を自ら作成・発行する必要があるので、それと比較すると金銭処理は楽といえそうです。クライアントから報酬が支払われない…というトラブルも、会社員であれば直接給与の支払いに影響があるとは言えないでしょう。

社会的信用度が高い

一般的に、フリーランスよりも会社員の方が社会的信用度は高いとされます(ただし、企業規模や勤続年数によることも)。毎月安定した収入を得ていることが、会社員の信頼性の裏づけとなるようです。高い社会的信用度は、ローン借り入れ時やクレジットカード作成時に効力を発揮します。

会社員のデメリット

会社員のデメリットは、以下の通りです。

制約に縛られることがある

会社員は働き方に制限があります。勤務時間が決まっているのは、その一例。フレックスタイム制を取り入れる企業はあるものの、働く時間をすべて任意で決定できるケースは少ないといえます。仕事が終わらない時や繁忙期などには、通常の勤務時間を超えて働かなければならないことがあるのもデメリットです。

働く場所についても、会社員は「オフィスで」と規定されることが多いのではないでしょうか。リモートワーク可能な仕事を除き、好きな場所で働ける形態もあるフリーランスより制約が強くなります。

人間関係に悩まされることがある

会社員のデメリットの一つは、人間関係のストレスに晒されやすいことです。人材が頻繁に入れ替わる企業ばかりではないので、同一企業・部署内で働く限り、人間関係を変えるのは困難になります。「つき合いにくい」と感じる人がいても、コミュニケーションを断つことができるとは限りません。

定年退職による将来の不安

会社では多くの場合、定年退職の制度が設けられています。年金額引き下げの問題を考慮すると、同制度はデメリットになり得ます。退職後の生活に不安を覚える方もいるのではないでしょうか。退職後も収入を確保するには、世の中のニーズを満たすに足るスキルを習得する努力が求められそうです。

関連記事 : サラリーマンのメリットとは?

フリーランスになれるか相談する

フリーランスのメリットとデメリット

ここまで、会社員のメリットとデメリットを見てきました。続いては、フリーランスです。

フリーランスのメリット

フリーランスには、下記のメリットがあります。

高収入を目指せる可能性

案件の種類や職種にもよりますが、フリーランスは会社員と比べ高収入を得られる可能性が高いとされます。とりわけ常駐型フリーランスエンジニアの場合、中長期に渡って参画しやすいことに加え、単価も高く設定されることが多いようです。

案件を選べる

フリーランスは営業活動で案件を獲得しなければなりませんが、好き・得意な作業を選んで受注できるのはメリットです。会社員は、やりたくなくても与えられた仕事に従事することが求められます。その点、フリーランスは会社員より裁量が大きいので、不得手な作業によるストレスを回避しやすくなるのです。

もし理想とするキャリアプランがあれば、適当な案件を選択することで希望を叶えられるでしょう。また、特定のスキルを伸ばしたいなら、それに応じた案件を探すこともできそうです。

働き方によっては自由度が高い

在宅型フリーランスの場合は、自由度の高さが魅力となります。納期に間に合うのであれば、時間の使い方・働く場所は自由です。育児や介護がある人はそちらに時間を割けますし、深夜帯に作業することもできます。

毎日の通勤時間がなくなることも、在宅型フリーランスの利点といえるでしょう。公共交通機関の混雑によるストレスから解放されるとともに、通勤がない分の時間を有効活用することもできるからです。

年齢に関係なく働ける

フリーランスには、退職制度に左右されずに働ける良さもあります。自分のスキルを武器にする働き方であるというのが、その理由です。世の中に求められる専門的な知識や技術を持ち、それらを磨き続けることで、長く活躍することができます。生涯現役を貫きたい人、年齢に関係なく収入を得たい人に向くでしょう。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)のメリット
関連記事 : 在宅フリーランスのメリット

フリーランスのデメリット

フリーランスのデメリットとしては、次の事柄が挙げられます。

決まった収入がない

フリーランスは高収入を狙えるものの、常に安定して報酬を得られるとは限らない点にも注意を払うべきでしょう。フリーランスは自身で営業して案件を獲得するため、参画状況により収入が変動しがちだからです。まったく案件に参画できなければ、収入が途絶えてしまう恐れもあります。

※エージェント利用により営業を代行してもらうことは可

信用度が低下する場合がある

フリーランスは、会社員よりも信用度が低くなる傾向にあります。クレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだりする際に、不利になるかもしれないということを覚えておきましょう。特にフリーランスとして独立したばかりの時は、審査に通るのが難しくなると考えられます。

確定申告を行う必要性

フリーランスのデメリットの一つに、税金関係の手続きがあります。会社員なら会社が年末調整をしてくれますが、フリーランスは複雑な経費計算を自ら処理することになります。税金や簿記の知識が要るほか、会計処理に時間をとられて業務への関わりが手薄にならないよう要注意です。

関連記事 : フリーランスエンジニアのデメリットとは?
関連記事 : 個人事業主のデメリット
関連記事 : フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

会社員とフリーランスではどちらが良いのか?

会社員とフリーランス、「どちらが良いか」は簡単に結論づけられるものではないといえます。個々の価値観により、働きやすいと感じる条件は違うからです。フリーランスは成功すれば高収入を得られて個人の裁量も大きい、会社員は安定性と信頼性が魅力というように、それぞれに異なった利点があります。欠点についても同様です。

会社員の方が能力を発揮できる人もいれば、フリーランスの方が才能を開花させやすい人もいるでしょう。大切なのは、あなたの理想とする働き方・ライフスタイルを実現できる方を選ぶことです。フリーランスを選択する場合はさらに、常駐型と在宅型の比較検討も必要になります。

関連記事 : フリーランスと会社員 メリット・デメリット比較
関連記事 : フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.