エンジニアをお探しの企業様へ

  • すぐ戦力になる開発経験が豊富なエンジニアが最短一週間で参画可能!

詳しくはこちら

  • 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

Rubyの案件をご覧の方へ

Rubyは、1995年にまつもとゆきひろ氏によって開発されたオブジェクト指向スクリプト言語です。クラス定義やガベージコレクション、マルチスレッドなどの機能がある他、C言語プログラムやライブラリなどを呼び出すための拡張モジュールを組み込むなど、グルー言語としての使用にも対応しています。Rubyはその生産性の高さから、スマートフォンを対象としたソーシャルゲームやアプリケーションの開発をはじめ、Webシステムの開発やクラウドサービスの開発などに用いられています。
Rubyは、手軽に本格的なプログラミングが楽しめるように開発されたスクリプト言語で、SmalltalkやC++などのオブジェクト指向プログラミングの支援を目的として開発された背景などがあります。構文は可視性を重視している他、データ型は文字列や整数なども含め全てオブジェクトであるため、Rubyは完全なオブジェクト指向言語であるとされています。また、C言語のように手続き型言語として使用したり、関数型プログラミング言語として使用することも可能な言語です。
Rubyは、コンパイルせずにソースコードを実行することができるインタプリタ型言語としての顔も持ち合わせています。その移植性の高さから、Unix系OSをはじめ様々なOSで動作することができます。
Rubyでの開発に利用されるフレームワークは、Ruby on RailsやSinatra、Merb、Wavesなどがあります。中でもRailsはRubyで書かれたフレームワークの代表格であり、多くのRubyエンジニア向けの求人・案件において開発環境の一つに挙げられています。
RubyはJavaなどの言語と比べると、運用の際にサーバリソースの消費量が大きいという点があります。このようなRubyの特性をうまく活用できるかどうかが、フリーエンジニアとして活躍するための鍵となるでしょう。

【Ruby求人・案件の単価相場について】
Ruby案件の単価相場は、月に140~180時間作業することを想定した場合、大体50万~85万程度です。
それでは実務経験年数ごとにRuby案件の相場単価を見てみましょう。
・Ruby経験1年未満:50万前後(年収600万)
・Ruby経験1~2年:60万前後(年収720万)
・Ruby経験2~3年:70万前後(年収840万)
・Ruby経験3~5年:80万前後(年収960万)
・Ruby経験5年以上:85万前後(年収1020万)
※レバテックフリーランスの単価相場算出ツール調べ(https://freelance.levtech.jp/service/assess/):2019年11月時点

経験年数およびスキル、参画する案件などによって単価は異なってくるため、一概には言えませんが、Ruby案件は他の言語の案件に比べて高単価・高収入の求人・案件が比較的多い傾向にあります。たとえば、Javaの月単価相場は37万~80万程度、PHPは43万~75万程度なので、年収にして60万~120万程度差が出てきます。
Ruby経験5年以上もしくは、それに相当するスキルを有しているフリーエンジニアであれば、月85万円前後の収入が見込め、年収1000万円以上稼ぐことも可能な計算になります。効率よく稼ぎたいというフリーエンジニアの方にとって、Rubyは押さえておくべき言語の一つと言えるのではないでしょうか。

【Ruby求人・案件の市場動向・ニーズについて】
他の言語に比べ、Rubyを扱えるエンジニアは比較的少ない傾向にあります。しかしその一方で、Rubyを使った開発を行う企業は常に一定数存在するため、Rubyを使えるエンジニアは需要が高く、重宝されています。Ruby求人・案件の単価相場が他の言語に比べて高めになっているのも、こういった理由からでしょう。
Rubyは、Ruby on Railsを使った短期間での開発が可能であるため、スタートアップ企業やベンチャー企業といった、スピーディーな開発が求められる現場で、積極的に使われている傾向があります。これらの企業はスキルアップを目指しやすい環境なのが特徴です。

【Rubyの在宅案件について】
フリーエンジニアが参画できるRubyの在宅案件は存在しますが、全体で見ると少ない傾向にあります。その理由として考えられるのは、Rubyを用いた案件はWebアプリの開発が圧倒的に多く、その開発プロセスがアジャイル型であることでしょう。
では、在宅案件はどのような内容になるかというと、多くがRuby on Railsを使用した開発案件のデバック業務になります。デバック業務は作業が長時間になりやすいため、好みが分かれますが、これが嫌でなければ、在宅案件は向いていると言えるでしょう。
ただし、案件によっては修正量に応じた報酬になる場合があるため、Ruby on Railsに精通している人か、作業スピードに自信のある人でないと、思うような収入が得られない可能性があります。
開発案件を在宅で行えるケースもありますが、それは自社開発であることが前提となります。なぜなら、客先常駐型の案件の場合、セキュリティや契約の観点から在宅作業は認められないことが多いためです。また、自社開発案件であっても、一定以上の信頼関係を構築していないと在宅作業の許可をもらうのは難しいでしょう。

