あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

なるには?求められるスキルレベルは?
フリーランスエンジニアのメリットとデメリット|仕事の獲得方法と平均年収も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスエンジニアは自由度が高い職種として知られています。そのため、フリーランスエンジニアに憧れる方も多いのではないでしょうか。しかし、フリーランスとして働くにはメリットもありますがデメリットもあります。

実際にフリーランスエンジニアへのステップアップを考えると、メリットだけに目が行きがちですが、デメリットは決して無視できません。フリーランスエンジニアを目指す方に向けて、今回はフリーランスエンジニアのメリットとデメリットをご紹介します。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスエンジニアのメリット
フリーランスエンジニアのデメリット
フリーランスエンジニアの平均年収
フリーランスエンジニアになるには
フリーランスエンジニアに求められるスキルレベル
フリーランスエンジニアの仕事の流れ
フリーランスエンジニアの現実
フリーランスエンジニアになる前にやっておくべきこと

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアは会社員と比べて、下記のようなメリットがあります。

  • 時間を自由に使いやすくなる
  • 自分で決められる範囲が増える
  • 社内の人間関係を気にせず働ける

上記はどれも会社員では手に入らないメリットです。エンジニアはもともとPCがあれば仕事ができる職種なので、フリーランスになるとより自由度が増します。ここではこれらのメリットについてそれぞれご紹介します。

時間を自由に使いやすくなる

フリーランスエンジニアは数ある職種の中でも、特に時間を自由に使うことができるのがメリットです。
会社員であれば毎日出社する必要があり、前日の夜遅くまで予定があった場合でも関係なく朝から出勤しなければなりません。しかし、フリーランスエンジニアは一日のうち何時から仕事をするかなどを自分で自由に決められるのです。

夜遅くまで予定があった次の日は、昼から仕事を始めるというように、仕事時間を柔軟に設定することも可能ですし、逆に朝早くから仕事を進め、早く終わらせることもできます。急な予定ができた際も、案件の進み具合に問題がなければ柔軟に対応できるので、フリーランスの方が会社員よりも時間が自由に使えるのです。 

自分で決められる範囲が増える

フリーランスエンジニアは、案件に関して自分の裁量が大きくなるのもメリットです。まず、自分がどの案件を引き受けるのかを自分の裁量で選ぶことが可能です。自分が得意な案件を多く受注していくこともできますし、自分があまり得意でない案件であってもスキルアップのために選ぶ、ということもできます。

また、普通の会社員であれば社内の会議やイベントに自分の名前が入っていれば、基本的に出席しなければなりません。しかし、フリーランスエンジニアは自分の関わる案件に必要な打ち合わせのみ参加すれば良いので、時間的裁量も大きいのもメリットです。
このように、フリーランスエンジニアは、仕事内容やスケジュールなどの自己裁量が大きいと言えます。

社内の人間関係を気にせず働ける

フリーランスエンジニアは企業に属さないので、社内の人間関係のわずらわしさがありません。会社員は社内の人と良好な人間関係を保つために気を遣う必要がありますが、フリーランスエンジニアであれば、社内の人間関係を気にする必要が大幅に減るのです。

プロジェクトに参加する場合でも、企業に属していないので、社員とは異なった立場で参画することになります。社員目線ではなく、プロのエンジニアの立場から意見を言ったり提案したりすることが可能なのです。

社内の人間関係を気にして改善案を言いづらいということを気にすることなく、比較的意見を伝えやすいというメリットがあります。ただし、コミュニケーションをとることも案件成功には必要なので、その点の気配りは必要です。

このように社内の人間関係にとらわれず働けるのは、フリーランスエンジニアにとって大きなメリットのひとつです。

関連記事 : フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアは、会社員と比べると下記のようなデメリットがあります。

  • 年収が安定しない
  • 社会的な信用が下がる傾向にある
  • 社会保険料を自己負担する

年収が安定しない

フリーランスエンジニアの年収は、受注する案件の数や規模によって左右されるため、会社員と比べて安定しない傾向にあります。

フリーランスエンジニアの収入は案件の単価にもよりますが、数をこなすだけ上がっていきます。逆に言えば、受注する案件数が少ないと収入が減るということです。また、収入の柱となっていた大きな案件が打ち切りということになれば、いきなり収入が断たれることにもなりかねません。

このことからフリーランスエンジニアの年収は不安定になりやすく、年収が不安定になるので生活や支払いの見通しが立ちにくくなることは否めません。例えば、家賃や光熱費、クレジットカードの支払いが苦しくなる可能性などが考えられます。

