Linux プログラマー の求人・案件一覧

フリーランスには、大きく分けて「在宅型」と「常駐型」の2つがあります。そのうち、レバテックフリーランスは、「常駐型」フリーランス専門のエージェントです。常駐型フリーランスには、在宅よりも案件を獲得しやすい、収入が安定しやすい、などのメリットがあります。常駐型フリーランスについてより詳しく知りたい方は以下のページを覗いてみてください。
常駐型フリーランスとは

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

『Linux プログラマーの求人・案件募集情報をご覧の方へ』

レバテックフリーランスは、IT・Webフリーランスエンジニアの方向けの求人・案件募集情報サイトです。
掲載している求人・案件募集情報以外に非公開案件もございます。お気軽にご相談下さい。
Linux プログラマーの求人・案件募集情報以外にも、フリーランスエンジニアの方向けのお役立ち情報を提供しております。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

『フリーランスのSE・プログラマーのための単価診断・単価相場』
レバテックフリーランスの単価診断サービスでは、システムエンジニアやプログラマ向けの案件情報の人月単価データを知ることができ、皆様のスキルに応じた平均単価相場を診断することが可能です。ご自身のスキルと経験年数を入力していただくと、過去の蓄積データから単価をざっくり診断致します。SE(システムエンジニア)やプログラマの方は案件探しの目安にしてみてください。案件の単価や条件など、レバテックフリーランスのエージェントにお気軽にご相談下さい。

『プログラマのスキルや能力について』
プログラマは携わる案件の領域により、Web系やゲーム系、組み込み系、制御系、通信系など、細かく分類されることがあります。そうした各種プログラマにはプログラミング言語のスキルの他、HTML/CSS、データベース言語などの知識が求められる傾向にあるようです。技術以外の面では、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルも必要になるでしょう。また、プログラミング関連の技術は進歩が速いので、自ら積極的に新しい知見を取り入れていく意欲も大切であるといえます。レバテックフリーランスでは、一対一のカウンセリングで納得のいく案件へのご参画をサポート。プログラマ向けの案件も豊富に取り揃えています。

『フリーランス(個人事業主)がミス無く確定申告を終えるために押さえておくべき12のチェックリスト』
フリーランスの頭を悩ませるのが「確定申告」。日々の業務に追われながら作成していると、記入漏れやミスが発生してしまいがち。また、うっかり期限を過ぎてしまうと思わぬペナルティを受けてしまう事もあります。確定申告には、帳簿や書類の保存・整理など決算準備が必要です。レバテックフリーランスでは、フリーランスの確定申告について押さえておきたい12のチェックリストをご紹介しています。いざ期日が迫ってから慌てないように、万全の体制を整えておきましょう。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.