【Ruby求人・案件の必要なスキルについて】
レバテックフリーランスが保有するRuby求人・案件の募集要項を見てみると、多くのRuby求人・案件では、以下を最低限必要なスキルとして挙げているようです。
・エンジニアとしての開発経験
・Rubyの実務経験
・フレームワークRuby on Railsでの開発経験

まず、エンジニアとしての開発経験ですが、これはサーバやネットワークなどの仕組みを理解し、基礎知識を備えていることが求められるためと考えられます。案件によっては開発だけでなく、要件定義から開発、改修、運用の全行程を職務内容としている場合もあります。また、当然ですがRubyを使いこなすためのスキルも要求されるため、実務経験も問われます。さらに、Web系のRuby 案件と言えば、Ruby on Railsを使用環境に挙げている案件が7~8割になるため、Ruby on Railsでの開発経験も必須となっていることが多い傾向にあります。

【Ruby求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
Rubyは、他の言語に比べて習得が比較的容易であると言われています。それは、Rubyが「書いていて楽しい」をコンセプトとして作られた言語であり、読みやすく書きやすい構文の構造をしているためです。また、国産の言語であるRubyは、日本語で書かれたドキュメント類が充実しており、英語が苦手な人でも学習しやすいというメリットがあります。これらの理由から、プログラミング入門におすすめの言語として紹介されることもしばしばあるようです。
Rubyの勉強方法については、独学ならプログラミング学習サービスや動画教材、書籍などを利用する方法があります。もし独学で学ぶのに不安がある場合は、プログラミングスクールに入学するのも一つの手でしょう。
一通り学習を終えたら、既存のサービスを真似たクローンアプリを実際に作るなど、吸収した知識をアウトプットしてみると、自分の実力を確かめることができます。その後は技術書などでより高度な知識を補完したり、Ruby on RailsをはじめとしたRubyのフレームワークを扱えるように勉強しておくと、フリーエンジニアとしてRuby案件に参画できるくらいの知識が身につくでしょう。

【Ruby求人・案件の資格について】
Rubyに関する資格としては、非営利団体Ruby Associationによって運営されている「Ruby技術者認定試験」があります。この資格は、Rubyベースのシステムに携わるエンジニアや、Rubyを使ったシステムの提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師、Rubyを学ぶ学生など、Rubyを扱う全ての人を対象とした認定試験制度です。認定されれば、Rubyによるシステム開発能力が、高水準であることが証明できます。
レベルは、シルバーとゴールドの2つのグレードがあります。シルバーは、Rubyの文法知識やクラス、オブジェクト、標準ライブラリの知識など、基本的な技術レベルを認定するものです。ゴールドは、シルバーで求められる範囲を更に掘り下げた内容に加えて、標準添付ライブラリの知識や、アプリケーション設計に必要なクラス、オブジェクトに関する知識が追加されており、Rubyによるプログラム設計技術があることを認定します。

【Ruby求人・案件の未経験での参画について】
Ruby案件に未経験で参画するとしたら、以下の方法が挙げられます。
・求人サイトで案件を探す
・クラウドソーシングで案件を探す
・エージェントを利用する

Rubyに限らず、ITエンジニアは慢性的に人手不足のため、未経験可の案件も少なからず存在します。これまで学習してきたことをしっかりとアピールすれば、実務経験なしでも参画できる可能性があると考えられます。また、案件によってはRuby以外の複数の言語を使って開発を行っている場合もあるため、他の言語の開発経験があれば、より案件に参画しやすくなるかもしれません。

【Ruby求人・案件の将来性について】
Ruby案件の将来性については、心配される声も多く聞かれます。ですが、Rubyは生産性が高くスピード感のある開発ができるという特徴から、現在でもサービス思考型の開発案件に多く使われています。Rubyは、一時のピークは過ぎたものの、一定の地位を築いた言語として、まだまだ需要が大きいと言えるでしょう。
未経験者が今からRubyをマスターしても、この先使い続けられる可能性はあります。上述のように、習得は他の言語より比較的容易であり、スキルが十分あれば、高単価の求人・案件を探しやすくなるので、学ぶ価値は十分あると考えられます。ただし、今後Ruby案件の数が爆発的に増えていくということは考えにくいため、フリーエンジニアとして継続して案件を獲得していくなら、他の言語も併せて習得しておくことをおすすめします。

Rubyのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているRubyのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
Rubyエンジニアの仕事内容 

関連する求人・案件
Railsの求人・案件 Ruby Railsの求人・案件 Rubyの求人・案件特集 

おすすめのキーワードから探す
Ruby ゲーム開発の求人・案件 Ruby 関西の求人・案件 Ruby 渋谷の求人・案件 Ruby 新宿の求人・案件 Ruby 大阪の求人・案件

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.