オンラインカウンセリング実施中

事前準備を整えてフリーランスデビューを叶えよう!

独立したいあなたへ。フリーランスデビュー前にこれだけは知っておこう!

フリーランスを志している方の中には、仕事をはじめるうえで必要な準備や手続きなどがわからず、最初の一歩が踏み出せない方がいるのではないでしょうか?
そこで、ここではフリーランスデビューのためにやっておくべきこと、知っておくべきことをご紹介します。

自分に合う案件を提案してもらう

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

目次

屋号は必要?私のつけ方と実際につけて活動した感想
独自ドメインのメールアドレスをつくろう
フリーランスの開業届けを提出してきました
印鑑作成は悩む前にやっておいた方が良いですよ
【ポートフォリオの作り方】
フリーランスになる時のおカネ回りの準備のススメ
フリーランス開業直後は健康保険の任意継続を利用しましょう
フリーランスになる前に!引っ越しとクレジットカード作成

屋号は必要?私のつけ方と実際につけて活動した感想

『カワッタデザイン 明石のデザイン事務所』は、フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍されているカワタユウキさんのブログ。

その中の《フリーランスになったら屋号は必要?私のつけ方と実際につけて活動した感想》という記事では、カワタさんがどうやって屋号を決めたのか、そして屋号を付けた後の所感が綴られています。

まず、記事内でカワタさんは屋号とは看板のようなものだと説明。
フリーランスになって必ずしも付ける必要はないそうですが、屋号を付けると以下のようなメリットがあると言います。
・覚えてもらいやすい
・どんな仕事をしているのか名前から想像しやすい
・屋号名義で口座を開設できる
・請求書や領収書の宛名も屋号でOK
これらのメリットを享受したいのであれば、屋号は付けたほうが良さそうですね。

また、カワタさんは、屋号を付ける際に“覚えてもらいやすい”という部分を特に重要視したそう。
それに加え、絶対に他に例がなく、名前を聞いたらカワタさんを連想できるものであり、検索しても他のものが引っかからない名前を付けることを意識しています。

そこでカワタさんは、小学校の頃に言われた「カワタカワッタなぁ~」というダジャレに着目し、カワッタデザインという名称を採用。
実際にダジャレを屋号に採用したことで、「カワッタデザインのカワタさん」とすぐに覚えてもらえるようになったそうですよ!
さらに、屋号の大事なポイントとして、小学生にも覚えてもらいやすい(わかりやすい)=大人も一発で覚えられる名称になると述べています。

もし、屋号を付けたいと考えている方は、カワタさんのように小学生でも覚えられるわかりやすい名前を検討してみてはいかがでしょう?
自分らしさがこもった、シンプルな良案が浮かんでくるかもしれませんよ。

【参照元】https://kawatta-design.com/freelance/20180720_freelance_yagou.html

自分に合う案件を提案してもらう

独自ドメインのメールアドレスをつくろう

フリーランスとして独自ドメインを持つかを検討している方に読んでほしいのが、広告コピーライターのゆきたかさんが運営する『Think Minimalist』の中の《独自ドメインのメールアドレスをつくろう《フリーランスには必須!?》》という記事。

記事でまずはじめに触れているのが、独自ドメインを持つメリットとデメリット。
メリットは、事業への信頼性が出ることと自分自身のモチベーションが上がること。
デメリットには、ちょっとした手間がかかることと維持費が必要なことが挙げられています。
そこでゆきたかさんは、フリーランスとして、クライアントに信頼性を持たせること、自身のモチベーションを上げることの具体例を詳しく語っており、作っておいて損はないと述べています。

それに続けて本文では、独自ドメインのメールアドレスの運用方法も解説されています。
一から独自ドメインのメールアドレスを運用する際、必要になる手順は以下の通り。

1.サーバーをレンタル
2.独自ドメインの取得
3.サーバーとドメインの連携
4.メールアドレスの作成
5.使いやすいgmailとリンク

ここで大事になってくるのが、自分のWebサイトを所持しているか、サーバーをレンタルしているか、ドメインを持っているかで手順が変わるところ。
記事中では、ゆきたかさんがそれぞれの状況に合ったベストな流れをまとめてくれているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

