Ruby 横浜 の求人・案件一覧

フリーランスには、大きく分けて「在宅型」と「常駐型」の2つがあります。そのうち、レバテックフリーランスは、「常駐型」フリーランス専門のエージェントです。常駐型フリーランスには、在宅よりも案件を獲得しやすい、収入が安定しやすい、などのメリットがあります。常駐型フリーランスについてより詳しく知りたい方は以下のページを覗いてみてください。
常駐型フリーランスとは

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『Ruby 横浜の求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
Ruby 横浜の求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『フリーランスのSE・プログラマーのための単価診断・単価相場』
レバテックフリーランスの単価診断サービスでは、システムエンジニアやプログラマ向けの案件情報の人月単価データを知ることができ、皆様のスキルに応じた平均単価相場を診断することが可能です。ご自身のスキルと経験年数を入力していただくと、過去の蓄積データから単価をざっくり診断致します。SE(システムエンジニア)やプログラマの方は案件探しの目安にしてみてください。案件の単価や条件など、レバテックフリーランスのエージェントにお気軽にご相談下さい。

『インフラエンジニアに必要なスキル』
インフラエンジニアは情報ネットワークの基盤を支える作業を担うため、インフラ全般に関する知識は欠かせません。基本スキルには、設計書の作成力やプラットフォームの構築力、負荷に強い安定したサービスの開発力などがあります。また、キャリアアップを目指す場合は、プラスアルファのスキルも必要になるでしょう。LL言語やC言語の知識、クラウド時代に対応できる仮想化技術、障害対応力などを兼ね備えることにより、参画できる案件の幅を広げたり、キャリア形成に役立てたりすることができるかもしれません。レバテックフリーランスでは、上に挙げたインフラエンジニアのスキルについて、解説を加えています。

『フリーランス?会社員?悩めるITエンジニアに贈る、それぞれの働き方のメリット比較』
フリーランスと会社員には、それぞれ良いところがあります。例えばフリーランスにおいては、裁量が大きい、時間に縛られない、多様な現場を経験できるといったことが利点として挙げられるでしょう。一方会社員のメリットには、社会的信用、安定した収入、教育環境の充実といった要素があります。ただし、責任の大きさや人間関係など、フリーランス・会社員双方であまり変わらない点もあるようです。近年はフリーランス期間を経て再就職するケースも多いので、一度フリーランス転向という選択肢を考えてみるのも良いかもしれません。レバテックフリーランスでは、自身のワークスタイルに悩んでいる方向けに個別相談会を実施しているので、お気軽にご利用下さい。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.