フリーランスエンジニアになる際は、年収が不安定になる可能性があることを理解しておきましょう。

社会的な信用が下がる傾向にある

フリーランスはエンジニアに限らず、どちらかというと社会的な信用が下がる傾向にあります。フリーランスは個人事業主となるため、いわゆる企業に属している会社員と比較すると安定感に欠け、社会的信用が下がりがちです。

具体例としてはクレジットカードが作れなかったり、金融機関でのローン審査が通りにくくなったりします。また、マンションなどの入居審査も通りづらくなります。このため、会社員からフリーランスエンジニアとして独立するといった場合は、事前にクレジットカードを作るなどしておくというのも一案です。

社会保険料を自己負担する

会社員からフリーランスになる際に、健康保険から国民健康保険へ、厚生年金から国民年金へ切り替える必要があり、会社と折半していた社会保険料(健康保険・年金保険)も全額負担することになります。

保障の内容が異なるのでそれぞれの単純比較は難しく、また条件にもよりますが、個人が支払う保険料の金額は増える傾向にあるため、負担に感じやすいところです。特に、収入によらず一定の金額を納める年金保険料と比べ、上限はあるものの収入に応じて金額も上がる健康保険料の負担はデメリットと感じやすいでしょう。

関連記事 : フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスエンジニアの平均年収

フリーランスエンジニアの平均年収は、コーディングできる言語や職種、案件やクライアントの規模によっても変わってきます。

例えば、レバテックフリーランスでの平均年収は862万円(2018年7月実績・週5日稼働の場合)となっています。またプログラマー求人・案件というカテゴリでみると、平均月単価は71万円で、年収換算すると852万円に相当します(2020年4月時点)。

また、会社員エンジニアの年収データとして、厚生労働省の賃金構造基本統計調査を見てみましょう。『令和元年賃金構造基本統計調査』からプログラマーの平均年収を割り出すと425万8000円(平均年齢 : 33.8歳、勤続年数 : 7.1年、年間賞与その他特別給与額含む)となります。

参照:令和元年賃金構造基本統計調査

なお、前述の比較、前提となる調査の条件が異なり、また会社員とフリーランスとの年収比較では、引かれる税金や社会保険料、労働保険料、経費や各種控除などの条件が異なるため、前述した「年収」の単純比較はできないことにご注意ください。
フリーランスが会社員よりも年収が高めになりやすい理由の一つとして、フリーランスに対しては、会社が社会保険料・労働保険料を負担しなくてよいため、その分を報酬に回しやすいという点が挙げられます。
また、会社と雇用契約を結ぶ会社員と案件ごとに契約するフリーランスという点でも差があります。長期雇用前提で、かつ一度決まった給与の額を下げることが難しい会社員と比べると、フリーランスの方が高い報酬を出しやすいのも特徴の一つです。

関連記事 : SE(システムエンジニア)の平均年収|高収入を目指すには

フリーランスエンジニアになるには

フリーランスエンジニアになるために必須の資格や条件などはありません。個人で案件を受注できれば、フリーランスエンジニアとして活動できます。一方で、受注が楽な低単価案件のみで収入を増やすのは難しいため、フリーランスエンジニアとして独立採算が取れるようになるのは容易なことではありません。

フリーランスエンジニアになるための注意点は以下の通りです。

  • 企業で3年以上働いてから独立する
  • 未経験者はフリーランスエンジニアになりにくい

企業で3年以上働いてから独立する

まず、フリーランスエンジニアとして独立する際には、企業でエンジニアとして最低3年は実務経験を積んだ方が無難でしょう。ただし、この3年というのはあくまでも目安であり、独立に必要なスキル・経験などを習得する期間は人によって異なります。

理由としては、実務未経験でフリーランスエンジニアとなるには相当な勉強と努力が必要になるためです。
独学する、プログラミングスクールに通うなどやり方はさまざまですが、プログラミングスキルを身につけるためには学習が欠かせません。また独学やスクールで学んだレベルから始めようとすると、案件も簡単なものから探すことになるため、時間と経済的負担がかかります。

一方、企業でエンジニアとして働くことができれば、研修や様々な案件をこなしていくことでスキルアップがしやすいというメリットがあります。企業の案件では、個人で受注するよりも大規模なプロジェクトが多い傾向にあり、そのような案件におおむね3年以上携わると、独立も視野に入れたスキルが身に付けられるようになってくるでしょう。

