オンラインカウンセリング実施中

  • 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

職種を選択

  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

都道府県を選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

案件をお探し中の方へ

レバテックフリーランスなら

最短1週間で参画可能

業界最短クラスの15日支払い

無料登録して
案件を提案してもらう

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

JavaScriptの案件をご覧の方へ

JavaScriptは、Webブラウザ上で動くスクリプト言語です。Javaと名前が似ているため混同しやすいですが、JavaScriptとJavaは全く別の言語であることに注意しましょう。
ブラウザを有するPC・モバイル端末は、そのほとんどがJavaScriptに対応しています。また、JavaScriptは、Webサイト制作の現場を中心に、スマホアプリやスマホゲーム、ブロックチェーン開発、Webサービスなど幅広い開発に用いられており、現在世界で最も使われている言語だといわれています。フリーランス・フリーエンジニアとして活躍されたい方にはおすすめの言語です。

<JavaScriptの特徴>
・Webページ制作には必須
JavaScriptは、HTMLを装飾してWebページに動きをつけることができる言語です。
CSSと組み合わせることで、表現やUIに関わるさまざまな動作を実装することが可能です。スライダーやポップアップ、チャット、検索機能など、Webページの利便性を上げる各種インターフェイスを実装できます。
現在は企業がホームページを開設したり、商品やサービスを宣伝するためのWebページを作成することが当たり前になっていますが、こうしたページでは動きのあるリッチコンテンツを用いるのが主流です。
リッチコンテンツ制作に不可欠なJavaScriptは、Web制作の現場では必須の言語となっています。

・開発に必要なのはブラウザのみ
JavaScriptの開発に必要なのはブラウザのみです。テキストエディタ等にコードを打ち込み、それをコピーしてブラウザ上に転記するだけでプログラムを実装することができます。

・人気絶頂のフレームワークやライブラリを有する
JavaScriptは、AngularJS、React.JS、Vue.js、Knockout.js、Node.js、Backbone.jsといった人気のフレームワークやライブラリを多数抱えています。
FacebookやGoogle、Adobeといった世界的なサービスがこれらのフレームワークやライブラリを使用していることも、JavaScriptが世界で最も使用されている言語とされる理由の一つといえます。

<代表的なJavaScript求人・案件>
・Webサイト開発
JavaScriptはほとんどのWebサービス・Webサイトで使われているため、最も主流な案件と言えます。HTML、CSS、JavaScriptを組み合わせて、ユーザビリティが高く売上が最大化されるWebサイトを作成します。

・スマホ向けアプリおよびソーシャルゲーム開発
一昔前であればJavaScriptはWeb制作の現場を中心に用いられていましたが、スマホの普及によりスマホ向けアプリやソーシャルゲームが隆盛を極め、スマホ市場でもJavaScript案件が急増しています。

・大規模なWebシステム開発
大掛かりなECサイト開発やSaaS開発でもJavaScriptは外せない技術です。高単価の案件も多く、JavaScript以外に複数のスキルを求められます。

・ブロックチェーン開発
ビットコインの取引データ管理における最重要技術とされています。実はこれもJavaScriptによって作られています。ブロックチェーン用のライブラリも豊富なため、参画する際はJavaScriptの各種ライブラリに精通していると良いと考えられます。

【JavaScript求人・案件の単価相場について】
JavaScript案件の単価相場は、月に140時間~180時間作業することを想定した場合、月単価の平均は48万~78万程度です。
JavaScriptエンジニアの案件単価は、実務経験数に応じてかなり開きがあるのが特徴です。経験年数が1年増えるごとに、単価が跳ね上がる傾向があります。
・JavaScript実務経験1年未満:48万円前後 (年収576万)
・JavaScript実務経験1年~2年:55万円前後 (年収660万)
・JavaScript実務経験2年~3年:63万円 (年収756万)
・JavaScript実務経験3年~5年:70万円前後 (年収840万)
・JavaScript実務経験5年以上 :78万円 (年収936万)
※レバテックフリーランスの単価相場算出ツール調べ(https://freelance.levtech.jp/service/assess/):2019年11月時点

