Swift案件特集

コーディネーターからのアドバイス

Swiftは2014年登場の新しい言語。需要が多く単価も高いトレンド言語です

濱野 惠理

2014年にApple社が発表したSwift。iPhoneやiPadなどiOSアプリの開発に特化しており、Objective-Cに変わる新たな言語として注目を浴びています。登場からまだ日は浅いですが、レバテックフリーランスの案件でいえばObjective-Cの案件数を上回っており(2017年10月時点)、トレンドの分野となっています。需要が高い一方で技術者の数が追いつかず、その分高単価な案件が多いことが特徴です。iPhoneユーザーが多い日本国内で、Swiftのスキルを身に付けておくことは案件獲得の大きなカギとなるでしょう。Swiftの案件動向やニーズの高いスキル、単価相場など、詳しく知りたい方はぜひお気軽にレバテックフリーランスへご相談ください。

業界動向

iPhoneシェアの高い日本。スマホアプリの伸びもありSwift案件は増加傾向

Swiftは2014年に登場したばかりの言語ですが、案件数を見ると、2016年は前年の倍近くとなっています。世界的にもスマートフォンアプリのダウンロード数や売上高は増加しており、特にiPhoneのシェアが高い日本国内においては今後もSwift案件の伸びが予想されます。

また、スマートフォンアプリのダウンロード数はこれまでゲームアプリがメインでしたが、エンターテインメントや音楽、SNSなどゲーム以外の割合も年々高まっています※。家電やライフラインとの連動といったIoTの分野でも注目が集まっており、この先も幅広いジャンルでのニーズに期待できます。
※参考:総務省発行 平成29年版情報通信白書より

■Swift案件の特徴
Swift案件で多く見られるのは、やはりスマートフォンアプリ開発。2~3年程度の実務経験が必須スキルとなるものも少なくありませんが、プライベートでの開発経験が活きる案件もあります。また従来Objective-Cで開発していたプロダクトをSwiftに移行するケースもあり、Objective-CとSwiftの両方の実務経験があると好まれる案件もあります。

そのほか、iOS版だけでなくAndroid版もリリースしているアプリでは、Android開発の経験があるエンジニアは歓迎されることもあります。特に2017年5月にAndroidの公式言語としてgoogleから発表されたKotlinには関心が集まっているため、Swiftと併せてスキルを習得できれば大きな強みとなることでしょう。

 
 

Swiftの特徴

 

■Swiftが誕生した歴史
Swiftは2014年6月に登場した、比較的新しい言語です。それまでiOSやMacの開発にはObjective-Cが使われていましたが、Apple社による新世代として誕生したのがSwiftです。
Swiftは「モダン、安全、高速、インタラクティブ」を特徴としており、現在Apple社のさまざまなアプリケーションの開発に使用されています。
 
■Swiftの言語仕様
Swiftは2015年に全世界にコードが公開されたため、誰でも改良できるのが特徴です。Objective-Cとの違いについてですが、複雑な構文であったObjective-Cをうけて、Swiftはソースコードが1本となっており簡潔かつ最低限の量でコードを書くことができます。
 
■Swiftを使ってできること
Swiftといえば、何と言ってもiPhone、iPad向けのアプリ開発です。他にもMacBookやApplewatch、AppleTVなど、Apple社のさまざまな製品の開発に使用されています。またObjective-CのコードからSwiftを呼び出したり、アプリ内にSwift、Objective-Cのファイルが同居できるなど、Objective-Cと互換性があることも特徴のひとつです。

そのほか、スマートフォンアプリだけでなくWebアプリケーションもSwiftでの開発が可能であり、Swiftと登場からほぼ同時期に登場したPerfect、Laravelを意識して設計されたといわれるVapor、2016年2月にIBMが公開したKituraなどをはじめ、Webフレームワークも登場しています。

 
 

Swift案件の単価目安

 

■経験年数だけでなく、スキルの幅も単価アップのカギ
 新しい言語であるSwiftは、企業のニーズに対して経験のあるエンジニアの数がまだそこまで多くないこともあってか、やや高めの単価となる向きが見られます。以下にレバテックフリーランスにおけるSwift案件の単価目安を、経験年数別に記します。
 
実務経験に基づく年収の目安(週5日作業の場合)
・Swiftの実務経験1年未満:40万円/月
・Swiftの実務経験1年~2年:55万円/月
・Swiftの実務経験2年~3年:65万円/月
・Swiftの実務経験3年~5年:70万円/月
・Swiftの実務経験5年以上:75万円/月
 
