あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスが収入と生活を安定させる方法を解説
フリーランスは安定しない働き方なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスに対して抱きがちなイメージの一つに、「収入が不安定」というものがあります。クライアントや案件を見つけられず収入が途絶える恐れがあるのは、たしかにフリーランスの困難な点といえるでしょう。しかし、フリーランスとして成功し、安定した生活が送れている方も多くいます。

本記事では、フリーランスが安定しないといわれる理由のほか、フリーランスのデメリットや収入・生活を安定させる方法にも言及します。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスの収入は安定しない?
フリーランスのデメリットを考える
フリーランスが収入と生活を安定させるには

フリーランスの収入は安定しない?

フリーランスの自由に働けそうなイメージに惹かれつつも、「収入が安定しない」「やめておいた方が良い」といったネガティブな意見に不安を覚える方は多くいるのではないでしょうか。まずは、フリーランスが安定しないとされる理由を説明します。

安定しないとされる理由

フリーランスが安定しないとされる理由の一つに、収入面が挙げられます。クライアントが見つからなければ、収入が途絶える恐れがあるからです。会社から与えられた仕事をして給与をもらう会社員とは違う、フリーランス特有の難しさといえます。

運良く案件を見つけられても、生活できるほどの収入が得られない…という状況に陥ることも懸念されます。なかなか案件が獲得できない時は、低単価に甘んじなければならない場合もあるためです。

フリーランスと会社員はどちらが安定するか

安定しないと思われがちなフリーランスですが、メリットもあります。成功すれば会社員より高収入を得られる可能性がある、好きな作業や得意な技術に特化した案件を選べる、などです。スキルを高め、高単価の案件に参画し続ければ、フリーランスでも安定した生活の実現が可能でしょう。

会社員はフリーランスと比べて、収入面が安定していると一般的に言われます。しかし、所属企業の経営状況が悪化したりするかもしれないことを考慮すれば、「勤め人でいれば安心」とは言い切れないのではないでしょうか。

どちらが安定しているかは答えを出すのが難しい問いであり、人それぞれに違った解釈が生まれると考えられます。収入面以外のメリット・デメリットに関しても同様です。

関連記事 : フリーランス=収入が不安定?フリーエンジニア小山哲志氏・水野竜与志氏と考える、フリーの今とその先
関連記事 : 不安解消!フリーランスが仕事で抱える将来的な不安と対策法

フリーランスになれるか相談する

フリーランスのデメリットを考える

前項では収入面に焦点を当て、フリーランスの安定性について解説しました。続いては、フリーランスの欠点とされる事柄を取り上げるとともに、各デメリットのポジティブな側面にも目を向けます。

有給休暇の制度がない

申請した休日に給与が発生する有休は、しばしば会社員ならではのメリットとされます。フリーランスは基本的に働かなければ収入を得られないので、有休がある会社員に羨ましさを感じる人もいるようです。

それでも、フリーランスは納期を含めた契約内容を守れば任意で休日を作ることができます。時には、会社員より長めの休暇が取れるケースもあるでしょう。自由に休暇を設定しやすい点は、有休に代わるメリットと捉えられます。

孤独を感じやすい

自宅で作業を行うタイプのフリーランス(在宅型)は、孤独を感じやすいといわれます。誰とも話すことなく1日を終えるケースも少なくないからです。

しかし、ネット環境完備のカフェやシェアオフィスを利用すれば、他人がいる環境で働くことはできます。また、SNSを通じて人とつながるのも孤独感を解消する方法の一つです。交流会や勉強会に参加すれば、同じ志を持つフリーランスはもちろん、異業種の人たちと出会える可能性もあるでしょう。

関連記事 : フリーランスエンジニアのデメリットとは?
関連記事 : 個人事業主のデメリット
関連記事 : フリーランスと会社員 メリット・デメリット比較

フリーランスが収入と生活を安定させるには

以上、フリーランスのデメリットとされる事柄を取り上げ、それらの良い面にも着目しました。最後に、フリーランスとして成功し、安定した収入・生活を実現させるのに必要な要素を紹介します。

スキルアップする

フリーランスは技術力の高さや専門性で勝負する働き方であり、スキルアップに積極的に取り組む人はそうでない人よりも収入安定を図りやすくなります。スキルを磨くことで、高単価の案件を獲得できたり、受注できる案件の幅が広がったりするからです。

たとえ忙しくても、本を読んで独学する、セミナーや勉強会に参加するなど、インプットに注力することで、安定した生活を営める可能性が高まるでしょう。

業務以外のスキルもある

フリーランスとして成功するには、専門分野以外のスキルにも長けている必要があります。たとえば、セルフマネジメント力やマーケティングの知識です。

フリーランス、とりわけ在宅型では業務とプライベートの境目がなくなり、それがきっかけで体調を崩すこともあり得ます。作業時間やスケジュールを自ら管理することが求められる点で、セルフマネジメント力は重要なスキルになるといえそうです。

マーケティングの知識は、生活を成り立たせる上で欠かせない高単価案件を狙うのに役立ちます。高単価案件を獲得するには、世の中のニーズを把握し、それに応じたスキルを習得することが肝要。その際マーケティングの知識があれば、市場を正確に分析して適切な戦略を立てることが可能になるのです。

モチベーションを高く保つ

フリーランスの活動を継続していくためには、モチベーションの維持が不可欠といえます。人によっては、同じような作業が続くことでやる気が削がれてしまう場合もあるでしょう。しかし、どのような案件にも熱意を持って取り組まなければ、納品物のクオリティは低下し、クライアントの信頼を失うことにもつながりかねません。

モチベーション維持には、1日の作業の記録づけが効果的とされます。その日上手くできたことや新しい発見を書き留めることで、毎日行う同じ作業の中に「変化」が感じられる可能性があるからです。また、作業時間を決めて計測をするのも有効。オン・オフが切り替えられ、作業への意欲が高まりやすくなります。

リスクに備える

フリーランスが安定収入を得るには、複数のクライアントを持つのが効果的。収入途絶のリスクを回避するためです。クライアントを1社(1人)に限定した場合、プロジェクト完了とともに契約期間満了となり、収入が途絶えてしまいます。

数社(数人)のクライアントとつながりを持ち、常に複数の案件に参画できるようにしておくことで、リスクが分散されるでしょう。

常駐型の案件に参画する

在宅型よりも、常駐型フリーランスの方が収入を安定させやすいと考えられます。常駐型とは、クライアント企業の開発現場に赴いて作業を行う働き方のこと。常駐型のメリットは、単価が高めに設定されることが多い点です。また、中長期案件も多い傾向にあるため、継続的・安定的に収入を確保できるのもポイントといえます。

常駐型案件に参画する場合は、エージェントを利用すると良いでしょう。エージェントは、一人ひとりのスキルレベルや希望条件に合った案件を提案するサービス。非公開案件を保有するほか、本来はフリーランス自身が行う営業活動や交渉、事務作業を代行してもらえるのもエージェントの利点です。

関連記事 : フリーランスとして活躍し続けるための参考記事まとめ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.