勤務日数やフリーエンジニア自身のスキルにもよりますが、他言語の 求人・案件と比較して、JavaScriptの需要は高く、幅広いのが特徴です。求人案件の母数が多く、エンジニアの供給は間に合っていない状況のため、JavaScriptのエンジニアは高単価の案件を獲得しやすい環境にあると言えるでしょう。この傾向は、フリーランスのJavaScript案件においても同様です。また、案件の幅が広いため、JavaScriptだけでなく他言語や周辺領域と抱き合わせの求人・案件の場合、高単価になる傾向があります。例えばJavaScriptはフロントサイドやデザイナーの職種で使われる案件が多い傾向にあるため、デザインやUIUXの知識をつけておくと、参画できる案件の幅は更に広がる可能性があります。

【JavaScript求人・案件の市場動向・ニーズについて】
JavaScriptは、Google、Facebook、Adobe、サイバーエージェントなどでも使用されているVue.js、Angular、Reactなどのフレームワークを有するスクリプト言語です。
そのため、20年もの歴史がある言語にも関わらず、現在世界で最も広く使用されている言語であるとされています。
JavaScriptでできることは、単なるWebページの制作に留まらず、SNSサービスやSaaSシステム、ブロックチェーン開発、Webシステム開発、スマホ向けソーシャルゲーム開発、スマホ向けアプリ開発など、多岐に渡ります。
このように、JavaScriptは非常に多くの案件で使用される言語であるため、JavaScriptエンジニアの需要は増加する傾向にあります。むしろ、JavaScript求人・案件はエンジニア不足が続いているため、フリーエンジニア側の立場では、案件を選ぶことができるという利点があります。
JavaScript単体での求人・案件もありますが、他言語や、サーバー・インフラ・Webデザイン等の周辺分野とセットでスキルを求められるケースが非常に多いのも特徴です。
これらの領域への理解や経験、JavaScriptのフレームワークに関する知識などがあると、参画できる案件の幅がぐっと広がる可能性があります。
また、JavaScriptで人気のある「Anglar.js」「vue.js」といったフレームワークには、MVVMモデルという指向性があります。
MVVMモデルを理解した上で、案件に最適なフレームワークを提案することで、より高単価のJavaScript求人・案件に参画することができるでしょう。

【JavaScriptの在宅案件について】
フリーランス・フリーエンジニアのJavaScript案件は、基本的に週5での常駐案件であることが多いとされているため、現段階では在宅案件はあまりないと言っていいでしょう。
ただし、エンジニアが不足している事業所では、低単価で発注できるJavaScriptの在宅案件を出している場合もあり、在宅案件を獲得できる可能性もあります。また、ある程度慣れてから在宅での作業が可能になる企業も増えつつあるため、常駐から始めて在宅案件を目指す方法も良いかもしれません。

【JavaScript求人・案件の必要なスキルについて】
JavaScriptで求められるスキルとしては「幅広い知識」と「コミュニケーション能力」です。
特にフロントエンド開発案件の場合、JavaScriptだけではなく、Webサービス開発で重要なCSSの知識やレスポンシブデザインの経験は必須です。加えて、SQLのパフォーマンスチューニングの経験やGo言語の実務経験、サーバー関連の知識などがあると、より参画できる案件の幅が広がると考えられます。
案件単価を上げるためには、人気のJavaScriptフレームワークやライブラリを習得する必要があります。
また、フリーランス・フリーエンジニアで高単価案件の獲得を目指す場合、フルスタックエンジニアになることが一つの目標となるでしょう。
JavaScript以外にも言語を習得し、幅広い案件に対応できるようにすることが肝心です。JavaScriptに限ったことではありませんが、案件を進める上で企業側が求めることを正確に把握する必要があるため、コミュニケーション能力が求められる場合が多々あります。また、常に最新の情報を集める際にもコミュニケーション能力があると役立つかもしれません。

【JavaScript求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
JavaScriptは、ブラウザのみで実装できるため、他言語と比較して初心者が学びやすい言語です。
上級者レベルまで到達するには時間がかかりますが、入門~中級レベル程度までであれば初心者でも比較的早く理解できる可能性があります。基礎学習にかかる時間は数時間程度とされています。Web上にサンプルコードが沢山あるため、それらを使って実装してみてアレンジを重ねることで引き出しを増やすと良いでしょう。

