プログラマ・SE(システムエンジニア)向けの単価・単金診断テスト

ご自身のプログラミングなどのスキルと経験年数を入力していただくと、過去の蓄積データから単価(人月単価)をざっくり診断いたします!
SE(システムエンジニア)やプログラマの方は案件探しの目安にしてみてください。

査定したいスキル
(1つお選びください)
スキルの経験年数
スキルにブランクがあれば
その年数
経験工程
(複数選択可)

診断結果 ?

※この単価は、お支払いをお約束するものではありません。

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

SE(システムエンジニア)・プログラマ向けの単価診断・単価相場

フリーランスのエンジニアの単価相場は、平均して60~80万円と言われています。そこで平均単価を底上げしていくためには、使用言語や業界を選んだり、スキルアップすることが必要です。
使用言語としてはRubyやPHP、Unityを扱う求人・案件が、単価が高い傾向があります。これらの言語はサーバーサイドの案件がメインとなりますが、フロントエンドへの対応もできると単価アップの可能性があります。

また、Javaの求人・案件は金融業界で多く、そのため業界知識に加え上流工程や顧客折衝に対応できる方が重宝される傾向にあります。Unity(C#)、Cocos2d-xを扱う求人・案件ではゲーム業界で3Dゲームのリアルタイム対戦のコーディングができる方が求められることが多いです。
そのほか単価が高い求人・案件は、自社サービスを扱うBtoC企業や、外資系コンサル業界などに多くあります。

業務の上で、インフラの保守や運用だけでなく、自分でシステム開発ができるとさらに高単価に結びつくでしょう。また、金融業界などでは、その業界に特化した知識を持っていると、単価の高い求人・案件への参画に繋がります。

高単価を目指すためには、幅広い技術領域に知見を持つことや業界知識に詳しくなることで、より付加価値を出していくことが大切な要因の一つです。業界によっては違いがありますが、自身が目指す業界に合わせて、単価アップのために効率的な自己研鑚を行なうことが重要です。

レバテックフリーランスの単価診断コンテンツでは、SE(システムエンジニア)ないしプログラマ向けのフリーエンジニア案件情報の人月単価データ(スキル情報・平均的な単価(単金)情報)を載せております。

弊社実績を元にみなさまのスキルに応じた平均的な単価相場を診断することができます。今までの、フリーランスとしての開発経験を元に、ご自身の市場価値の参考値としてご活用下さい。

現在正社員のIT技術者の方も、ご自身の経験された開発経験やそれに伴い習得したスキルから、ITエンジニアとしての市場価値を把握することができます。正社員エンジニアとしての給料と、フリーランスエンジニアとしての単価の比較・検討などにもご活用下さい。

一般的に、SEやプログラマといったIT技術者の単価相場は、エンジニア市場において需要があるスキルを保有しているか、それに関係した開発の実績があるかどうかなどで決まる傾向があります。

ご自身の市場価値を上げたいとお考えの方は技術や知識の習得を怠らないことをおすすめします。
他方、単価(単金)が下がりやすい理由としては、SEやプログラマとしての開発のブランクや絶対的な経験年数の不足などが考えられます。
そのため、単価相場を上げるためには、SEないしプログラマとして、市場において求められている技術や知識を身につけ、IT技術者向けの開発案件に参画し続けて経験を積み、ブランクを作らないことが望ましいと思われます。

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?