あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

未経験からフリーランスになるには?
フリーランスプログラマの仕事内容やメリット・デメリット|収入・年齢・必須スキルを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

IT関連の職業の中でトップクラスの人気である「プログラマ」。近年では働き方改革の影響もあり、フリーランスとしてプログラマを始める人が増加しています。

自由度の高いフリーランスという働き方が気になるという方も多いのではないでしょうか。
そこで、ここではフリーランスプログラマの全貌とはどのようなものなのかについてご紹介します。

正社員として決まった時間や場所で働いているけれども満足できないという方や、もっと自由度高く、自分の能力を活かしてフリーランスプログラマを目指したい方は必見です。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスプログラマの種類
フリーランスプログラマの仕事内容
フリーランスプログラマのメリット
フリーランスプログラマのデメリット
フリーランスプログラマに必要なスキル
フリーランスプログラマの年収
フリーランスプログラマの年齢
フリーランスプログラマの案件
フリーランスプログラマの働き方

フリーランスプログラマの種類

フリーランスプログラマには、大きく分けて以下の3種類があります。

  • Web開発
  • ソフトウェア開発
  • 組み込みファームウェア開発

開発するサービスや仕事内容が異なってくるため、それぞれ理解していく必要があります。Web開発やソフトウェア開発、組み込みファームウェア開発についてそれぞれの特徴を以下で詳しく解説します。

Web開発

名前の通りWebサイトを開発するプログラマのことで、Webエンジニアと呼ばれることもあります。

開発するサービスはネットショップや掲示板サイトのほか、メディアサイトや会員制サイトなど、さまざまなWEBサイトに携わることができます。WEB開発で実際に構築する部分は、サーバーやデータベースなど、利用ユーザーからは見えないシステム側が担当です。

難易度は仕事内容に応じて変わり、大規模のサービスやセキュリティの重いサービスの場合は相当な経験と知識が必要となるでしょう。

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発では、ツールやアプリケーションなどをプログラミングします。Web開発は、Webというプラットフォームがあって初めて開発をすることができます。一方、ソフトウェア開発はWebそのものの仕組みを作るための開発、と言うことができます。

そのため、Web開発より難易度が上がりますが、サービスの規模によってまちまちなので、実際は案件によってかなり差があるのが現状です。開発するサービス例としては、デスクトップアプリやチャットアプリ、ゲームなど多岐にわたります。

組み込みファームウェア開発

組み込みファームウェア開発では、家電や自動車などのハードウェアにソフトウェアを組み込んでいくためのプログラミングを行います。組み込みファームウェア開発をする人を「組み込み系エンジニア」とも呼びます。プログラマの中でもあまり知名度は高くなく、縁の下の力持ちのような開発業務と言えるでしょう。

例えば、エアコンの暖房で22度という温度設定をした場合、22度になったら動作が勝手に止まるのは、この組み込み系エンジニアのプログラミングがあってこそなのです。

関連記事 : プログラマの種類について

フリーランスになれるか相談する

フリーランスプログラマの仕事内容

まず、サービス全体の開発は基本的に以下のフローで進められます。
 

  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • コーディング
  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • システムテスト
  • 運用テスト

実際にコーディング(プログラムを書くこと)をする工数は少なくよりも、設計やテストがメインの業務です。要件定義や基本設計についてはシステムエンジニアが担当することが多いですが、プログラマも関わるケースもあります。

フリーランスプログラマとして業務を行う際も、要件定義や基本設計を意識しながら行うことで、認識のズレなく案件を進めていけるのです。

プログラマと聞くと、ひたすらコードを入力しているイメージがありますが、実際はそれ以外の作業も多いということを知っておきましょう。

フリーランスのプログラマになるということは、本業に加えて仕事の獲得や事務的な処理が発生するということです。営業力やお金の管理も重要ですから、単に「プログラミングができればいい」という意識ではフリーとして業務をすることは難しいでしょう。

関連記事 : Webプログラマーの仕事内容について

フリーランスプログラマのメリット

フリーランスプログラマのメリットは主に2つあります。

正社員のプログラマより収入が多い

フリーランスプログラマは、即戦力としてプロジェクトに採用されることが基本であるため、キャリアアップの要素を含む正社員よりも収入自体は多くなります。スキルにもよりますが、年収1000万程度ということも現実としてよくあります。

