• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

その他の求人・案件を探すOTHER

PHPの案件をご覧の方へ

PHPは1995年頃に誕生したサーバーサイドのスクリプト言語で、正式名称は「PHP: Hypertext Preprocessor」といいます。PHPの魅力はオブジェクト指向であり、UNIX/Windows環境をサポートしていることです。
JavaScriptのようなクライアントサイドのスクリプト言語とは異なり、サーバーサイドでの実行結果をクライアントサイドに送る役割を持つのがPHPの特色。Web開発案件と相性が良く、CakePHP/CodeIgniter/Zend Framework/Symfony/Laravelなど、PHPフレームワークも豊富です。MySQLをはじめとしたデータベースとの親和性が高かったり、ライブラリが充実していたりといった点も注目されます。一度PHPを習得すれば、ECサイトやSNSといったWebサービスをスピード感をもって開発できるようになるため、エンジニアに人気を集める言語の一つとなっています。
PHP関連の求人・案件の発注元は、小規模の会社から大企業まで様々です。ベンチャー企業や中堅企業など、開発スピードを求められる環境で多用されます。スタートアップ企業は自社開発案件に注力しており、新しい技術を積極的に取り入れる傾向があるのが特徴です。
近年、PHPはソーシャルゲーム業界でも盛んに用いられるようになりました。ゲーム開発を志す方にとっても、今後PHPの求人・案件は注目対象となりそうです。その他、広告や動画配信系の開発、Webサイトの開発にもPHPは活用されます。例えば、ブログなどのWebサイトを作成できるWordPressでもPHPは使用されており、PHPの人気が続く理由の一つでもあります。作業環境には、主にLAMPを使用しています。フレームワークはCakePHPが主流ですが、Laravel/FuelPHP/CodeIgniterも需要があります。
PHPの求人・案件は、業界を問わずエンド直案件が多いという特色もあり、オープンシステムやゲーム、ポータルサイト、ECサイトなどの開発・運営・保守を行うPHP求人・案件がよく見られます。それ以外には、長期案件、業務系システムのPHP求人・案件もあるとされています。PHPの求人・案件は自社サービス開発がメインとなるため、作業時間は比較的融通が利くと考えられます。ただし、顧客が存在する案件は納期が厳しくなりがちで、スケジュールが過密になることもしばしば見受けられます。

【PHP求人・案件の単価相場について】
月に140時間~180時間作業することを想定すると、PHP案件の単価相場はおおよそ40万~75万程となります。以下は、PHP案件の実務経験年数に応じた単価相場です。
・PHP経験1年未満:43万円前後 (年収516万円)
・PHP経験1年~2年:52万円前後 (年収624万円)
・PHP経験2年~3年:61万円前後 (年収732万円)
・PHP経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・PHP経験5年以上:75万円前後 (年収900万円)
※レバテックフリーランスの単価相場算出ツール調べ(https://freelance.levtech.jp/service/assess/):2019年11月時点

レバテックフリーランスの単価相場算出ツールでの調査結果から、 PHP求人・案件の単価相場は、Ruby/Swift/JavaScriptといった言語と比較するとやや低い傾向が見られました。しかし、これはあくまでも目安であり、報酬額は求人・案件の内容や個々のスキルによって高くも低くもなる可能性があります。
また、PHPの求人・案件数は比較的多い傾向にあるため、自分のスキルによって参画できる案件の幅が広がります。もちろん、中には上流工程を担当する案件であったり、要件定義から運用等までの作業を一貫して行うような高度な案件もあり、高単価が望める可能性もあります。フリーランス・フリーエンジニアになったばかりの方はPHPの求人・案件から参画してみるのも良いかもしれません。

【PHP求人・案件の市場動向・ニーズについて】
習得が容易な言語でありながらPHPの市場需要は好調であるとされており、求人・案件が豊富に出されています。国内にはPHPスキルを有するエンジニアが約20万人いるとされ、求人・案件数のさらなる増加も見込まれます。その分、勤務環境や条件など、フリーエンジニア自身のライフスタイルに合わせて求人・案件を選べるのがメリットと言えます。
一部には、WebアプリやAIへの導入が進むPythonがPHPのシェアを奪ってしまうのではないかという意見もあります。この点に関しては、PHPニーズが「すぐに」失われるわけではないことに着目しましょう。これまでにPHPで開発されたシステムの保守作業・追加開発の案件には、引き続きPHPが用いられる可能性が高いからです。PHPは開発実績が多数ある言語であるため、案件発注側が安心して取り入れられるという利点もあります。
ただし、PHPおよび同言語の求人・案件の欠点を把握しておくことも大切です。例えば、PHPはセキュリティに対して脆弱であることが指摘されています。ソースコードが不完全な状態であっても動作するので、セキュリティ上の欠陥が発見されないままリリースされてしまうこともあり得るのです。セキュリティ対策のためにも、PHPの最新バージョンのアップデートを欠かさないようにしましょう。求人・案件については、PHPスキル単体では参画が難しいという事情が懸念されます。PHPの他に後述するスキルを身につけることで、参画できる案件の幅が広がるかもしれません。

