オンラインカウンセリング実施中

効率的なスキルアップ方法とは?
フリーランスに必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスエンジニアに必要なスキルとして、プログラミングスキルや自己管理能力、営業スキル、確定申告の知識が挙げられます。必要なスキルを身につけるには、書籍や勉強会・セミナー、スクールを活用する方法があるでしょう。

当記事ではフリーランスエンジニアに求められるスキルのほか、独立前の準備についても解説します。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスエンジニアに必要なスキル
フリーランスエンジニアのスキル習得法
フリーランスエンジニアになるにはどんな準備が必要?

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアは、プログラミングスキルや自己管理能力、営業スキル、確定申告の知識が必要です。

プログラミングスキル

フリーランスは基本的に即戦力となることを期待され、案件参画時にクライアントのニーズに沿ったプログラミングの知識・スキルを身につけている必要があります。

求められるプログラミングスキルはプロジェクトや業務内容によって異なりますが、システム開発やWeb開発ではPHPやJava、機械学習ではPython、iOSアプリ開発ではSwiftが例として挙げられるでしょう。

なお、フリーランスエンジニアとして案件を受注する際、知識・スキルのアピール材料としてスキルシートを提出することがあります。スキルシートは、これまでに担当した業務内容や自己PR、保有資格などをA4用紙2、3枚程度にまとめた書類を指します。

自己管理能力

自宅で作業するフリーランス(在宅型フリーランス)の場合、基本的に業務の開始・終了時間を自分で決められますが、プライベートとのメリハリをつける必要があります。1日の作業時間をあらかじめ決める、納期を考慮して案件の受注量を調整するなど、スケジュールやモチベーション、体調管理に気を付けることが大切です。

なお、企業に常駐して業務を行うフリーランス(常駐型フリーランス)は、在宅型に比べると生活リズムを整えやすいと考えられます。そのほか、エンジニア同士で情報交換できる、プロジェクトメンバーと連携して業務を進められるといった特徴があり、モチベーションを維持しやすいといえるでしょう。

営業スキル

フリーランスは受注した案件数や単価によって収入が増減するため、安定的に収入を得るには、業務と並行して営業を行う必要があります。営業をスムーズに行うには、以下のようなスキル・姿勢が大事になるでしょう。
 

  • 得意分野や貢献度の高さを端的に伝えるスキル
  • スキル、経験を踏まえて希望報酬を交渉するスキル
  • クライアントのニーズを汲み取るスキル
  • 傾聴する姿勢

営業に不安がある方は、フリーランスエンジニア向けエージェントを活用するのも1つの手。エージェントに登録すると、営業代行のほか希望・経験に合う案件の提案やキャリア相談などのサポートを受けられるため、初めてフリーランスになる方も安心して案件に参画できると考えられます。

確定申告に関する知識

会社員の場合、確定申告の代わりともいえる年末調整を企業側が行うため、基本的に確定申告をする必要はありません。しかし、フリーランスとして働く際は1年間(1月1日から12月31日まで)の所得と所得にかかる税金(所得税)を計算し、期日までに確定申告書の提出と納税を行う必要があります。

確定申告書を作成する際は簿記の知識が必要になりますが、不安な方は会計ソフトを活用すれば負担を軽減できると考えられます。そのほか、フリーランス向けエージェントの税理士紹介サービスを利用し、業務に専念するために確定申告を代行してもらうのも1つの方法です。

参考 : No.2020 確定申告|国税庁

関連記事:税理士へ依頼するメリット・デメリット

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアのスキル習得法

フリーランスエンジニアがスキルを磨く方法として、「書籍で独学する」「勉強会やセミナーに参加する」「スクールを活用する」の3つが挙げられます。

書籍で独学する

独学の場合、好きなタイミングで勉強できる、費用を抑えられるというのがメリット。ただし、自由度が高い分、モチベーション管理に注意しなければなりません。基礎から学ぶ際は、挫折しないよう初心者向けの書籍を選び、基本を身につけてから応用にチャレンジしてください。

書籍で基礎知識を身につけたら、実際にコードを書いて理解度を測りましょう。

勉強会やセミナーに参加する

フリーランスエンジニア向けの勉強会・セミナーに参加すれば、スキル向上を図れるだけではなく、人脈を広げたりモチベーションアップにつながったりする可能性があります。以下の項目を確認し、目的意識を持って参加しましょう。
 

  • 学習内容
  • 対象者
  • 講師の経歴
  • 参加費
  • 開催場所
 

なお、勉強会・セミナーの開催情報はWebサイトで探すことができます。

スクールを活用する

スクールには、通学型のほかオンライン型の講義があります。

通学型のスクールは、直接講師に質問できる、勉強仲間ができてモチベーションを維持しやすいというのが特長。オンライン型は、基本的に好きな場所・時間に勉強でき、ライフスタイルに合わせてスキルを身につけられるというメリットがあります。

スクールの中には、集団ではなくマンツーマンで講義を受けられるコースがありますが、費用はその分高くなるでしょう。そのほか、「◯週間プラン」と短期間のコースを用意するスクールもあるので、状況に合わせて活用するか決めましょう。

関連記事:エンジニアの勉強会について
関連記事:SE向けのセミナー

フリーランスエンジニアになるにはどんな準備が必要?

フリーランスエンジニアとして業務をスムーズに進めるには、知識・スキルを身につける以外にも、人脈を広げる、実績を積むといったことに取り組んでおく必要があるでしょう。

人脈を広げる

フリーランスが案件を受注する際は、クラウドソーシングを活用したり会社員時代の同僚・上司に依頼してもらったりする方法があります。そのほか、エンジニア向けの勉強会やセミナー、交流会、異業種交流会などに参加し、知り合った人から受注するのも1つの手です。

知り合いに新たな受注先を教えてもらえる可能性もあるため、安定的に依頼を受けられるよう、フリーランスになる前に人脈を築いておくのが得策といえるでしょう。

なお、人脈に不安があるときは、フリーランスエンジニア向けのエージェントに登録し、案件の提案や営業代行といったサポートを受けるという選択肢もあります。

関連記事:人脈の広げ方を知りたい!そんなときの参考になる記事特集
関連記事:フリーランスエージェントを利用するとどんなメリットがある?

実績を積む

フリーランスエンジニアが案件に参画する際は、スキル・経験が重視される傾向があります。希望の案件に参画するには、書籍やセミナーなどで知識を習得するだけではなく、身につけたスキルを活かして業務に携わっておく必要があるでしょう。

実績を積む方法としては、会社員として仕事に携わる中で成果を出すともに、フリーランスとして副業することが挙げられます。会社員のうちに副業すれば、案件の受注方法や納品までの流れを押さえられ、フリーランスの向き不向きも考えられるでしょう。

ただし、会社によっては副業を禁止している場合があるため、就業規則を確認したうえで始めるようにしてください。

関連記事:会社員がフリーランスとして副業をすることはできるか?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.