オンラインカウンセリング実施中

  • 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

職種を選択

  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

都道府県を選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

案件をお探し中の方へ

レバテックフリーランスなら

最短1週間で参画可能

業界最短クラスの15日支払い

無料登録して
案件を提案してもらう

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

その他の求人・案件を探すOTHER

COBOLの案件をご覧の方へ

COBOLは、事務処理用に開発されたプログラミング言語です。インターネットがまだ存在していなかった1959年に開発された歴史ある言語で、英文に近い構文やコマンド語彙を持っており、高い可読性が特徴です。ソースコードが英文形式で記述されているため、コーディングにおける専門的知識を有していない方でも理解しやすく、比較的容易に扱えるプログラミング言語として設計されています。
新しいサービスが次々と開発され、急激なスピードで進化するIT業界では、プログラミング言語も流行り廃りが激しくなっています。しかし、COBOLは1959年に開発されて以降、徐々に拡張が進められながら、2002年以降にはオブジェクト指向の対応が実現し、現在でも現役で活躍しています。
特に、COBOLは金額計算や事務処理開発などで活用されることが多く、銀行や各種保険会社など金融業界でのエンジニア業務の求人・案件が多い傾向があります。COBOL案件の主な業務は、システム再構築や運用と監視、アプリケーション開発などですが、物流会社や汎用機系エンジニアなどの分野でも求められることがあるようです。

【COBOL求人・案件の市場動向・ニーズについて】
COBOLは古くからある言語ですが、現在でも需要はあるのでしょうか。
結論から言うと、COBOL案件に参画できるエンジニアは不足傾向にあるため、ニーズは高いと言えます。
COBOLで動いている、いわゆるレガシーなシステムは、他の言語への移行が難しく、リプレースには多大なコストや労力がかかります。特に、COBOLは金融系のシステムで使われていることも多いため、移行に伴うリスクを考えると、簡単に切り替えることができません。こうした理由から、60年以上経った今でもCOBOLが現役で使われ続けています。
したがって、COBOLは古いプログラミング言語でありながら、今後も一定の需要が見込める言語と言えるでしょう。
しかし、若いエンジニアの多くは、案件数の多い今流行りのプログラミング言語を学びたいと考える人が多い傾向にあり、COBOLの習得を目指す人が少なく、COBOLエンジニアが需要に対して不足している可能性があります。
また、求人・案件数もCOBOL求人・案件は、他の主要な言語の求人・案件と比べるとあまり数が多いとは言えないかもしれません。ただ、COBOLエンジニアが不足している今、COBOL案件をこなせることはプラスになると考えられます。

【COBOLの在宅案件について】
COBOLの在宅案件はほぼないと言って良いでしょう。理由としては、案件のほとんどが生命保険、損害保険、銀行、証券といった金融業界であり、情報漏洩や個人情報紛失に厳しいためです。また、汎用機やオフコンといった持ち出せない機械で動かしているため、物理的に在宅で業務を行うことができないケースもあります。
在宅案件に参画したいフリーエンジニアの方は、COBOLとは別に、在宅案件の多い言語をマスターし、その言語で在宅案件を探すと良いでしょう。
言語選びのポイントとしては、エンジニアへのニーズが高く、柔軟な働き方への理解が得やすい「Web系のスタートアップ企業やベンチャー企業」でよく使われている言語を選ぶことです。具体的には、Python、Java、Objective-C、HTML、CSSなどの言語が挙げられます。人数の少ないスタートアップ企業やベンチャー企業では、フルスタックエンジニアが求められるため、フロントエンド・サーバーサイド両方の実務経験があると、より在宅案件に参画しやすくなるでしょう。

【COBOL求人・案件の必要なスキルについて】
レバテックフリーランスで紹介している多くのCOBOL求人・案件では、求めるスキルとして以下を挙げています。
・COBOL開発の実務経験
・COBOLメインフレームの知見
つまり、フリーランス向けのCOBOL案件は、実務経験を積んだ習熟度の高いフリーエンジニアを対象としている傾向が強いということです。
また、多くの場合、COBOLはクライアントのコアシステム部分で稼働しており、ちょっとしたミスでも業務に大きな影響を及ぼす恐れがあるため、「正確性」が重視される傾向があります。それと同時に、COBOLエンジニアにはチームメンバー同士でしっかりと意思疎通を図るための「コミュニケーション能力」や「協調性」も欠かせません。

