• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

都道府県を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

エンジニアをお探しの企業様へ

  • すぐ戦力になる開発経験が豊富なエンジニアが最短一週間で参画可能!

詳しくはこちら

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

インフラエンジニアの案件をご覧の方へ

インフラエンジニアは、ITインフラの設計・構築・運用などを行う職種です。業務内容は求人・案件によって異なりますが、以下の例が挙げられます。
・ネットワークの設計、構築、運用、保守
・サーバーの設計、構築、運用、保守
・情報セキュリティの設計、運用、保守

インフラエンジニアは、トラブル防止を考慮してサーバー・ネットワークを設計する役割があるほか、万が一障害が発生した際は、迅速な原因究明・対処が求められます。復旧に時間がかかったり障害が頻発したりすると損害が大きくなるため、インフラエンジニアはトラブル解決のノウハウを蓄積するとともに、再発防止策を講じることが大切です。
インフラエンジニアは、フロントエンドエンジニアやサーバーエンジニアとして経験を積んでから目指すのが一般的とされています。インフラエンジニアの求人・案件では、サーバーやネットワーク、データベースなどさまざまな知識が求められるからです。インフラエンジニアのキャリアパスとしては、ITコンサルタントやITスペシャリストが挙げられます。

【インフラエンジニア求人・案件の市場動向・ニーズについて】
給与計算や勤怠管理におけるITシステムの活用、オンプレミスからクラウドへの移行などが進んでいることから、インフラエンジニアはニーズが高い状況です。そのため、インフラエンジニアの人材不足に悩む企業があるため、スキル・実績のあるインフラエンジニアは重宝されると考えられます。
そのほか、クラウド基盤のシステム開発・運用が進んでいることから、クラウド環境でインフラの設計・構築・運用を行えるインフラエンジニアは、今後も活躍できるといえるでしょう。

【インフラエンジニア求人・案件の必要なスキルについて】
インフラエンジニアに求められるスキルは求人・案件によって異なりますが、以下の例が挙げられます。
・サーバーの知識、スキル
・ネットワークの知識、スキル
・セキュリティの知識
・ヒアリング力や提案力といったコミュニケーションスキル

インフラエンジニア求人・案件の場合、サーバー関連ではDevOpsや、SQLチューニングなどのスキルが求められます。ネットワーク関連では、スイッチやルーター、ファイアウォール、ロードバランサなどの知識が必要になるでしょう。さらに、サイバー攻撃によるシステム停止や情報漏洩などを防ぐために、インフラエンジニア案件においてもセキュリティ対策の知識・スキルが求められることがあります。情報セキュリティマネジメントの知識のほか、サイバーセキュリティ基本法や個人情報保護法といったセキュリティ関連の法律の知識を身につけておくと、インフラエンジニア求人・案件の選択肢を増やせるかもしれません。

【インフラエンジニア求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
インフラエンジニア求人・案件の場合、プログラマーやシステムエンジニアといったほかの職種に比べると、プログラミング言語の知識は求められない傾向があります。インフラエンジニアは、主にインフラの設計・構築・運用や障害発生時の対応などを行うからです。
ただし、求人・案件によっては、インフラエンジニアもPythonやPHP、Perlといったプログラミング言語の知識が求められることがあります。事前にプログラミング言語の知識を身につけておくと、インフラエンジニア求人・案件の選択肢を増やせる可能性があります。
PythonやPHP、Perlのうち、Pythonは機械学習のプログラミング言語として注目を集めています。インフラ管理の自動化にもPythonが活用されているため、事前に勉強しておくと、インフラエンジニアとして業務の幅を広げられるかもしれません。Pythonはコードがシンプルで読みやすいため、プログラミング初心者も比較的習得しやすいと考えられます。
プログラミング言語の勉強方法ですが、初心者は書籍や学習サイト、スクールを活用する方法があります。書籍の場合、まずは入門編を選び、基礎から学びましょう。「早く実践的なスキルを身につけたいから」といきなり上級編に取り組むと、挫折する恐れがあるからです。学習サイトは動画学習やスライドによる解説などそれぞれ特徴が異なるため、自分に合うものを選びましょう。スクールの場合、学校に通う形式のほか、オンラインで講義を受けられる形式もあります。学校に通えばエンジニア同士で情報交換できますが、自宅で勉強したい方はオンラインスクールを選ぶと良いでしょう。
プログラミング経験者は、書籍や学習サイトを活用して基礎知識を身につけたら、実際にコードを書いて理解度を測りましょう。エラー表示されたとしても、書籍や学習サイトを参照しながら修正を繰り返すことで、知識が身についてスキルアップを図れると考えられます。

