オンラインカウンセリング実施中

  • 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

職種を選択

  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

都道府県を選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

案件をお探し中の方へ

レバテックフリーランスなら

最短1週間で参画可能

業界最短クラスの15日支払い

無料登録して
案件を提案してもらう

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

Javaの案件をご覧の方へ

Javaは、Sun Microsystems社(後にOracleにより吸収合併)が開発したプログラミング言語です。Javaの魅力は、OSやCPUなどの動作環境に依存しない点です。JavaはWindows、Linux、Macなどに対応し、ネットワークサーバやWebサイト、スマホアプリなどさまざまな開発に使われています。その他、Javaはオブジェクト指向の言語であるため、システムの再利用や分業をしやすい点もメリットです。
さらに、使わなくなったメモリを自動的に回収するガーベッジコレクションがJavaには備わっており、メモリ解放に関しても配慮がなされています。また、Javaでは複数のスレッド(マルチスレッド)を使えるので、並行プログラミングも可能です。Javaの求人・案件においては、大規模開発が多い傾向があります。大企業のシステム開発に携わりたい場合、Javaは習得すべき言語といえるでしょう。フリーランス(個人事業主)のJava案件においては、Javaでの開発経験を問うものが多く、フリーエンジニアとして活躍の幅を広げるにはスキル・実績が鍵といえます。

【Java求人・案件の単価相場について】
Java案件のひと月あたりの単価相場は、月140時間~180時間の作業を想定した場合、大体37万~80万円です。
Java案件のひと月あたりの単価と年収の目安を、実務経験の年数ごとに見てみましょう。
・Java経験1年未満:37万~40万円 (年収444万~480万円)
・Java経験1年~2年:46万~55万円(年収552万~660万円)
・Java経験2年~3年:56万~65万円 (年収672万~780万円)
・Java経験3年~5年:65万~75万円(年収780万~900万円)
・Java経験5年以上:73万~80万円 (年収876万~960万円)
※レバテックフリーランスの単価相場算出ツール調べ(https://freelance.levtech.jp/service/assess/):2019年11月時点

単価・年収は経験年数やスキル、実績などによって異なりますが、Java案件では経験5年以上になると年収900万円台を目指せる可能性があります。なお、Java案件ではWeb系、業務系、Androidアプリなど開発内容によっても単価・年収に差があり、レバテックフリーランスの単価相場算出ツールでは業務系、Web系、Androidアプリの順に単価が高くなっています。Java案件で開発内容によって単価・年収に差が出るのは、業務系やWeb系の案件は対応できるフリーエンジニアが比較的多いのに対し、Androidアプリ開発を行えるエンジニアは少ない傾向にあるからだと考えられます。
レバテックフリーランスの単価相場算出ツールで他の言語のひと月あたりの単価を見ると、例えばPHP案件は43万~75万円、JavaScript案件は48万~78万円が目安です。Java案件の場合、経験年数が少ないうちはPHP案件やJavaScript案件よりも単価が低くなる可能性がありますが、経験年数が増えれば、開発内容によってはPHP案件やJavaScript案件などと同等あるいはそれ以上の単価を期待できると考えられます。

【Java求人・案件の市場動向・ニーズについて】
「大規模開発に向いている」「スマホアプリ市場でのニーズがある」というJavaの特徴から、Javaエンジニアのニーズは今後も高いと予測できます。

・大規模開発に向いている
Javaは金融系の管理システムや製造業の生産管理システムといった大規模案件に適した言語であり、新規開発だけでなく保守開発においても需要があります。Javaの代わりとなる言語が生まれない限り、Javaで開発した大規模案件ではJavaが使われ続けると考えられます。

・スマホアプリ市場でのニーズがある
スマホアプリ市場は拡大を続けており、特にAndroidアプリ開発においてJavaエンジニアのニーズが高くなっています。Androidアプリのニーズは今後も高いと予測できるため、Javaエンジニアの需要も続くと考えられます。

【Javaの在宅案件について】
Javaの在宅案件は少ないと考えられます。Webサイト開発やAndroidアプリ開発のJava案件はアジャイルで進める傾向があり、クライアントやディレクター、デザイナーなどとのこまめなコミュニケーションが必須となるからです。
ただし、Javaの案件であっても、自社開発の小規模案件であれば在宅で作業できる可能性があります。開発メンバーが少人数であれば、ディレクターはメンバーの個々の進捗状況を把握しやすいからです。客先常駐のJava案件ではセキュリティ面やコミュニケーションの事情から在宅での作業が難しい傾向がありますが、自社開発の案件であれば融通が利くことがあるようです。

【Java求人・案件の必要なスキルについて】
Javaの求人・案件で求められるスキルとして、下記の例が挙げられます。

・業界の知識
・上流工程の経験
・Webシステム開発やアジャイル開発の経験

例えば業務系システムの求人・案件では、証券や保険などの専門知識が必要になります。Javaのようなプログラミング言語の知識・スキルだけでなく業界知識も身につけておくと、即戦力として活躍できることをアピールできるでしょう。
その他、プロジェクトチームのリーダー経験や要件定義の経験があるフリーエンジニアは、リーダー候補のJava案件で重宝されます。コミュニケーションスキル・統率力があればプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといったマネジメント系職種へのキャリアアップが見込めるため、チャンスがあれば積極的に経験を積みましょう。
加えて、主に業務系システムの案件に携わってきたフリーエンジニアなら、Webシステム開発やアジャイル開発の経験もあると、業務の幅を広げられて求人・案件の選択肢を増やせると考えられます。
Javaの求人・案件で求められるスキルは企業や業務内容によって異なるため、申し込みを検討する際は、必ず申し込み条件や求める人物像などを確認してみましょう。