休日を自分で決めることができる

正社員であれば会社で定めたカレンダーに従うことになりますが、フリーランスであれば現場との相談次第で好きな日に休みを取ることができます。

工数や報酬に関係してくるため必ずしも希望が通るわけではありませんが、正社員と比べると自由度は高くなります。

関連記事 : プログラマーの副業について

フリーランスプログラマのデメリット

フリーランスプログラマには魅力的なポイントが多くありますが、一方で意識しておかなければならないデメリットもあります。実際に動き出す前によく比較検討しておきましょう。

案件を獲得するためには営業力が必要

単にプログラミングができるだけでは、フリーランスとして働くのはそう簡単ではありません。クライアントに対してスキルや目標、性格、魅力など、より好印象を与えられるように営業しなければ、案件の獲得が難しいからです。

本業以外に事務的な作業が必要

フリーランスは「個人事業主」の部類になるので、税金の管理など、事務的な作業は全て自分で行わなければなりません。日常生活の中でも領収書のことを気にしなければならないなど、事務的な作業が苦手だとそちらに時間を取られ過ぎてしまい、肝心のプログラミングの時間が取れなくなってしまいます。

一緒に仕事をする仲間はお客様

正社員であれば上司や先輩とチームを組んで一緒に仕事をするので、比較的仲間意識も生まれます。

しかし、フリーランスとなると常駐先の仲間は全員がお客様です。積極的に人と仲良くなれる人や、気疲れしたり、ストレスをため込まない人は良いですが、そうでない方にとっては苦労することになるかもしれません。

関連記事 : 苦手を克服!フリーランス向け営業テクニックまとめ

フリーランスプログラマに必要なスキル

フリーランスプログラマになるために必要なスキルは以下の通りです。

  • プログラミング言語などの知識
  • 実務経験
  • コミュニケーション能力

フリーランスプログラマになるのに特別な資格や免許は必要ありません。大切なのはスキルです。次項では、必要なスキルについて解説していきます。

プログラミング言語などの知識

フリーランスプログラマになるには、プログラミング言語の知識は必須です。よく使用されるプログラミング言語の例としは以下のようなものがあります。

  • PHP
  • Java
  • Python

フリーランスプログラマの場合、これらのプログラミング言語を使った案件は比較的多く、中には高単価の案件も存在します。一方でプログラマに人気の言語である分、競争率も高くなり希望の案件を獲得しにくくなるということも発生します。

そういった場合は、以下のような比較的新しく需要が伸びてきている言語を学習しておくなど、希少価値の高いスキルを身につけておけば競争率を下げることができるでしょう。

  • Go
  • Kotlin
  • Scala

新しいプログラミング言語や人口の少ないプログラミング言語の知識があると、対応できるプログラマが少ないために重宝されることもあります。自分が関わりたい開発や相場を理解しておくと、より理想のプログラマ案件を見つけることができるでしょう。

実務経験

フリーランスプログラマとして独立するなら、企業でプログラマとしての実務経験があるとよりアドバンテージとなります。

未経験や実務経験が浅くても参画できる案件はもちろんありますが、それはごく一部です。未経験可の案件がないフリーランスエージェントも多いです。

求められる経験は案件によってさまざまですが、例を挙げると、以下のような実務経験がしばしば求められます。

  • PHPでの開発経験2年以上
  • Javaを使用した上流工程の経験2年以上
  • ソフトウェア開発経験3年以上

ほとんどの案件が数年間の実務経験を求めているので、未経験の方はまず正社員として会社に入り、プログラミングの経験を積むことが目指すとよいでしょう。逆に経験があれば、参画できる案件数は数十数百と増えますので、案件がなくて困ることはあまり考えられません。

コミュニケーション能力

ひとりで黙々とコードを入力し続けるイメージを持たれるプログラマですが、実際はチームやクライアントのコミュニケーションが頻繁に行われます。

必要なコミュニケーションスキルは単に仲良く話すための会話術ではなく、積極的に意見ができる姿勢や会話の中の要点をまとめられる、実務的なスキルのことをいいます。

特に、プログラミングに関する専門的な内容を、わかりやすく噛み砕いて説明する能力は必須です。業務遂行のための連絡や連携は、プログラマにとって技術同様、必須のスキルと言えるでしょう。

関連記事 : プログラマのスキルアップについて

フリーランスプログラマの年収

フリーランスプログラマの定義にもよりますが、レバテックフリーランスにおけるプログラマー案件の平均月単価は71万円、年収換算で852万円となっています(2020年4月時点)。

参照 : プログラマー(PG)の求人・案件一覧

ただし、一口にフリーランスプログラマの年収といっても、案件によって大きく異なりますし、個人のスキルや経験に左右されます。市場における希少価値の高い言語やフレームワークのスキルがあれば高単価になりやすいなどの傾向があるので、下記の単価ページを見るとイメージしやすくなるでしょう。

