ネットワークエンジニア派遣求人特集

コーディネーターからのアドバイス

派遣ネットワークエンジニアのメリット・デメリットとは

金 美玉

ネットワークエンジニアの派遣先における業務は、IT機器のネットワーク部分に関する設計・開発・運用管理です。ネットワークに関する知識や技術はもちろん、メーカーごとに異なる機器の機能やそれらの相性についても十分な理解が求められます。派遣されたネットワークエンジニアは、顧客のニーズやシステム要件を正確に把握し、提案書を作成します。提案書に基づき、システムの内容について顧客にわかりやすく丁寧に伝える話術も必要です。ネットワークエンジニアの派遣求人では、フリーランスと違って有給休暇が取得できる点などもメリットと言えるでしょう。ただし、派遣先の開発機器を使用するため、使い慣れない機器やシステムの操作ミスなどで思いがけないトラブルが発生するケースもあります。派遣先の技術者と十分な連携をはかり、トラブルに柔軟に対応するヒューマンスキルを磨くことも重要です。

ご登録後のサービスの流れ

  1. カウンセリング
    Web業界に精通したコーディネーターが派遣についての説明、ご経験・スキルやご希望条件などカウンセリングいたします。
  2. お仕事の紹介
    カウンセリングで伺った希望に沿ったお仕事を数多くご紹介します。ご希望の場合は、実際に職場を見学していただくことも可能です。
  3. お仕事の決定と手続き
    お仕事が決まったら、当社への入社手続きおよびコーディネーターから就業にあたっての諸連絡をさせていただきます。
  4. 就業開始
    派遣先企業での就業がスタートします。

【売り手市場のネットワークエンジニア。自分にマッチする求人をじっくり探せます】
ネットワークエンジニアの業務は社内ネットワークの運用・監視に始まり、構築・保守業務、更には設計・提案と業務範囲は幅広く、求人も細分化しています。大きなネットワークを扱う企業では運用・監視のみと1つのセクションを担当することがほとんどですが、小規模なネットワークの場合は運用、構築、保守などをまとめて任されることも少なくありません。ネットワークエンジニアとして実務経験をしっかり積んできた方なら、ほぼ全ての業務範囲をカバーできるため、企業にとっても即戦力となり得る事でしょう。また未経験の方、ネットワークエンジニアとしての経験が少ない方は、運用・監視の求人をメインに探してみましょう。運用・監視の業務は他の業務に比べて難易度がそれほど高くないため、ネットワークエンジニアとして経験を積む第一歩になります。慣れてきたらステップアップして構築・保守、更には設計・提案レベルの求人に挑戦する事をオススメします。また時給についてですが、ネットワークエンジニアを含めたIT業界では派遣エンジニアの時給は非常に高く、ボーナスを含めた正社員よりも派遣社員の方が稼いでいるケースも少なくありません。ネットワーワークエンジニアは常に人手不足であり売り手市場となっているため、どの求人を選ぶかはエンジニア次第です。各企業の所在地や残業の有無、ほか待遇などを比べて、自分のライフスタイルに合った求人を選びましょう。

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.