Javaエンジニア派遣求人特集

コーディネーターからのアドバイス

さまざまな分野で活躍でき、派遣求人の数が豊富なJavaエンジニア

町野 史宜

日本におけるJavaエンジニアの数は17万人以上いると言われています。Javaはその汎用性の高さが特徴で、さまざまな分野において使用されています。特に大企業でのシステムの開発が多く、派遣求人の数も豊富です。そのため、Javaエンジニアが求められる現場も多くあります。Javaエンジニアとして案件に参画するメリットとして、JavaはAndroid開発と高い親和性があるため、今後スマートフォンに関連する案件に携わるチャンスが増えることが挙げられます。Javaは、互換性のあるScalaなどと応用がきくため、派遣求人を探す際、参画できる案件の幅が広がりそうです。派遣Javaエンジニアとして働く場合、有給休暇の取得や残業代の受給も可能で、中には時給5千円の求人もあります。派遣という雇用形態は、経験豊富でスキルに自信のある方、コミュニケーション能力の高い方にオススメです。

ご登録後のサービスの流れ

  1. カウンセリング
    Web業界に精通したコーディネーターが派遣についての説明、ご経験・スキルやご希望条件などカウンセリングいたします。
  2. お仕事の紹介
    カウンセリングで伺った希望に沿ったお仕事を数多くご紹介します。ご希望の場合は、実際に職場を見学していただくことも可能です。
  3. お仕事の決定と手続き
    お仕事が決まったら、当社への入社手続きおよびコーディネーターから就業にあたっての諸連絡をさせていただきます。
  4. 就業開始
    派遣先企業での就業がスタートします。

【汎用性が高いJava言語。求人が多く時給も高めなので、やりがいを持って働けます】
Javaエンジニアは主にJavaを使ったシステム開発や、他の言語で開発されたシステムをJavaに書き換えるといった業務を行います。Javaはプログラミング言語の中では習得が比較的簡単なうえ、ネット上のアプリケーションはほぼJavaで動かせるため、Javaエンジニアの数は多く派遣の求人も充実しています。特にWebシステム構築は業界のニーズが大きいため時給が高く設定されており、新規でも飛び込みやすい分野となっています。逆に縮小傾向にあるのが基幹系システム構築です。基幹系システムは現在ほとんどの企業で既存のものが出来上がっているため、新規開拓が難しい事が理由としてあげられます。またアプリ開発の分野も非常に人気があり、新規参入企業も増えつつあるため常に人手不足の状態です。そのため時給が底上げされており、求人によっては5,000円クラスも珍しくありません。さらに上流工程になるとそれ以上の時給を稼ぎ出すことができるので、知識とスキル、そして現場経験をどんどん磨きあげ、より質の高いエンジニアを目指すことが理想的です。自身のスキルを体系化する方法として資格を取得しておく事をおすすめします。OracleのJava認定資格にはゴールド、シルバー、ブロンズといったランクがあるので、最上ランクのゴールドを所持しておく事で、企業へのアピールを大きく後押ししてくれることでしょう。

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?