未経験者はフリーランスエンジニアになりにくい

未経験者がフリーランスエンジニアになるのは簡単ではありません。エンジニアの実務が未経験の場合、まず案件自体の受注がしづらくなります。10年以上企業で実務経験を積んでからフリーランスエンジニアになる人もいるため、そのような人と比べると不利になると言わざるを得ません。

また、フリーランスエンジニアとなると、クライアントとの信頼関係が特に重要となります。企業との信頼関係は実務経験年数に比例して高くなるので、未経験者にとっては高いハードルです。

フリーランスエンジニアが受注を増やすには、知り合いから案件を受注し、その成果物をポートフォリオとして営業していくという方法があります。もし自分でブログや何らかのサイトを運営している場合は、それをポートフォリオとすることも可能です。

しかし、企業に営業する際に使用できるほど質の高いポートフォリオを作るとなると、やはり実務経験が必要となるでしょう。

以上の点から、未経験者がフリーランスエンジニアになることが難しいことを頭に入れておきましょう。

関連記事 : 未経験からフリーランスを目指す!その心構えやスキルの習得方法をチェックできる記事まとめ

フリーランスエンジニアに求められるスキルレベル

フリーランスエンジニアに求められるスキルレベルには、以下のようなものが求められます。

  • IT技術力
  • 自己管理能力
  • アピール力

IT技術力

「IT技術力」は案件を受注するのに最も必要なスキルです。具体的にどの言語で、どのぐらいのレベルが必要になるかは案件によって異なり、また自身として求める単価などにも左右されます。

例えば、独力で案件をこなすことを重視するならば、クラウドソーシングで多く見られるランディングページ作成案件に挑戦するのは一案でしょう。各案件のページを見るだけでも、具体的にどれだけのコーディングスキルが求められるか、デザインやマーケティングなど併せて求められるスキルは何かがわかり、参考になるはずです。

自己管理能力

「自己管理能力」は、納品までの一連の業務を自分でスケジュール立てて管理・行動する能力です。フリーランスエンジニアは、案件を受注した後、納期までに納品するようスケジュールを考えなくてはなりません。

案件の難易度や期間から必要な作業量や作業時間を割り出し、1日のスケジュールを立てて、その通りに行動していく計画性が求められるのです。

アピール力

「アピール力」も重要です。技術力やマネジメント力があっても、クライアントへアピールができないと、案件受注の機会を逃すことがあるためです。営業力や交渉力があれば好条件での受注が可能となり、それが直接年収アップにもつながります。 

関連記事 : ITエンジニアのスキルアップ

フリーランスエンジニアの仕事の流れ

ここでは、フリーランスエンジニアの仕事の流れについてご紹介します。主な流れは以下の通りです。

1. 職務経歴書等の準備

まず、自分にどんなスキルや経験があるのかを企業側に伝えるために職務経歴書などの書類を作成します。これをもとに企業は選考し、案件を依頼するかどうか決めていくことになります。ここで自分の能力をアピールすることで、案件獲得へ一歩進みます。

2.紹介・仲介エージェントへの登録

次に案件の紹介・仲介エージェントへの登録をおこないます。エージェントは常時多数の案件紹介ができるので、まだ駆け出しで営業が苦手な人や、早急に案件を受注したい人におすすめです。また、クラウドソーシングで案件を受注できるサイトなども活用しましょう。

3. 業務委託案件を選ぶ

自分の条件に合った案件候補をみつけたら、エントリーをしましょう。書類選考を通ればクライアントとの詳細な打ち合わせに進みます。

4. クライアントとの打ち合わせ

詳細な業務内容の打ち合わせや、納期などを確認します。ここで自分に本当に案件をこなせるかどうか、スキルやスケジュール的にも可能かをクライアント側とチェックしましょう。この時点で詳細なところまで、確認ができていないと、後々想定していなかった業務までやることになる可能性もあるので注意が必要です。

5. 契約後、案件稼働

業務委託契約を結んだら、実際に案件が稼働します。

6. 納品

納期までに制作物を指定された方法で納品します。

関連記事 : ITエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

フリーランスエンジニアの現実

現在社会で活躍しているフリーランスエンジニアの現状は、以下のような難しい点があることも知っておきましょう。

  • 在宅案件はほとんどない
  • 年齢がネックになることがある
  • 収入不足で会社員に出戻るケースも

次項ではフリーランスエンジニアの現実※について、上記の点をそれぞれご説明していきます。

※あくまで一般的な傾向であり、レバテックフリーランスの実情と異なる可能性もあります。

在宅案件はほとんどない

実際のところ、フリーランスエンジニアで在宅案件は少ないです。全くないわけではありませんが、常駐案件に比べて安価なものが多く見られます。

常駐案件はセキュリティやハードなどの物理的制約といった事情からクライアント先に常駐して作業をするので、週5日・1日8時間作業という形がほとんどです。案件によっては、実績を積んでクライアントから信頼を得ることで、リモートワーク可能となるケースもあります。