その他、ゆきたかさんのブログには、ミニマリスト・広告・海外に関連した内容がラインナップしています。
興味がある方は、そちらも覗いてみてくださいね。

【参照元】https://adcreatorsblog.com/adcreative5

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの開業届けを提出してきました

『フリーに生きる。』は、フリーランスのWebエンジニアとして活躍中のアヤカさんが運営するブログ。
そのため、ブログにはWeb制作のノウハウや、フリーランスの仕事術など、これまでの経験を踏まえて綴った記事が豊富に掲載されています。
どれも読み応えある記事ばかりなので、スキマ時間の情報収集に役立ててみてはいかがでしょうか。

さて、その中から注目したのは、こちらの《フリーランスの開業届けを提出してきました》という記事です。
ここでは、開業届と青色申告承認申請書について、事前準備から提出するまでの方法が紹介されています。

アヤカさんによると、まずは管轄の税務署を調べる必要があるとのこと。
こちらは、国税庁のHPで調べられるようですよ。

申請書の記載方法は2通りあるとのことですが、アヤカさんの場合は管轄の税務署に直接訪れ、その場で書類に記載したそうです。
その書類にどんなことを書く必要があるのかは、事前に国税庁HPのPDFを見て確認しておくと、慌てず書くことができるとアドバイスされています。
記事には、実際の書類の画像が添付されているので、そちらも参考までに確認してみると良いでしょう。

その他、書類の記載事項で悩みがちな箇所の記載方法や、開業届を提出する際に持参するものなど、体験談を交えて記されています。
今後、開業届けや青色申告承認申請書を提出する予定があるという方は、ぜひ記事をくまなく読んでみてはいかがでしょうか。

【参照元】https://eeedotweb.com/blog/freelance/kaigyou/

自分に合う案件を提案してもらう

印鑑作成は悩む前にやっておいた方が良いですよ

『今が最高のプレゼント Present is the best gift』を運営するじゅんさんは、プロジェクトファシリテーターとして活躍する一人。
そのため、ブログにはファシリテーションについて深く掘り下げた内容の記事が掲載されている他、フリーランスの仕事術やガジェット、デジタルトランスフォーメーションなどをテーマにした情報が公開されています。

こちらの《フリーランスなら印鑑作成は悩む前にやっておいた方が良いですよ》という記事も、その中の1つです。
ここでは、フリーランスとして独立する場合に悩みがちな、印鑑の必要性と、どんな印鑑を準備するべきかについて述べられています。

まず、じゅんさんが記事の冒頭で伝えているのは、やはりフリーランスでお仕事をする場合に印鑑は必要だということ。
たとえペーパーレスの時代であったとしても、特にお客様との取引や公的な手続きといった重要な書類においては、電子印ではなく印鑑での押印が求められるのだと言います。

では、一体どんな印鑑を用意すると良いのでしょうか?
じゅんさん曰く、実印と銀行印、認印の3つに加え、シャチハタも作っておくと良いそうです。
それも、これらの印鑑はそれぞれ用途が異なるようで、記事ではその印鑑を使用するシーンや注意点などが詳しく解説されています。
また、実際に印鑑を作る場合に参考になりそうな情報も載せられているので、じっくり記事に目を通すと独立前の悩みを解決するヒントが得られるでしょう。

【参照元】https://blog.office-root.com/freelance/japanese-inkan/

自分に合う案件を提案してもらう

【ポートフォリオの作り方】

フリーランスとしてスタートを切るときには、事前準備が大切です。
屋号を考えたり、名刺を用意したり、資金を集めたりと、さまざまなことをしなければなりませんが、ポートフォリオの制作もその一つと言えます。
そこで、ここでは『でょおのぼっちブログ』の中から、《【ポートフォリオの作り方】フリーランスグラフィックデザイナー》という記事に注目してみましょう。

筆者のでょおさんは、フリーランスを目指すグラフィックデザイナー兼DTPオペレーター。
記事には、そんなでょおさんが紙ベースのポートフォリオを制作をしたときに重視した5つのポイントが紹介されています。

・目的を明確にする
・多様な種類の作品を載せる
・デザインコンセプトはコンパクトにまとめる
・自己紹介文と連絡先をしっかり書く
・Web版も用意しておく

各項目にはその理由も綴られているので、これから新たにポートフォリオを制作する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
魅力あるポートフォリオができれば、自分の実力を相手にプレゼンしやすくなるので、仕事の獲得や人脈づくりがスムーズにいくかもしれませんよ!