【インフラエンジニア求人・案件の資格について】
インフラエンジニア求人・案件の資格の例として、「LinuC」が挙げられます。
LinuCはLPI-Japanが実施する試験で、習熟度に応じて以下の3つのレベルが設けられています。
・LinuCレベル1:Linuxシステムの基本操作・管理を行える
・LinuCレベル2:Linuxのシステムデザインやネットワークの構築などを行える
・LinuCレベル3:LinuxやWindows、Unixが混在したシステムの設計・構築・運用・保守を行える

レベル2、3の試験を受けるには、事前に下位の試験に合格する必要があります。
LPI-Japanの公式サイトによると、初めて受験する場合のレベル別の勉強期間(目安)は以下のとおりです。

・LinuCレベル1:1カ月~3カ月程度
・LinuCレベル2:3カ月~半年程度
・LinuCレベル3:半年~1年程度

LinuCの合格点や合格率は公表されていませんが、レベル3は「エキスパートレベル」とされているほか、半年~1年程度の勉強が必要なため、時間に余裕を持って対策することが大切です。LinuCの対策方法ですが、LPI-Japanの公式サイトにある例題・解説や無料公開されている『Linux標準教科書』(初心者向け)のほか、LPI-Japanの認定教材を活用する方法があります。LPI-JapanはLinuC受験者を対象に無料セミナーを行うこともあるため(事前の参加登録が必要)、興味のある方は開催情報をこまめに確認しましょう。
インフラエンジニアの方がLinuCを取得するメリットですが、「インフラエンジニア求人・案件の申し込み時にアピール材料になる」「Linuxの操作の理解度を測れる」の2つが挙げられます。
インフラエンジニア求人・案件では基本的にLinuxの知識が求められるため、LinuCを取得しておくとスキルの証明として活用できるかもしれません。そのほか、LinuCはレベル別に試験が実施されているため、Linuxを初めて学ぶ方も段階を踏んでチャンレジでき、勉強のモチベーションを保ちやすいのがメリットです。理解度を測るきっかけにもなるので、これからLinuxを勉強する方は、LinuCの受験を検討してみてはいかがでしょうか。

【インフラエンジニア求人・案件の未経験での参画について】
インフラエンジニア未経験の場合、参画できる案件は少ないと考えられます。フリーエンジニア向けのインフラエンジニア案件では、基本的に実務経験が求められるからです。そのため、インフラエンジニア案件への参画を図るなら、まずは正社員として経験を積むのが無難だと考えられます。正社員の場合、中には未経験可のインフラエンジニア求人があります。未経験可のインフラエンジニア求人の場合、企業側は意欲・熱意や向上心などに着目している場合があるため、前述のLinuCをアピール材料にするのも一つの方法です。そのほか、未経験可のインフラエンジニア求人では、「歓迎要件」としてPHPやPythonといったプログラミング言語や、データベース、OSの知識を挙げる場合があります。すべてのスキルを習得する必要はありませんが、いずれかを事前に勉強しておくと、インフラエンジニアとしての選択肢を増やせると考えられます。
フリーランスのインフラエンジニアとして案件を探す際は、案件サイトやフリーエンジニア向けエージェント、人脈を活用する方法があります。フリーエンジニアとして案件を受注する際はスキル・実績のアピールが必要なため、事前に経歴をまとめておくと良いでしょう。

【インフラエンジニア求人・案件の将来性について】
インターネットを活用したサービスが次々と生まれており、今後もサーバーやネットワークを支えるインフラエンジニアの需要は高いと考えられます。AIやクラウド、IoTなどの技術が進展していますが、これらを支えるのもインフラのため、インフラエンジニアの需要が今後急激に減る可能性は低く、将来性のある職種といえます。
インフラエンジニアとして今後も活躍し続けるには、サーバーとネットワークの両方の知識を身につける、セキュリティ対策の経験を積む、といったことが有効かもしれません。より多くの知識・スキルを身につけていれば、インフラエンジニアとして市場価値を高められて年収アップにもつながると考えられます。
そのほか、クラウドサービスではPythonやRubyなどが採用されており、今後はインフラエンジニア求人・案件でも軽量プログラミング言語の知識が求められる可能性があります。そのため、PythonやRubyといったプログラミング言語の知識を身につけておくと、インフラエンジニア求人・案件の選択肢を増やせるかもしれません。
インフラエンジニアに求められるスキルは増えつつあるため、常にアンテナを張って情報をアップデートし、スキルアップを図ることが重要であると考えられます。

インフラエンジニアのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているインフラエンジニアのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
インフラエンジニアの仕事内容 インフラエンジニアの年収 

関連する求人・案件
PHP インフラエンジニアの求人・案件 インフラエンジニア AWSの求人・案件 インフラエンジニア Windows Serverの求人・案件 インフラエンジニアの求人・案件特集 サーバーエンジニアの求人・案件 ネットワークエンジニアの求人・案件 

おすすめのキーワードから探す
IT インフラの求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.