<勉強方法①独学>
独学の場合、まずはJavaScriptの構文を理解するところからスタートしましょう。
書籍や学習サイトなどを参照しながら、テキストエディタなどにコードを入力し、実際にブラウザ上で動かしてみます。上手くいかない場合は原因を考え、トライアンドエラーを繰り返すことで、基本的な構文の構造を理解することができるでしょう。
基礎的な構文を一通り理解し、簡単な処理を行えるようになったら、HTMLとCSSを組み合わせてアプリケーションを作ってみましょう。

<勉強方法②プログラミングスクール>
JavaScriptは、C/C++言語・Java・Pythonといった言語と構造が似ている言語であるため、これらの言語の経験者であれば、独学でも学びやすいでしょう。
プログラミング自体が初心者で、基礎の部分はきちんと教えてもらいたいという場合は、プログラミングスクールに通うのも一つの方法といえます。まずはプログラミングスクールで基礎を理解し、後に独学で学ぶという方法も良いかもしれません。

【JavaScript 求人・案件の資格について】
JavaScriptには、民間資格から国家資格までさまざまな資格があります。ここでは、JavaScript案件の獲得に役立つ2つの資格をご紹介します。
・HTML5プロフェッショナル認定試験
本来はWebデザイナーを中心に人気の資格であり、デザインに加えてプログラミングやレスポンシブデザインの技術も習得できることから取得を目指す方が多いようです。JavaScriptエンジニアとしても、JavaScriptの習得とデザインの知識の両方を得られるため、フロントエンド開発案件を多く受注したい場合、持っていると有利な資格だといえるでしょう。

・CIW JavaScript Specialist
こちらは国際資格であるため、国外でも通用する資格です。
海外の企業と取引を行う際にも効力を発揮しますので、グローバルに活躍したい方は取得すると良いでしょう。
試験問題が英語であるため、英語が苦手な方は調べながらの学習になるでしょう。プログラミング初心者の方はJavaScriptと合わせて英語の勉強に励む必要があるかもしれません。試験は筆記問題のみですので、文章さえ読めれば挑戦することができます。

【JavaScript求人・案件の未経験での参画について】
フリーエンジニア向けの案件では、未経験で挑戦できるものはあまりありません。ただし、フルスタックであれば話は別です。他のスクリプト言語が扱えて経験豊富であれば、JavaScriptが未経験でも参画できる案件は多くある傾向にあります。
また、フロントエンド開発案件の場合は、HTMLやCSSのスキルがあると、より参画しやすくなると考えられます。

【JavaScript求人・案件の将来性について】
リッチコンテンツを主流としたWebページ作りにおいて、JavaScriptは必須の言語です。
今は企業ホームページを作成し、商品やサービスごとにWebページで発信することが常識であるため、この風潮が続く限りはJavaScript案件が減ることはないと考えられます。
また、JavaScriptはブラウザを使用する全てのモバイル端末・PCに対応する言語です。数あるプログラミング言語の中でも、世界的に見て最も多く使用されているとされる言語であるため、求人案件の母数が非常に多く、将来的にも安泰であると考えられます。
さらに、スマホの普及によりソーシャルゲームやアプリが次々とリリースされていることから、スマホ向けのソーシャルゲーム開発やアプリ開発のJavaScript案件も増えています。
多くの新しい分野にも取り入れられていることから、JavaScriptは一度覚えておけば長く、広く需要が見込める可能性がある言語です。

JavaScriptのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているJavaScriptのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

関連する求人・案件
JavaScriptの求人・案件特集 jQueryの求人・案件 Node.jsの求人・案件 

他の求人・案件から探す
【JavaScript】Webサービスフロントエンド開発案件 

おすすめのキーワードから探す
JavaScript ACOSの求人・案件 JavaScript Linuxの求人・案件 JavaScript Reactの求人・案件 Javascript プログラマーの求人・案件 JavaScript 大阪の求人・案件

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.