参照 : 単価相場
関連記事 : プログラマーの平均年収

フリーランスプログラマの年齢

会社員プログラマーと比べると、フリーランスプログラマーの年齢層は高い傾向にあります。前述したフリーランスプログラマーに必要なスキルからわかるように、フリーランスプログラマーになるには年単位の経験が求められることがほとんどです。

そのため、フリーランスプログラマーになる人の多くは企業でプログラマーの経験を身につけており、年齢層も必然的に高くなるでしょう。案件によっては年齢が若い方が有利と言われることもありますが、需要のある付加価値を自分に身につけておくことで、年齢に左右されないフリーランスプログラマーとなることができるでしょう。

関連記事 : プログラマーの将来性について

フリーランスプログラマの案件

フリーランスプログラマの案件には多くの種類があります。ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、フリーランスプログラマーの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。

【C#/C++】遠隔監視システム開発の求人・案件

■単価
〜850,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
■職種・ポジション
プログラマ(PG)
■職務内容
・遠隔監視システム開発案件に携わっていただきます。
・主に下記作業をご担当いただきます。
-実装からテスト
-小型制御装置を使用するソフトウェアの開発
-監視カメラで撮影したデータをクラウドで制御するシステムの開発
■求めるスキル
・C#もしくはC++を用いた開発実務経験2年以上
【歓迎スキル】
・Windowsでのソフトウェア開発経験
・ネットワークの開発経験
■最寄り駅
新横浜(神奈川県)

【Java/上流】食品宅配Webサービス保守開発の求人・案件

■単価
〜750,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
■職種・ポジション
SE (システムエンジニア)、プログラマ(PG)
■職務内容
・大規模インターネット出前注文サービスの開発に携わっていただきます。
・システム運用側からシステム開発側への回収依頼やテスト業務などを担当いただきます。
■求めるスキル
・Javaでの開発経験
・要件定義などの上流の経験
・テスト業務の経験
・調整業務の経験
【歓迎スキル】
・クラウドの経験
■最寄り駅
大手町(東京都)


上記の内容はプログラマーのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

プログラマーの案件をもっとみる

関連記事 : プログラマーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

フリーランスプログラマの働き方

フリーランスプログラマには主に2種類の働き方があります。

  • 常駐タイプ
  • 在宅タイプ

以下、それぞれ解説していきます。

常駐タイプ

常駐タイプは、クライアントや契約先のオフィスに出勤し、そこで作業をするタイプの働き方です。客先常駐のメリットは、ほかのプログラマと直接関われることや、打ち合わせや連携がしやすいことにあります。

逆にデメリットは、前述したフリーランスプログラマのデメリットのように、常駐先は全員お客様であったり、知らない人間だらけの中で作業したりすることになるので、気疲れしてしまうことなどです。

もちろん、コミュニケーションを積極的にとり、働きやすい環境作りをしていくことができれば、デメリットの解消は不可能ではありません。

多くの人と直接コミュニケーションを取れる方や、クライアント先のオフィスに常駐することが気にならない方は、常駐タイプが向いています。

在宅タイプ

在宅タイプの働き方は、自宅で作業をするという形です。「在宅勤務」や「リモートワーク」とも言います。

在宅タイプのメリットは、時間や場所に縛られない自由な働き方が実現できることです。打ち合わせなどで出勤が必要になることもあるので、必ずしも全て自由というわけではありませんが、基本的には自宅やカフェなど、自分の好きな場所で働くことができます。

逆に在宅タイプのデメリットとしては、ほかのプログラマやクライアントと直接会話する機会があまりないため、関係作りや距離感に悩まされることが挙げられます。そのような場合には、打ち合わせやチャット上で積極的に会話をすることができれば、信頼関係を築きやすくなります。

関連記事 : 在宅プログラマーの働き方

未経験でもフリーランスプログラマになれる?

未経験のままフリーランスプログラマになることは不可能ではありませんが、実際には難しいでしょう。

未経験採用の案件が極端に少ない上、未経験のままプロジェクトに参画しても現場についていくにはハードルが高いです。そのため、未経験からフリーランスプログラマになるなら、まずは企業の内部で経験を積むことが欠かせません。

しかし、企業に採用されるにも予めある程度のプログラミングスキルは必要なので、まずはプログラミングスクールや独学で知識をつけることが必要です。

関連記事 : 在宅プログラマーを未経験で目指す方法

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.