【Java求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
プログラミング初心者の場合、Javaの習得難易度は比較的高いとされています。Javaを習得するには、オブジェクト指向の考え方を理解する必要があるからです。
初心者がJavaを独学する場合、書籍やWebサイト、スクールを活用する方法があります。挫折するのを防ぐために、Javaの入門編の書籍を選び、基礎を身につけてから応用を学ぶと良いかもしれません。また、Webサイトの場合、実際に書きながら進められるもの、動画形式、テキスト形式など多数種類があり、自分にあった勉強法が選べるため、参考にすると良いでしょう。
Javaの独学に不安がある場合、プログラミングスクールを活用するのも一つの方法。独学に比べると費用がかかりますが、スクールによっては現役エンジニアに質問できるサービスがあるため、疑問をすぐに解決できてモチベーションを保てるのがメリットです。スクールは学校に通うタイプもあればオンラインで学べるものもあるため、自分の状況に合わせて選んでください。
プログラミング経験者の場合、書籍やWebサイトなどを活用してJavaの構文を学び、要素を理解したら実際に手を動かしてみましょう。実際にプログラムを作成すれば、Javaの理解できていない部分を明らかにできると考えられます。Javaに関してわからないことが多くつまずきそうな場合は、エンジニア向けの勉強会・セミナーに参加してみましょう。勉強会やセミナーではエンジニア同士で交流でき、疑問を解決したり最新情報を得たりするのに有効です。開催情報はWebサイトで確認できるので、こまめにチェックして自分のニーズに合うものに参加して見ると良いかもしれません。

【Java求人・案件の資格について】
Java求人・案件に活かせる資格の例は、Oracle社の「Oracle認定Javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer:OCJP)」です(2019年11月現在)。OCJPには、習熟度に応じて「OCJP Bronze」「OCJP Silver」「OCJP Gold 」の3種類の資格があります。
「OCJP Bronze」はプログラミング未経験者向けで、オブジェクト指向のプログラミングの基本的な知識・スキルがあることを証明する資格です。「OCJP Silver」は開発初心者向けで、上級者の指示を受けながらコードを書けるレベルを指します。プログラミングスキルだけでなく、プロジェクトで発生した問題の解決能力も測る資格です。「OCJP Gold」は、設計者の意図を理解して自分で実装できるスキルがあることを証明します。SilverとGoldは国際資格で、Bronzeは国内のみ有効な資格となっています。
「Oracle認定Javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer:OCJP)」は2015年5月下旬より「Java SE 8」に対応した認定資格試験が開始されましたが、現在は2019年6月下旬に新しく開始された「Java SE 11」に対応した認定資格試験が最新の認定資格とされています(2019年11月現在)。
エンジニアの現場では実務経験が重視される傾向がありますが、資格を取得しておけば転職・独立時のアピール材料の一つとして活用できると考えられます。

【Java求人・案件の未経験での参画について】
未経験の場合、参画できるJava案件は少ないと考えられます。フリーエンジニア向けの案件の場合、企業側は即戦力となることを期待しており、経験やスキルを重視するからです。そのため、未経験からJava案件への参画を考えている方は、まずは派遣社員や正社員などのJava求人にエントリーし、ある程度経験を積んでからフリーランスを目指すのが良いかもしれません。派遣社員や正社員のJava求人を探す際は、求人サイトや就職エージェントの活用が良いと考えられます。
フリーエンジニアとしてJava案件への参画を目指すにあたって、他のプログラミング言語の知識も身につけておくと、業務の幅を広げられて案件の選択肢を増やせる可能性があります。例えば、レバテックフリーランスの求人・案件ではJavaScriptやC#、PHPなどのスキルを求められる求人・案件が見受けられます。知識が多ければJava案件参画時のアピール材料にもなるため、日頃から勉強時間を確保してスキルアップを図りましょう。

【Java求人・案件の将来性について】
Java求人・案件の将来性は、今後も高いと予測されます。先述のとおり、Javaは大規模開発で使われる傾向があり、新規開発だけでなくリリース後の改修があることを考慮すると、急に需要が減る可能性は低いと考えられるためです。
その他、Androidアプリ開発の案件でJavaエンジニアのニーズが高まっていますが、人手不足に悩む企業もあることから、スキル・実績のある人はチャンスといえます。ただし、単にJavaの知識があればよいというわけではなく、+αのスキルを身につけておくことがJava案件参画の幅を広げるポイントとなるでしょう。例えば、レバテックフリーランスの案件の中には「JavaのプロダクトをKotlinやScalaへ移行してほしい」という依頼があるため、KotlinやScalaを習得していれば案件の選択肢を増やせると考えられます。

Javaのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているJavaのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
フリーランス向けJava案件の動向・需要解説 

関連する求人・案件
Java Linuxの求人・案件 Java サーバーエンジニアの求人・案件 Java プログラマー(PG)の求人・案件 

おすすめのキーワードから探す
Android Java 開発の求人・案件 Java 画面開発の求人・案件 Java 開発の求人・案件 Java 高額の求人・案件 Java 大阪の求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.