アプリ開発派遣求人特集

コーディネーターからのアドバイス

アプリ開発における派遣社員としての心構え

浅見 朱音

アプリ開発の派遣求人には、iOSやAndroidOSを対象としたオンラインゲーム開発や、SNSサービスの新規開発などがあります。派遣会社と提携する大手企業のアプリ開発に参画できるチャンスや、業務内容を選んで担当できる柔軟性は、派遣社員にとって大きなメリットと言えるでしょう。アプリ開発の際は、派遣社員を含む少人数のチームで行う場合が多いようです。限られた人数の中でアプリの企画から構築・運営までを担当するため、当然個人の裁量が試されてきます。他の技術者と意思の疎通をはかる際のコミュニケーションスキルや企画センス、クリエイティブな発想力も必要です。アプリ開発に関する派遣業務では、主にオープン系の開発環境が導入されています。Android向けにはJava、iphone向けにはObjective-Cなど、それぞれのOSに応じた開発言語の習得を目指しましょう。

ご登録後のサービスの流れ

  1. カウンセリング
    Web業界に精通したコーディネーターが派遣についての説明、ご経験・スキルやご希望条件などカウンセリングいたします。
  2. お仕事の紹介
    カウンセリングで伺った希望に沿ったお仕事を数多くご紹介します。ご希望の場合は、実際に職場を見学していただくことも可能です。
  3. お仕事の決定と手続き
    お仕事が決まったら、当社への入社手続きおよびコーディネーターから就業にあたっての諸連絡をさせていただきます。
  4. 就業開始
    派遣先企業での就業がスタートします。

【いま話題の売り手市場!ヒットアプリを生み出せるかはあなたのアイデア次第】
アプリ開発のエンジニアは、スマートフォンやSNSの普及にともない巨大な売り手市場となっています。たった一つのアプリが空前の大ヒットを生み企業にとって大きな収益に繋がる可能性もあるため、企業側はより面白く、革新的なアプリを作れる人材を求めています。アプリ開発のエンジニアに求められる言語として、PHP、Javaといったオープン系を身につけておくと良いでしょう。開発環境としてはLinux、UNIXがメインとなります。DBはMysql、SQL Serverが主流となります。デバイスとしては、iOSならObjective-C、Swift、AndroidならJava、WindowsPhoneならC#やVisualBasicのスキルを発揮できます。PRの場では、大規模なアプリ製作に携わった経験や、実際に自分が作ったアプリをプレゼンテーションすると良いでしょう。アプリ開発を含め、IT業界における派遣エンジニアの収入は高めの相場となっています。エースエンジニアのレベルになると、正社員のボーナスを含めた金額より多くの収入を稼ぎだすケースも稀ではありません。またあくまで派遣というポジションなので残業もあまりなく、ワークライフバランスが取れたエンジニアライフを送る事も可能です。アプリ開発業界においては、膨大な求人の中から自分に合ったものに巡り合えるかどうかが成功のカギと言えるでしょう。

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?