【PHPの在宅案件について】
PHPの在宅案件は、少ない傾向にあります。理由として、PHPの開発案件は、メンバー同士のコミュニケーションを重視するアジャイル手法が採用されることが多く、ある程度の仕様が決まっていたとしても、作業工程の中で徐々に仕様を固めていくケースが比較的多いとされているためです。数十人が開発に関わってくるような大規模な案件となると、少数精鋭のプロジェクトと比べて自宅で働くのはより難しくなると考えられます。
在宅にこだわるとすれば、客先に常駐するタイプではなく、自社開発を行う会社が発注する求人・案件を狙うのが得策といえます。客先常駐型の案件には、セキュリティの関係で外部作業を不可能とするケースが多々見受けられるのが理由です。その点、自社開発であれば、働き方の面でフレキシブルに対応してもらえる可能性が高まります。在宅案件で発注される作業例には、データの更新・抽出が挙げられるでしょう。

【PHP求人・案件の必要なスキルについて】
PHP求人・案件に参画する際は、以下のスキルを持っているのが望ましいと考えられます。
・プログラミングスキルを学び続ける姿勢
求人・案件においてPHPのフリーエンジニアとして活躍し続けるには、一度マスターした言語の知識と技能を常にアップデートしていく姿勢が大切になります。PHPは習得しやすい言語ではあるものの、その分自由度が高く、エンジニア間のスキル差が顕著に出やすいためです。

・フロントエンド開発の知識
Webサービス開発を行う場合、Webページの基本構造を作るHTML、装飾を施すCSS、動きをつけるJavaScriptといった言語の知識も役立ちます。PHPはバックエンド処理を行う言語ではありますが、求人・案件によってはフロントエンドの知見も併せて要求されるケースがあるためです。

・コミュニケーション力
在宅ではない求人・案件への参画時には、技術以外にコミュニケーション力も重要なスキルとなります。クライアントの要望を正しく理解するには相手に適切な質問を投げかける必要がありますし、開発中に問題が発生すれば誰にでもわかりやすい言葉を使って説明する力が求められる事も考えられます。

・マネジメント力
求人・案件参画中は、作業の進捗や時間を管理してくれる人が周りにいるとは限りません。担当する作業にどれくらいの工数がかかるかを正確に算出し、納期に間に合うよう自らスケジュールを管理することが大切です。求人・案件によっては、コスト・品質面での自主的なマネジメントも求められるでしょう。

【PHP求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
PHPの魅力は、プログラミング経験が少ない方でもスキルを身につけやすいことです。PHPはプログラミング言語の中では比較的難易度が低く、独学も可能とされます。日本語で読めるドキュメントが充実していることも、学習ハードルが低い言語といわれる要因となっています。PHP関連書籍は、分かりやすさを重視したイラスト入りの入門書から、上位レベルを目指すことを想定したテキストまであります。Web上には専門のサイトやサンプルコードも公開されているので、知識を吸収するのに適した環境が整っているのもポイントです。さらに、PHP開発者はPHPer(ペチパー)と呼ばれ、セミナーや交流会もたびたび開催されているようです。こうした勉強会にはまったくの初心者が参加することも珍しくなく、肩の力を抜いてPHP技術を学ぶことができます。
学習にあたり心がけたいのは、実際にPHPを使ってプログラムを書くことです。本やサイトで勉強しつつ、簡単なWebアプリを自分で作ってみることで実践力が身につきます。その日覚えたことをブログにまとめたり、GitHubにコードをアップして他のユーザーからフィードバックを受け取ったりするのも、良い刺激となるでしょう。

【PHP求人・案件の資格について】
プログラミング初心者が身につけやすい言語であるにも関わらず、充分なPHPスキルを持つフリーエンジニアはまだ少ないのが現状です。PHPの代表的な資格といえば、PHP技術者認定試験です。初級試験・上級試験・ウィザードの順に難易度が上がり、上級試験の合格者率は10%程といわれています。ウィザードクラスになると試験は論文形式となり、合格率はさらに低下します。しかし、日々意欲的にウィザード合格を目指して勉強・開発を続けることで、着実にスキルアップしていくことができます。実務経験がある事の方が比較的重視されやすい傾向がありますが、体系的な知識の獲得や客観的に示せるスキル指標の一つとして取得すると良いかもしれません。

【PHP求人・案件の未経験での参画について】
ある程度のスキルを要するPHP求人・案件ですが、未経験で参画できるケースもあります。例えば、PHPが未経験でも他言語での開発に従事したことがあるフリーエンジニアであれば、比較的受注しやすくなると考えられます。特に、Perl/Python/Rubyといったスクリプト言語のスキルを持つ方は、PHP経験者とほぼ同等の単価で参画できる求人・案件もあるとされています。

【PHP求人・案件の将来性について】
PHP求人・案件参画による将来性としては、他言語への応用のしやすさ・新しい技術との距離の近さが挙げられます。スクリプト言語であるPHPは他のスクリプト言語であるPerl/Python/Rubyなどと共通点があるため、PHPを扱えるフリーエンジニアはこうした言語で開発をする求人・案件において技能上の応用が利くとされています。また、新規のPHPフレームワークがよく開発されることから、先端技術に触れられる機会も多いと考えられます。フリーランス・フリーエンジニアの方はPHPを習得することで、求人・案件の参画幅を拡大するとともに、技術のキャッチアップも可能となるでしょう。

PHPのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているPHPのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

他の求人・案件から探す
【PHP】サンプルECサイト開発案件

おすすめのキーワードから探す
PHP Mojaviの求人・案件 PHP Yiiの求人・案件 PHP オンラインゲームの求人・案件 PHP 英語の求人・案件 PHP 関西の求人・案件 PHP 京都の求人・案件 PHP 渋谷の求人・案件 PHP 大阪の求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?