【参照元】https://www.dyoblog.com/entry/design/portfolio

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスになる時のおカネ回りの準備のススメ

『ジンノユーイチ税理士事務所』は、独立し、ひとり税理士として活躍するジンノユーイチ(神野裕一)さんのサイト。
こちらでは相続に関することや、フリーランスに向けた記事が発信されており、たとえば《フリーランスになる時のおカネ回りの準備のススメ》もその1つです。

ジンノさんによると、フリーランスになったうえで本業を上手く進めていくには、維持管理をはじめとする事務作業が欠かせないとのこと。
そこで、フリーランスになる前に、お金回りの準備をしておくと安心だと言います。

特に準備しておいた方が良いとされているのは、プライベート用とは別に、仕事用の預金口座とクレジットカードを作ること。
なんでも、仕事用の預金口座とクレジットカードを持つことで、プライベートとの仕分けが必要なくなるからだそうです。
確かに、定期的にプライベートと仕事の入出金を分けていても、結局一度に分ける手間が必要になるだけでなく、どれがプライベートの支出でどれが仕事の支出なのか忘れてしまうこともあるでしょう。
その点、あらかじめ別々にしておけばそういった問題がなくなるため、時間の節約になると語られています。

上記の記事内では、より詳細にまとめられているので、ぜひ隅々まで確認してみてはいかがでしょうか。

なお、サイト内には1つのカテゴリーとしてブログが設置されており、その中にもフリーランスに役立つ情報が詰まっていましたよ。
併せてチェックし、今後の活動に活かしてみてくださいね。

【参照元】https://jinnozeirishi.com/2019/08/16/freelance-8/

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランス開業直後は健康保険の任意継続を利用しましょう

サラリーマンからフリーランスに転身するときには、会社で加入していた社会保険から、国民健康保険に切り替える必要があります。
しかし、事業主と被保険者とで保険料を折半していた社会保険と比べると、国民健康保険は毎月の支払額が高くなるケースがほとんど。
そのため、独立直後のフリーランスの多くは、国民健康保険料の支払いが負担になってしまうようです。

『地方在住で40代からフリーランスに転身したエンジニアのブログ』を運営するTatzさんも、フリーランスデビュー当時、国民健康保険の支払い額に不安を感じていたと言います。
しかし、Tatzさんは社会保険を任意継続できる制度を利用することで、医療保険料の支払額を抑えたとのこと。
そして、こちらの記事《フリーランス開業直後は健康保険の任意継続を利用しましょう》に、そのときの経験をまとめられています。

この記事には、社会保険を任意継続できる期間や制度を利用するための条件、気をつけるべきポイントなどが書かれているので、要チェックですよ!
なお、記事の後半には、任意継続期間が過ぎた後、国民健康保険に加入して支払額を安くする方法についても触れているので、そちらも併せて読んでおくと、医療保険に関する不安はいくらか解消されるのではないでしょうか。

【参照元】https://forties-freelance-engineer.net/optional-continuation-health-insurance/

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスになる前に!引っ越しとクレジットカード作成

「フリーランスになるなら、会社員のうちに身の回りの契約ごとを済ませるべき」と語るのは、『漫画アシスタントエンジョイブログ』の運営者であるさななさん。
ブログに掲載されている《フリーランスになる前にすること!引っ越しとクレジットカード作成》という記事の中で、さななさんの実体験をもとに、その理由が綴られていたので紹介しましょう。

たとえば、さななさんはフリーランスになってから引っ越しを検討し、いざ物件を借りようとしたところ審査に落ちてしまい、ショックを受けた経験があるそうです。
しかし、これは決して珍しいことではなく、フリーランスのあるあると言っても過言ではないのだとか。
なんでも、会社員よりフリーランスの方が収入がいい場合でも、安定した収入とどこかの会社に所属しているという肩書きを持っている方が社会的信用が高く、不動産会社や大家さんが安心して家を貸すことができるからだと言います。

一方、フリーランスになったら引っ越しができなくなるのかと言えば、そうでもないようで、とあるものを用意すれば契約が結びやすくなるとのことですよ。
そのとあるものが何なのかは、ぜひ本文を読んで確認してくださいね。
その他、クレジットカードやローンなどについても触れられているので、こちらも忘れずに要チェックです!

【参照元】https://comicassistant.com/housemoving

自分に合う案件を提案してもらう

 

レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランス専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスへの転向をお考えの方は、下記の記事も併せてご覧ください。フリーランスとは?といった基本から、フリーランスになるために必要な手続きや会社員のうちにやっておきたいことなど、フリーランスの仕事に興味のお持ちの方に役立つ情報をお伝えしています。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.