※上記の金額はサイト内の単価診断ツールにて「スキルのブランクなし」「要件定義~運用・保守の工程の経験あり」という条件にて算出した単価目安です
※上記の金額は目安であり、実際のお支払い額はご自身の経験/スキルなどにより変動します

 
Swift案件での単価アップのためには、他の案件同様にSwiftでのコーディング以外にも周辺領域のスキル/経験があるかがひとつの鍵となります。例えば、「SwiftだけでなくAndroidアプリ開発の経験(特に先述したKotlin)もある」「サーバーサイドの知見や開発経験もある」といった強みがあると単価アップに役立つことでしょう。
 
なお、上記は実務経験年数に応じたSwift案件の単価目安ですが、案件によって2~3年以上の実務経験が求められるものもある点を補足しておきます。
 
 

エージェント利用時のメリット・デメリット

 

■エンジニアの強い味方となるエージェント。利用することでさまざまな負担を減らせます
フリーランスエンジニアが案件を探す場合、その方法は知人から紹介をしてもらったり、自分で直接企業へ営業に行ったり、SNSやクラウドサービスといったインターネットを利用した多くの手段があると思います。そのようにさまざまある中でも、最近特に注目を集めているのが、エージェントです。エージェントは、エンジニアに代わって営業や交渉などの営業代行を行う役割を担っています。
 
エージェントを利用することによって、営業や交渉が苦手であっても、自分の意図とは逸れた不利な条件での契約締結を回避することが期待できるでしょう。また、必要なスキルや条件が揃えば、個人の営業ではなかなか契約が難しい大手の案件や非公開案件に参画できることもあります。エンジニアが自ら案件探しを行うだけでなく、エンジニアが希望するあらゆる条件をもとにした案件の提案を行ってくれるのもエージェントの特徴です。
 
そのほかのメリットとして、作業に追われている際にも円滑な案件探しを行える可能性が高くなることが挙げられます。そのため、案件が終わりそうな頃合いを見て、次の案件を探すことも不可能ではありません。フリーランスで活動をする上でのデメリットとしてよく挙げられる「収入が安定せず、場合によっては途切れてしまう」という事態を回避しやすくなることが考えられるでしょう。
 

 

レバテックフリーランスご利用のメリット

 

■案件数が豊富だからマッチング精度が高い
レバテックフリーランスの保有する案件数は、業界トップクラスの1100件以上。それゆえSwift案件においても、ご希望条件や単価などのご要望によりマッチする案件を提案することができます。クライアント企業とフリーランスの方をつなぐコーディネーターも、技術や業界動向などの専門知識にも通じているため、より精度の高い案件提案が可能です。

■初めてのフリーランスでも安心
会社員からフリーランスになる場合、開業届の提出や年金・保険・税金の切り替えなどの手続きが必要です。実際に活動してからも、請求書の作成や送付、毎年の確定申告など、会社員時代とは異なる手続きがいくつもあります。もし「今回初めてフリーランス転向を検討している」という方で、そういった手続きに疑問や不安などがあればご相談ください。

■フリーランスにまつわるスキル・キャリアの悩みにもお応え
初めてフリーランスになる方の場合、「自分のスキルで案件を獲得できるのか」「フリーランスとしてのキャリアパスはどういったものがあるのか」といった不安もあるかもしれません。このようなお悩みに対しても、数多くのフリーランス転向を支援してきた実績を基にアドバイスをいたします。

そのほかにも、今回ご紹介したような業界・案件の動向やフリーランスに関するキャリア相談などもお受けいたします。興味・関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

 

ご登録後のサービスの流れ

  1. カウンセリング
    専任のコーディネーターが一対一でカウンセリングをいたします。
    皆様ひとりひとりの詳細なスキルやご要望についてお伺いし、キャリアプラン実現のお手伝いをいたします。
  2. 案件提案
    キャリアプランやご要望を伺い、情報提供をさせていただいた後、豊富な案件の中からベストマッチの案件をご提案いたします。
  3. クライアント先訪問
    クライアント先との日程調整等は全てコーディネーターが行います。
    また、提出書類の作成や、訪問時の対応なども丁寧にアドバイスいたします。
  4. ご参画
    ご参画後も何かお悩みやトラブルが出てきましたら、遠慮なくご連絡下さい。 大切なのは、ご参画いただくことではなく、その作業に満足して働いていただけることだと考えています。

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.