一方で、クラウドソーシングで多く見られる規模の小さい案件であれば、在宅ワーク可能なものも少なくありません。ただし、在宅で完結するという性質上、単発で成果物を納品するという切り出し仕事になりがちで、単価も低めになる傾向があります。そうした案件だけで生計を立てるのは難しいですが、副業としてであれば一考の余地があるでしょう。

年齢がネックになることがある

案件受注に年齢の制限はなく、40代や50代のフリーランスエンジニアも活躍しています。年齢が高めであっても、スキル・経験・マネジメント力などが高い人であればフリーランスエンジニアとしての案件を受注することが可能です。

ただし、長期的な案件の場合は体力的に余裕のある若い人を希望する、あるいはプロジェクトチームに若いメンバーが多く同年代を希望する、といった想定を企業がしている場合は、年齢によって受注できる案件が異なってくる可能性も否定できません。

収入不足で会社員に出戻るケースも

フリーランスエンジニアには、思ったように収入が安定せず、会社員に出戻るケースが少なくはありません。収入不足に陥った原因としては以下の2つが挙げられます。

  • 案件が獲得できない
  • 収入が安定しない

自分1人では案件が獲得できずにフリーランスエンジニアから会社員に戻るケースがあります。コーディングのスキルはあっても、営業をしたことがなく、案件受注がうまくいかないということは少なくありません。フリーランスエンジニアは、受注案件数が多ければ多いほど収入が増えていくため、受注案件数を確保できるかは重要な要素なのです。

もう一つは収入が安定しないことです。収入の柱となっていた案件が打ち切りになると、一気に収入面が厳しくなります。このように収入が安定しないことが原因で、会社員に戻る人も少なくありません。

関連記事 : フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

フリーランスエンジニアになる前にやっておくべきこと

準備不足でフリーランスエンジニアになっても、成功率は低くなってしまいます。フリーランスエンジニアになる前にやることとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 人脈や交流を広げておく
  • エンジニア以外の収入源を確保しておく
  • 資格を取得しておく

次項では、それぞれの内容についてご説明します。

人脈や交流を広げておく

フリーランスエンジニアにとって、人脈や交流を広げることは重要です。例えば、知り合いから案件を相談されたり、同じプロジェクトにヘルプとして呼ばれたりする可能性も十分にあります。加えて、会社員では普通だった同僚への仕事についての相談なども行うことでお互い高め合っていくこともできます。

また、もし案件を大量に受注して手が回らなくなった場合、信頼関係のある知り合いに依頼して案件をこなしてもらうことも不可能ではありません。このようにフリーランスエンジニアとして人脈を広げることは、様々な面で成功へ近づきやすいので意識しておきましょう。

エンジニア以外の収入源を確保しておく

フリーランスエンジニアとしては、エンジニア以外の収入源を確保しておくことも重要です。1つの収入源に依存してしまうとリスクが高くなってしまうからです。

例えば、PCの故障や手指の骨折など、何らかの事情でコーディングが出来なくなってしまった場合、収入がゼロになってしまいます。もしそんな状況になった際、全く異なる収入源があれば収入がゼロになることはありません。リスクを分散させるためにも別の収入源を確保しておくことが重要です。

資格を取得しておく

フリーランスエンジニアは、資格があれば即仕事が取れる職種ではありませんが、スキルアップや現在の実力確認のための手段の一つとして資格取得も念頭に置いておくとおよいでしょう。
必ずしも決まった資格が必要というわけではありませんが、以下のような資格はエンジニアとしての基本を身につけるのにつながります。

LinuC

LinuCは「Linux技術者認定(LPIC)」と同様の試験であり、サーバー管理やシステム管理に関する専門知識を身に着けることができます。
参照 : IT資格といえば LinuC | Linux技術者認定試験 リナック | LPI-Japan

ORACLE MASTER

また、ORACLE MASTERは日本でもトップシェアを誇るオラクルのデータベース認定試験であり、データベース管理・運用やSQL(データベース言語)の基礎を習得したことを証明します。
参照 : ORACLE MASTER Portal - be an ORACLE MASTER - | オラクル認定資格制度 | Oracle University

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.