インフラエンジニア派遣求人特集

コーディネーターからのアドバイス

インフラエンジニアの派遣でキャリア形成を実現する

大林 春菜

インフラエンジニアの派遣求人の仕事内容は、インフラの設計・構築・保守・運用と非常に広域です。企業運営に欠かせないシステムを円滑に稼動させるため、サーバやネットワークに関する高いインフラの知識が求められます。また、インフラエンジニアの派遣では、システム構築後も保守業務が必要なため長期募集の求人も目立ちます。アプリケーションエンジニアやネットワークエンジニアからのキャリアチェンジも比較的容易で、多様な経験を強みとして有効に活用することができるのも魅力のひとつです。なお、インフラエンジニアの派遣は、有給休暇が付与され、残業・深夜手当・休日出勤手当などが支給されます。社会保険料が給与から差し引かれる分、手取り額が減りますが、大規模で複雑な構築スキルを習得するチャンスが広がります。フリーランスと比較しながら、理想のキャリア形成に繋がる働き方を見つけていきましょう。

ご登録後のサービスの流れ

  1. カウンセリング
    Web業界に精通したコーディネーターが派遣についての説明、ご経験・スキルやご希望条件などカウンセリングいたします。
  2. お仕事の紹介
    カウンセリングで伺った希望に沿ったお仕事を数多くご紹介します。ご希望の場合は、実際に職場を見学していただくことも可能です。
  3. お仕事の決定と手続き
    お仕事が決まったら、当社への入社手続きおよびコーディネーターから就業にあたっての諸連絡をさせていただきます。
  4. 就業開始
    派遣先企業での就業がスタートします。

【即戦力が物を言う業界。上流工程の経験や資格をアピールする事が大切です】
インフラエンジニアは、近年のスマートフォンサービスの普及などもあり、特にコンシューマ向けの事業において需要が高い職種です。インフラエンジニアの種類は、サーバエンジニアとネットワークエンジニアの2つに分けられます。小規模な企業ではサーバエンジニアとネットワークエンジニアを派遣エンジニアが兼任する場合もあり、いずれの業務でも実務経験を積んでおくことが大切です。売り手市場と呼ばれるインフラエンジニア業界ですが、企業にとって欲しい人材は、やはり上流工程の経験を積んだ即戦力に集中します。たとえばメーカーやベンダーでは高い技術的知識が要求されます。またSIerでは運用管理をメインとして、トラブル時の冷静かつ的確な対応力が求められます。さらに近年増えているメディア事業会社やソーシャルサービス会社では、システムの定義や設計に関するスキルが問われます。他にも業務のサポートやメンテナンスを任される事もあるので、各部門とこまめに連携を取れるコミュニケーション能力が必要です。求人数の多い業種ではあるものの、質の高いエンジニアが優先されるため、日頃からスキルを磨いておくことは必須です。インフラエンジニアとして自分のスキルを体系的にするためには、ネットワークエンジニアの認定資格「情報処理技術者試験」、ベンダー資格である「CCNA」などを取得しておくと、企業への効果的なアピールに役立つでしょう。

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.