クライアント先訪問の流れ

  1. 待ち合わせ~自己紹介

    まずは、クライアント先訪問時に同席するコーディネーターと待ち合わせをします。
    訪問前の待ち合わせは余裕を持って時間を設定しているため、気になることは事前に確認するといいでしょう。
    また、訪問する際の身だしなみに関しては、清潔感があり好印象を与える服装が望ましいです。

    Point!! 清潔感ある身だしなみと、好感が持てる応対を心がけましょう。

  2. 商談の流れ

    商談の流れ説明

    企業を訪問したら、まずはクライアント先から案件を提案され説明が行われます。案件説明後にエンジニアやデザイナー、クライアント先の担当者に対して自己紹介を行います。
    気になることは、次の質疑応答の時間に行うといいでしょう。

    Point!! 自己紹介を行う際は、自分の得意分野やスキル、経験など案件に関連するポイントを押さえてアピールしましょう。

  3. 商談の事前準備

    クライアント先との商談の前に、5分から10分程度の時間を時間を確保し、事前に準備をします。
    オフィス前などでスキルシートを見ながらお話をしたり、慣れている方には歩きながらの説明を行ったりと、事前準備の時間は人それぞれです。
    不安な方には30分ほど前からお会いし、時間をかけて準備を行ったり、クライアントの求めるスキル等をお伝えすることも可能です。

    Point!! 事前準備で、商談のポイントを訪問前に整理しておくといいでしょう。

  4. 訪問

    訪問

    訪問先では、当社コーディネーター主体でお話しを進めていきます。
    商談の場では、一般に開示している情報のみお話しいただけるところや、具体的な直近の状況までお話しいただけるところなど、企業によってさまざま。
    自己紹介は、スキルシートを見ながらご自身の言葉で話していただきます。
    クライアント先から、得意な言語などについて質問をされることもあります。

    Point!! 商談は、クライアント企業に好印象を与えるチャンスです。業務内容を掘り下げる質問をするのも良いでしょう。

※弊社にて設定するクライアント先訪問の内容を保証するものではありませんので、ご了承ください。
※業務委託の場合の内容になります

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒 無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

お悩みコンテンツ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.