• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

Goの求人・案件の傾向について

Go言語は、Googleが開発したプログラミング言語です。軽量スレッティング用の機能・動的型付き言語のような容易性が特徴で、Linux・MacOS X・Windowsをサポートしています。Serf・Docker・PackerなどはGo言語で書かれており、インフラ系エンジニアから注目を集めています。今後注目が予想されるため、エンジニアのスキルアップとして習得をオススメするスキルの1つです。

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

Go言語について


Go言語は、2009年にGoogle社から発表されたプログラミング言語です。C言語を参考にして開発され、現在はWindows、Mac OS X、LinuX、BSDなどに対応しています。Google社によると、「シンプル」「コンパイル速度がスピーディー」「安全」「同期処理が簡単」「楽しい」「オープンソース」などが特徴とされています。
コンパイル速度が速く、また、同じソースコードでもクロスコンパイルができるため、複数のプロダクトを処理したい場合に有効です。主要OSへの対応が可能なこと、スピーディーな処理能力を有していることなどから、マルチな活躍をするプログラマやシステムエンジニアの仕事に活かされています。
Go言語はまだ新しく、今後の動向にも期待されている言語です。従って、プログラミングを学ぶ際、第一に選択する言語というより、エンジニアとしてスキルを磨くために身に付けたい言語と言えます。フリーランスの場合、求人・案件を探す前にスキルを身に付けておけば、有利に働くことも考えられます。

よく見られているお悩み相談はこちら
システムエンジニアの資格について セキュリティエンジニアの仕事内容 インフラエンジニアの仕事内容

他の求人・案件から探す
Hbaseの求人・案件 PowerBuilderの案件 Delphiの求人・案件

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?