【COBOL求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
COBOLは、他の言語に比べて習得難易度は低めとなっています。それは、COBOLのソースが英語に近い記述コードでプログラミングでき、比較的読みやすい言語となっているためです。たとえば、「LOW-VALUE(最小値)」「HIGH-VALUE(最高値)」といった、英語表現の文字列や構文が採用されており、数字やアルゴリズムの知識が十分でなくても、構文上の約束および英語による記述を覚えてしまえば、COBOLのプログラミングは可能になります。
COBOLの勉強方法としては、COBOLについて解説しているWebサイトや、COBOL入門書などの書籍を使って独学で学ぶ方法があります。「独学は不安なのでプログラミングスクールで学びたい」という方もいるかもしれませんが、現在COBOLを学びたい人が少ないことから、スクールを探すのは難しい状況にあるようです。ただ、COBOLエンジニアの不足を危惧する声も少なくないため、今後COBOLを扱う企業によるセミナーや勉強会などが増えてくる可能性も考えられます。COBOLを習得し、COBOL案件に参画したいと思っている人は、COBOLを学べる場についての情報をこまめにチェックしておくと良いかもしれません。

【COBOL求人・案件の資格について】
過去には、COBOL案件に関する資格として、株式会社サーティファイが実施する「COBOLプログラミング能力認定試験」がありましたが、現在は廃止されています。加えて、IT技術者向けの試験である「基本情報技術者試験」には、COBOLが出題内容に含まれていましたが、2020年4月の試験からは外され、代わりにPythonが採用されることが決定しています。そのため、COBOLのスキルを客観的に証明するには、現場で実務経験を積むことが重要になってくるでしょう。

【COBOL求人・案件の未経験での参画について】
フリーエンジニアを対象としたCOBOL案件は即戦力を求めているケースが多いため、参画できる案件は少ない傾向にあります。仮に他の言語が扱えたとしても、COBOLと仕様が近い言語はあまり無いため、アピールになりづらいかもしれません。
ただし、近年ではCOBOLからJavaへのシステム移行を行う企業も出てきているため、案件によっては、Javaの開発経験があれば参画できる可能性があります。ちなみに、COBOL案件は、品質を高く保つことが重視されるため、契約期間は長期になることが多い傾向です。

【COBOL求人・案件の将来性について】
市場動向・ニーズの項目で述べたとおり、COBOLで開発された基幹システムを他の言語に置き換えることは大変なコストや労力がかかり、お金を扱うシステムの場合リスクも大きくなります。そのため、COBOL求人・案件は、COBOLを使った新規開発こそ無いものの、改修や追加開発、障害対応といった保守案件は継続して生まれてくると考えられます。
また、一部では予算を確保し、現在COBOLで動いているシステムをJavaに移行するという動きもありますが、COBOLで動くすべてのシステムがJavaに移行されるとは考えにくいです。しかも、こうしたリプレース案件も、元の言語であるCOBOLを習得していなければ行えないため、COBOL案件をこなせるエンジニアは重宝される可能性があります。
今後は、COBOLエンジニアの高齢化・引退がますます問題になっていき、COBOLを扱える人材はより希少価値が高くなっていくでしょう。求人に対して人材が不足すれば、単価相場アップも期待できます。COBOL一本でやっていくというのは難しいかもしれませんが、「長く使える言語を習得したい」と考えているフリーエンジニアの方にとって、COBOLは学ぶ価値のある言語と言えるのではないでしょうか。

COBOLのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているCOBOLのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
COBOLの仕事とは 

他の求人・案件から探す
【COBOL】銀行向けシステム開発案件 COBOLマイグレーション案件 

おすすめのキーワードから探す
COBOL エンジニアの求人・案件 COBOL プログラマの求人・案件 COBOL 関西の求人・案件 COBOL 技術者の求人・案件 COBOL 大阪の求人・案件 汎用機 COBOLの求人・案件

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.